くにさくロゴ
1967/08/18 第56回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第056回国会 逓信委員会 第2号
姉妹サイト
 
1967/08/18 第56回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第056回国会 逓信委員会 第2号

#1
第056回国会 逓信委員会 第2号
昭和四十二年八月十八日(金曜日)
   午前十時二十三分開議
 出席委員
   委員長 松澤 雄藏君
   理事 森本  靖君 理事 小沢 貞孝君
      小渕 恵三君    加藤 六月君
      上林山榮吉君    木部 佳昭君
      世耕 政隆君    中曽根康弘君
     橋本登美三郎君   三ツ林弥太郎君
      水野  清君    山田 久就君
      井手 以誠君    樋上 新一君
      田代 文久君
 出席政府委員
        郵政政務次官  田澤 吉郎君
        郵政大臣官房長 溝呂木 繁君
 委員外の出席者
        専  門  員 水田  誠君
    ―――――――――――――
八月十一日
 委員小渕恵三君及び加藤六月君辞任につき、そ
 の補欠として中村寅太君及び南條徳男君が議長
 の指名で委員に選任された。
同日
 委員中村寅太君及び南條徳男君辞任につき、そ
 の補欠として小渕恵三君及び加藤六月君が議長
 の指名で委員に選任された。
同月十八日
 委員四宮久吉君、徳安實藏君及び羽田武嗣郎君
 辞任につき、その補欠として山田久就君、三ツ
 林弥太郎君及び世耕政隆君が議長の指名で委員
 に選任された。
同日
 委員世耕政隆君、三ツ林弥太郎君及び山田久就
 君辞任につき、その補欠として羽田武嗣郎君、
 徳安實藏君及び四宮久吉君が議長の指名で委員
 に選任された。
    ―――――――――――――
八月七日
 農林漁業団体営有線放送電話に関する請願(内
 海英男君紹介)(第二〇号)
 同(愛知揆一君紹介)(第一〇一号)
 戦傷病者に対する放送受信料免除に関する請願
 (増田甲子七君紹介)(第二三号)
 鹿児島県長島町にテレビ中継局設置に関する請
 願(池田清志君紹介)(第五四号)
 有線放送電話に関する請願(志賀健次郎君紹
 介)(第一〇三号)
同月八日
 農林漁業団体営有線放送電話に関する請願(古
 内広雄君紹介)(第一八六号)
 簡易郵便局法の一部改正に関する請願(宇野宗
 佑君紹介)(第一九八号)
同月九日
 農林漁業団体営有線放送電話に関する請願(伊
 藤宗一郎君紹介)(第二二三号)
同月十四日
 郵政省電気通信監理官制度の改善に関する請願
 (永井勝次郎君紹介)(第二六一号)
 電話料金の改定に関する請願(永井勝次郎君紹
 介)(第二六二号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
八月九日
 NHK高松テレビ放送局設置に関する陳情書外
 一件(香川県議会議長国見巌雄外一名)(第二
 七号)
 郵便物の日曜配達廃止に関する陳情書(秋田県
 北秋田郡上小阿仁村議会議長原田孝太郎)(第
 五二号)
同月十四日
 和歌山県にテレビ放送局設置に関する陳情書(
 和歌山県議会議長笹野勇)(第九一号)
 電話の自動化促進に関する陳情書(和歌山県議
 会議長笹野勇)(第九二号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 請 願
  一 農林漁業団体営有線放送電話に関する請
    願(内海英男君紹介)(第二〇号)
  二 同(愛知揆一君紹介)(第一〇一号)
  三 戦傷病者に対する放送受信料免除に関す
    る請願(増田甲子七君紹介)(第二三
    号)
  四 鹿児島県長者町にテレビ中継局設置に関
    する請願(池田清志君紹介)(第五四
    号)
  五 有線放送電話に関する請願(志賀健次郎
    君紹介)(第一〇三号)
  六 農林漁業団体営有線放送電話に関する請
    願(古内広雄君紹介)(第一八六号)
  七 簡易郵便局法の一部改正に関する請願(
    宇野宗佑君紹介)(第一九八号)
  八 農林漁業団体営有線放送電話に関する請
    願(伊藤宗一郎君紹介)(第二二三号)
  九 郵政省電気通信監理官制度の改善に関す
    る請願(永井勝次郎君紹介)(第二六一
    号)
 一〇 電話料金の改定に関する請願(永井勝次
    郎君紹介)(第二六二号)
     ――――◇―――――
#2
○松澤委員長 これより会議を開きます。
 請願の審査を行ないます。
 今国会におきまして本委員会に付託されました請願は全部で十件であります。
 日程第一より第十までの請願を一括して議題といたします。
 まず審査の方法についておはかりいたします。
 各請願の内容につきましては、文書表等によりすでに御承知のことでありますし、さらに先刻理事会におきまして慎重に御検討願いましたので、この際、紹介議員よりの説明聴取等はこれを省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○松澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
 それでは採決いたします。請願日程第三及び第四の両請願は、その趣旨妥当なものとしていずれも採択の上内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○松澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
 なお、ただいま議決いたしました両請願に関する委員会報告書の作成等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○松澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
    ―――――――――――――
  〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#6
○松澤委員長 なお、参考のために御報告申し上げます。
 本委員会に参考送付されました陳情書は、お手
 元に配付いたしたとおり、全部で四件でござい
 ます。
 この際暫時休憩いたします。
   午前十時二十六分休憩
     ――――◇―――――
  〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト