くにさくロゴ
1967/12/12 第57回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第057回国会 法務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1967/12/12 第57回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第057回国会 法務委員会 第1号

#1
第057回国会 法務委員会 第1号
本国会召集日(昭和四十二年十二月四日)(月曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次の通
りである。
   委員長 大坪 保雄君
   理事 大竹 太郎君 理事 高橋 英吉君
   理事 中垣 國男君 理事 濱野 清吾君
   理事 加藤 勘十君 理事 横山 利秋君
   理事 岡沢 完治君
      井原 岸高君    瀬戸山三男君
      田中 角榮君    千葉 三郎君
      中尾 栄一君    中村 梅吉君
      馬場 元治君    藤波 孝生君
      村上  勇君    森   清君
      山口シヅエ君    山下 元利君
      山手 滿男君    井岡 大治君
      神近 市子君    西宮  弘君
      松前 重義君    三宅 正一君
      佐々木良作君    沖本 泰幸君
      松本 善明君    松野 幸泰君
―――――――――――――――――――――
昭和四十二年十二月十二日(火曜日)
   午前十時三十四分開議
 出席委員
   委員長 大坪 保雄君
   理事 井原 岸高君 理事 大竹 太郎君
   理事 高橋 英吉君 理事 中垣 國男君
   理事 横山 利秋君 理事 岡沢 完治君
      瀬戸山三男君    田中伊三次君
      中尾 栄一君    藤波 孝生君
      山手 滿男君    神近 市子君
      山田 太郎君    松本 善明君
 委員外の出席者
        専  門  員 高橋 勝好君
    ―――――――――――――
十二月四日
 委員山下元利君辞任につき、その補欠として田
 中伊三次君が議長の指名で委員に選任され
 た。
同月六日
 委員沖本泰幸君辞任につき、その補欠として山
 田太郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月七日
 委員西宮弘君辞任につき、その補欠として高田
 富之君が議長の指名で委員に選任された。
同月十二日
 理事安倍晋太郎君十一月二十八日委員辞任につ
 き、その補欠として井原岸高君が理事に当選し
 た。
    ―――――――――――――
十二月四日
 刑法の一部を改正する法律案(内閣提出、第五
 十五回国会閣法第九四号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
十二月九日
 外国人登録法の一部改正に関する陳情書(七大
 都府県外国人登録事務連絡協議会代表愛知県知
 事桑原幹根)(第一九号)
 外国人登録事務及び協定永住事務委託費全額国
 庫負担に関する陳情書(七大都府県外国人登録
 事務連絡協議会代表愛知県知事桑原幹根)(第
 二〇号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○大坪委員長 これより会議を開きます。
 理事の補欠選任の件についておはかりいたします。
 去る十一月二十八日、理事安倍晋太郎君の委員辞任に伴い、理事が一名欠員となっております。その補欠選任を行ないたいと存じますが、先例により委員長において指名するに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○大坪委員長 御異議なしと認めます。よって、井原岸高君を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#4
○大坪委員長 国政調査承認要求に関する件についておはかりいたします。
 すなわち、裁判所の司法行政、法務行政及び検察行政等の適正を期するため、今会期中において
 一、裁判所の司法行政に関する事項
 二、法務行政及び検察行政に関する事項
 三、国内治安及び人権擁護に関する事項
 以上の各事項につきまして、小委員会の設置、関係各方面よりの説明聴取及び資料の要求等の方法によりまして、国政調査を行なうこととし、規則の定むるところにより、議長の承認を求めることにいたしたいと存じます。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○大坪委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#6
○大坪委員長 次に、国会法第七十二条の規定による最高裁判所の長官またはその指定する代理者の出席説明に関する件についておはかりいたします。
 今国会中におきまして、本委員会の審査または調査に関し、最高裁判所の長官またはその指定する代理者から出席説明の要求がありましたとき、その承認に関する決定につきましては、その取り扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○大坪委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 本日の議事はこの程度にとどめます。
 次回は、来たる十四日午前十時より理事会、午前十時三十分委員会を開会することとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時三十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト