くにさくロゴ
1967/12/21 第57回国会 参議院 参議院会議録情報 第057回国会 大蔵委員会 第3号
姉妹サイト
 
1967/12/21 第57回国会 参議院

参議院会議録情報 第057回国会 大蔵委員会 第3号

#1
第057回国会 大蔵委員会 第3号
昭和四十二年十二月二十一日(木曜日)
   午前十時三十八分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         竹中 恒夫君
    理 事
                青柳 秀夫君
                植木 光教君
                小林  章君
                柴谷  要君
                中尾 辰義君
    委 員
                青木 一男君
                伊藤 五郎君
                大谷 贇雄君
                西郷吉之助君
                田中寿美子君
                戸田 菊雄君
                野上  元君
                野溝  勝君
                瓜生  清君
   政府委員
       大蔵政務次官   二木 謙吾君
       大蔵省主税局長  吉國 二郎君
   事務局側
       常任委員会専門
       委員       坂入長太郎君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○取引所税法の一部を改正する法律案(内閣提出、
 衆議院送付)
○昭和四十二年度公共事業の全国一律繰延べの緩
 和に関する請願(第八一号)
○音楽、舞踊、演劇、映画等の入場税撤廃に関す
 る請願(第二〇〇号)(第二〇一号)(第二〇四号)
 (第二〇五号)(第三三三号)(第九二四号)
○旧軍用爆発物による釧路市立小学校被災児童の
 補償に関する請願(第四一〇号)
○公共事業費等の一律繰延べ緩和措置に関する請
 願(第四二八号)(第五二六号)
○中小零細企業に対する融資制度に関する請願
 (第五九二号)(第五九三号)(第五九四号)(第五
 九五号)(第六四一号)(第六六五号)(第六六六
 号)(第六六七号)(第六六八号)(第六六九号)(第
 六七〇号)(第六七一号)(第六七二号)(第六七三
 号)(第六八九号)(第六九〇号)(第六九一号)(第
 六九二号)(第六九三号)(第六九四号)(第六九五
 号)(第六九六号)(第七二八号)(第七二九号)(第
 七三〇号)(第七三一号)(第七三二号)(第七五三
 号)(第七五四号)(第七五五号)(第七五六号)(第
 七五七号)(第七五八号)(第七五九号)(第七六〇
 号)(第六六一号)(第七六二号)(第七六三号)(第
 七六四号)(第七六五号)(第七六六号)(第七六七
 号)(第七六八号)(第八〇二号)(第八〇三号)(第
 八〇四号)(第八〇五号)(第八〇六号)(第八〇七
 号)(第八〇八号)(第八〇九号)(第八一〇号)(第
 八一一号)(第八一二号)(第八一三号)(第八一四
 号)(第八一五号)(第八一六号)(第八一七号)(第
 八一八号)(第八一九号)(第八二〇号)(第八二一
 号)(第八二二号)(第八二三号)(第八二四号)(第
 八二五号)(第八二六号)(第八二七号)(第八二八
 号)(第八二九号)(第八九八号)(第八九九号)(第
 九〇〇号)(第九〇一号)(第九〇二号)(第九〇三
 号)(第九〇四号)(第九〇五号)(第九〇六号)(第
 九〇七号)(第九〇八号)(第九〇九号)(第九一〇
 号)(第九一一号)(第九一二号)(第九一三号)(第
 九一四号)(第九一五号)(第九一六号)(第九一七
 号)(第九一八号)(第九一九号)(第九二〇号)(第
 九二一号)(第九二二号)(第九二三号)(第九五七
 号)(第一〇二一号)(第一〇二二号)(第一〇二三
 号)(第一〇二四号)(第一〇二五号)(第一〇二六
 号)(第一〇二七号)(第一〇八九号)(第一〇九〇
 号)(第一〇九一号)(第一〇九二号)(第一〇九三
 号)(第一〇九四号)(第一〇九六号)(第一〇九七
 号)
○引揚げ日赤看護婦に特別交付金支給に関する請
 願(第九五一号)
○揮発油税等の増税反対に関する請願(第一〇一
 二号)
○売上税の創設反対に関する請願(第一〇六二号)
○継続審査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(竹中恒夫君) ただいまから大蔵委員会を開きます。
 取引所税法の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を行ないます。御質疑のおありの方は、順次御発言を願います。――別に御発言もなければ、質疑は尽きたものと認めて御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(竹中恒夫君) 御異議ないと認めます。
 それでは、これより討論に入ります。御意見のおありの方は、賛否を明らかにしてお述べを願います。――別に御意見もないようでございますが、討論は終局したものと認めて御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(竹中恒夫君) 御異議ないと認めます。
 それでは、これより採決に入ります。
 取引所税法の一部を改正する法律案を問題に供します。本案に賛成の方の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#5
○委員長(竹中恒夫君) 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、本院規則第七十二条により、議長に提出する報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(竹中恒夫君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#7
○委員長(竹中恒夫君) 次に、第八一号、昭和四十二年度公共事業の全国一律繰延べの緩和に関する請願外百二十五件の請願を一括して議題といたします。
 ちょっと速記をとめてください。
  〔速記中止〕
#8
○委員長(竹中恒夫君) 速記を始めて。
 請願第四二八号外一件、第二〇〇号外五件、第一〇一二号、第一〇六二号、第五九二号外百十二件は、いずれも議院の会議に付するを要するものにして、内閣に送付するを要するものと決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(竹中恒夫君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(竹中恒夫君) 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#11
○委員長(竹中恒夫君) 継続審査要求についておはかりいたします。
 国債整理基金特別会計法の一部を改正する法律案につきましては、閉会中もなお審査を継続することとし、本院規則第五十三条により、本案の継続審査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(竹中恒夫君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(竹中恒夫君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 次回の委員会は十二月二十七日といたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時四十三分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト