くにさくロゴ
1966/12/27 第54回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第054回国会 議院運営委員会 第1号
姉妹サイト
 
1966/12/27 第54回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第054回国会 議院運営委員会 第1号

#1
第054回国会 議院運営委員会 第1号
本国会召集日(昭和四十一年十二月二十七日)(
火曜日)(午前零時現在)における本委員は、次
の通りである。
   委員長 坪川 信三君
   理事 小平 久雄君 理事 伊能繁次郎君
   理事 渡海元三郎君 理事 竹下  登君
   理事 田中 六助君 理事 滝井 義高君
   理事 中嶋 英夫君 理事 安宅 常彦君
   理事 鈴木  一君
      天野 光晴君    小渕 恵三君
      亀岡 高夫君    鯨岡 兵輔君
     小宮山重四郎君    小山 省二君
      田村 良平君    竹内 黎一君
      塚田  徹君    西岡 武夫君
     茜ケ久保重光君    島口重次郎君
      泊谷 裕夫君    西村 関一君
      藤田 高敏君
―――――――――――――――――――――
昭和四十一年十二月二十七日(火曜日)
    午前十一時二十一分開議
 出席委員
   委員長 坪川 信三君
   理事 小平 久雄君 理事 伊能繁次郎君
   理事 渡海元三郎君 理事 竹下  登君
   理事 田中 六助君 理事 滝井 義高君
   理事 中嶋 英夫君 理事 安宅 常彦君
   理事 鈴木  一君
      小渕 恵三君    鯨岡 兵輔君
      田村 良平君    竹内 黎一君
      塚田  徹君    西岡 武夫君
 委員外の出席者
        議     長 綾部健太郎君
        議     員 林  百郎君
        事 務 総 長 久保田義麿君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議員控室の件
 議席の件
 議事進行係の件
 弔慰金支出の件
 本日の本会議の議事に関する件
     ――――◇―――――
#2
○坪川委員長 これより会議を開きます。
 第五十四回通常国会は本日召集されました。
 お手元の通常国会召集に伴う協議事項について順次御協議を願います。
 まず、議員控室の件についてでありますが、議員控室は、従前どおりとするに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○坪川委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
#4
○坪川委員長 次に、議席の件についてでありますが、議席は、従前どおりとするに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○坪川委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#6
○坪川委員長 次に、議事進行係の件についてでありますが、議事進行係は、従前どおり自由民主党にお願いすることとし、同党の亀岡高夫君にお願いいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○坪川委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#8
○坪川委員長 次に、弔慰金支出の件についてでありますが、去る十一月十八日、静岡県第三区選出議員中村幸八君が逝去されました。
 ここにつつしんで哀悼の意を表します。
 弔慰金につきましては、去る十一月二十一日の理事会の御了承を得、お手元の国会予備金使用承認要求書にありますとおり、同君の御遺族に対し、歳費一カ年分の金額を弔慰金として本院予備経費から支出いたしましたので、これを事後承認するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○坪川委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決定いたしました。
#10
○坪川委員長 なお、弔詞につきましては、お手元に配付いたしてあります特別弔詞を、去る十一月十九日に理事各位の了承を得、葬儀当日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
 衆議院は多年憲政のために尽力しさきに商工委員長の要職にあたられた議員従三位勲二等中村幸八君の長逝を哀悼しつつしんで弔詞をささげます
    ―――――――――――――
#11
○坪川委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#12
○久保田事務総長 きょう開会の前に、議長は、第五十四回通常国会は本日召集されましたという御報告をなされまして、それから次いで、議席の指定がございます。
 以上でございます。
#13
○坪川委員長 それでは、本会議は、午後一時五十分予鈴、午後二時から開会することといたします。
    ―――――――――――――
#14
○坪川委員長 この際、一言御礼のごあいさつを申し上げます。
 至らない身の委員長でございましたが、委員各位におかれましては、ありがたい御協力と御配慮を賜わりました深い御好意に対しましてつつしんで御礼を申し上げたいと思います。
 御案内のような政局でございます。委員各位の御健闘を願いまして、全員御当選あられまして、本委員会に相まみえる日を心より望んでおる次第であります。
 在任中の御好意に対して厚く御礼を申し上げます。
    ―――――――――――――
#15
○坪川委員長 それでは、この際、暫時休憩いたします。
   午前十一時二十五分休憩
     ――――◇―――――
  〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト