くにさくロゴ
1967/12/04 第57回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第057回国会 交通安全対策特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1967/12/04 第57回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第057回国会 交通安全対策特別委員会 第1号

#1
第057回国会 交通安全対策特別委員会 第1号
本特別委員会は昭和四十二年十二月四日(月曜
日)議院において、交通安全に関する総合対策樹
立のため設置することに決した。
十二月四日
 本特別委員は議長の指名で、次の通り選任され
 た。
      大石 八治君    大久保武雄君
      大竹 太郎君    加藤 六月君
      木部 佳昭君    小峯 柳多君
      河野 洋平君    登坂重次郎君
      中川 俊思君    丹羽 久章君
      濱野 清吾君    広川シズエ君
      古川 丈吉君    古屋  亨君
      堀川 恭平君    井上  泉君
      太田 一夫君    久保 三郎君
      小林 信一君    後藤 俊男君
      只松 祐治君    山田 耻目君
      春日 一幸君    山下 榮二君
      松本 忠助君
―――――――――――――――――――――
昭和四十二年十二月四日(月曜日)
   午後三時五分開議
 出席委員
   委員長 山下 榮二君
   理事 大久保武雄君 理事 大竹 太郎君
   理事 木部 佳昭君 理事 堀川 恭平君
   理事 山田 耻目君
      河野 洋平君    丹羽 久章君
      広川シズエ君    古川 丈吉君
      井上  泉君    後藤 俊男君
      只松 祐治君    松本 忠助君
    ―――――――――――――
十二月四日
 山下榮二君が委員長に当選した。
同日
      大久保武雄君    大竹 太郎君
      木部 佳昭君    登坂重次郎君
      堀川 恭平君    太田 一夫君
      山田 耻目君    春日 一幸君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
     ――――◇―――――
  〔堀川委員、委員長席に着く〕
#2
○堀川委員 これより会議を開きます。
 私が年長者でございますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されますまで、その職務を行ないます。
 これより委員長の互選を行ないたいと存じます。
#3
○大竹委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、山下榮二君を委員長に推薦いたしたいと存じます。おはかりをお願いいたします。
#4
○堀川委員 おはかりいたします。
 ただいまの大竹太郎君の動議に御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○堀川委員 御異議なしと認めます。よって、山下榮二君が委員長に御当選になりました。
 委員長に本席を譲ります。
  〔山下委員長、委員長席に着く〕
#6
○山下委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、三たび本特別委員会の委員長の重責をになうことになりました。
 過般、各委員の御協力により成立いたしました安全二法も施行される運びになり、また、予算措置等もなされることになりましたことは、まことに喜びにたえない次第であります。しかし、交通安全対策に関する諸問題は山積いたしており、本特別委員会の使命はまことに重かつ大なるものがあると存じます。幸い委員各位の一そうの御支援と御協力によりまして、これが対策樹立並びに委員会の円滑なる運営をはかってまいりたいと存じております。
 何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○山下委員長 これより理事の互選を行ないたいと存じます。
#8
○大竹委員 動議を提出いたします。
 理事の員数は八名とし、委員長において指名されんことを望みます。
#9
○山下委員長 おはかりいたします。
 ただいまの大竹太郎君の動議のとおり決するに御異議はございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事の氏名を申し上げます。
      大久保武雄君    大竹 太郎君
      木部 佳昭君    登坂重次郎君
      堀川 恭平君    太田 一夫君
      山田 耻目君    春日 一幸君以上八名の諸君を理事に指名いたします。
 次回は公報をもってお知らせすることといたしまして、本日はこれにて散会いたします。
   午後三時九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト