くにさくロゴ
1966/12/20 第53回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第053回国会 内閣委員会 第2号
姉妹サイト
 
1966/12/20 第53回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第053回国会 内閣委員会 第2号

#1
第053回国会 内閣委員会 第2号
昭和四十一年十二月二十日(火曜日)
    午後五時十二分開議
 出席委員
   委員長 木村 武雄君
   理事 伊能繁次郎君 理事 辻  寛一君
   理事 長谷川四郎君 理事 細田 吉藏君
      井村 重雄君    大石 八治君
      大西 正男君    塚田  徹君
      渡海元三郎君    灘尾 弘吉君
      野呂 恭一君    橋本龍太郎君
      藤尾 正行君    保科善四郎君
      前田 正男君    湊  徹郎君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣 塚原 俊郎君
 出席政府委員
        総理府総務副長
        官       上村千一郎君
        総理府事務官
        (賞勲局長)  岩倉 規夫君
 委員外の出席者
        議     員 伊能繁次郎君
        専  門  員 茨木 純一君
    ―――――――――――――
十二月十九日
 委員井村重雄君及び保科善四郎君辞任につき、
 その補欠として森清君及び西村直己君が議長の
 指名で委員に選任された。
同日
 委員西村直己君及び森清君辞任につき、その補
 欠として保科善四郎君及び井村重雄君が議長の
 指名で委員に選任された。
同月二十日
 委員赤城宗徳君、荒舩清十郎君、賀屋興宣君、
 周東英雄君及び堀内一雄君辞任につき、その補
 欠として渡海元三郎君、大西正男君、橋本龍太
 郎君、大石八治君及び灘尾弘吉君が議長の指名
 で委員に選任された。
同日
 委員大石八治君、大西正男君、渡海元三郎君、
 灘尾弘吉君及び橋本龍太郎君辞任につき、その
 補欠として周東英雄君、荒舩清十郎君、赤城宗
 徳君、堀内一雄君及び賀屋興宣君が議長の指名
 で委員に選任された。
    ―――――――――――――
十二月二十日
 旧勲章年金受給者に関する特別措置法案(第五
 十一回国会衆法第五七号)(参議院送付)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 旧勲章年金受給者に関する特別措置法案(第五
 十一回国会衆法第五七号)(参議院送付)
 請 願
  一 旧軍人恩給に関する請願外五十一件(小
    川平二君紹介)(第一号)
  二 同外四件(小坂善太郎君紹介)(第二
    号)
  三 同外四十九件(進藤一馬君紹介)(第三
    号)
  四 同外二十八件(羽田武嗣郎君紹介)(第
    四号)
  五 同外十六件(濱田幸雄君紹介)(第五
    号)
  六 同外三十件(増田甲子七君紹介)(第六
    号)
  七 同外七件(浦野幸男君紹介)(第一六
    号)
  八 同外十件(唐澤俊樹君紹介)(第一七
    号)
  九 同外十八件(廣瀬正雄君紹介)(第六四
    号)
 一〇 同(安藤覺君紹介)(第六五号)
 一一 同外十件(今松治郎君紹介)(第六六
    号)
 一二 同外十六件(宇野宗佑君紹介)(第六七
    号)
 一三 同外六十五件(植木庚子郎君紹介)(第
    六八号)
 一四 同(小川半次君紹介)(第六九号)
 一五 同(加藤高藏君紹介)(第七〇号)
 一八 同外二十一件(神田博君紹介)(第七一
    号)
 一七 同外四件(仮谷忠男君紹介)(第七二
    号)
 一八 同外一件(木村剛輔君紹介)(第七三
    号)
 一九 同外一件(高橋清一郎君紹介)(第七四
    号)
 二〇 同外十五件(舘林三喜男君紹介)(第七
    五号)
 二一 同外五件(千葉三郎君紹介)(第七六
    号)
 二二 同外七件(塚田徹君紹介)(第七七号)
 二三 同外六件(内藤隆君紹介)(第七八号)
 二四 同外十三件(原健三郎君紹介)(第七九
    号)
 二五 同外十六件(藤本孝雄君紹介)(第八〇
    号)
 二六 同外二件(粟山秀君紹介)(第八一号)
 二七 同(八木徹雄君紹介)(第八二号)
 二八 同外三件(岩動道行君紹介)(第一一〇
    号)
 二九 同外五十四件(大坪保雄君紹介)(第一
    一一号)
 三〇 同外三件(大西正男君紹介)(第一一二
    号)
 三一 同外二十五件(金子一平君紹介)(第一
    一三号)
 三二 同外二件(綱島正興君紹介)(第一一四
    号)
 三三 同外一件(坪川信三君紹介)(第一一五
    号)
 三四 同外十件(床次徳二君紹介)(第一一六
    号)
 三五 同外三十五件(野田卯一君紹介)(第一
    一七号)
 三六 同(山村新治郎君紹介)(第一一八号)
 三七 同外十件(荒木萬壽夫君紹介)(第一三
    〇号)
 三八 同外六件(稻村左近四郎君紹介)(第一
    三一号)
 三九 同外六件(大竹太郎君紹介)(第一三二
    号)
 四〇 同外六件(鍛冶良作君紹介)(第一三三
    号)
 四一 同外二十二件(倉成正君紹介)(第一三
    四号)
 四二 同(小泉純也君紹介)(第一三五号)
 四三 同外五件(櫻内義雄君紹介)(第一三六
    号)
 四四 同外三十九件(關谷勝利君紹介)(第一
    三七号)
 四五 同外七件(辻寛一君紹介)(第一三八
    号)
 四六 同(徳安實藏君紹介)(第一三九号)
 四七 同外二件(中島茂喜君紹介)(第一四〇
    号)
 四八 同外六件(野田武夫君紹介)(第一四一
    号)
 四九 同(古井喜實君紹介)(第一四二号)
 五〇 在外私有財産国家補償に関する請願(小
    川平二君紹介)(第七号)
 五一 同(小坂善太郎君紹介)(第八号)
 五二 同(羽田武嗣郎君紹介)(第九号)
 五三 同(唐澤俊樹君紹介)(第一八号)
 五四 同(舘林三喜男君紹介)(第八五号)
 五五 同(増田甲子七君紹介)(第八六号)
 五六 同(大坪保雄君紹介)(第一四三号)
 五七 同(三池信君紹介)(第一四四号)
 五八 善意の日制定に関する請願(浦野幸男君
    紹介)(第一五号)
 五九 傷病恩給等の不均衡是正に関する請願
    (小川半次君紹介)(第八三号)
 六〇 同(原健三郎君紹介)(第一四五号)
 六一 靖国神社の国家護持に関する請願外二件
    (小川半次君紹介)(第八四号)
 六二 恩給、年金等受給者の処遇改善に関する
    請願外一件(壽原正一君紹介)(第八七
    号)
 六三 中小企業省設置に関する請願外二件(内
    藤隆君紹介)(第八八号)
 六四 旧軍人恩給に関する請願外七件(井出一
    太郎君紹介)(第三一一号)
 六五 同外二十件(稻葉修君紹介)(第三一二
    号)
 六六 同外六件(草野一郎平君紹介)(第三一
    三号)
 六七 同外十六件(倉石忠雄君紹介)(第三一
    四号)
 六八 同(田川誠一君紹介)(第三一五号)
 六九 同(中馬辰猪君紹介)(第三一六号)
 七〇 同外十一件(床次徳二君紹介)(第三一
    七号)
 七一 同外十二件(中川俊思君紹介)(第三一
    八号)
 七二 同外二十七件(西村英一君紹介)(第三
    一九号)
 七三 同外八件(福田繁芳君紹介)(第三二〇
    号)
 七四 同外五十四件(山本勝市君紹介)(第三
    二一号)
 七五 同(渡辺美智雄君紹介)(第三二二号)
 七六 同外八件(大橋武夫君紹介)(第四四六
    号)
 七七 同外一件(中馬辰猪君紹介)(第四四七
    号)
 七八 同外一件(登坂重次郎君紹介)(第四四
    八号)
 七九 同外十二件(床次徳二君紹介)(第四四
    九号)
 八〇 同(毛利松平君紹介)(第四五〇号)
 八一 同外二件(森下元晴君紹介)(第四五一
    号)
 八二 同外六十件(渡辺栄一君紹介)(第四五
    二号)
 八三 傷病恩給等の不均衡是正に関する請願
    (伊能繁次郎君紹介)(第三二三号)
 八四 同(中馬辰猪君紹介)(第三二四号)
 八五 靖国神社の国家護持に関する請願外五件
    (木村武雄君紹介)(第三二五号)
 八六 柏市大室地区のホーク・ミサイル基地建
    設反対に関する請願(吉川兼光君紹介)
    (第三二六号)
 八七 同和対策審議会答申の完全実施に関する
    請願(井出一太郎君紹介)(第四〇九
    号)
 八八 元南満州鉄道株式会社職員であつた公務
    員等の恩給等通算に関する請願(岡崎英
    城君紹介)(第四五三号)
 八九 在外私有財産国家補償に関する請願(井
    手以誠君紹介)(第五三六号)
 九〇 同(中澤茂一君紹介)(第六五一号)
 九一 傷病恩給等の不均衡是正に関する請願
    (植木庚子郎君紹介)(第五三七号)
 九二 旧軍人恩給に関する請願外十八件(久野
    忠治君紹介)(第五三八号)
 九三 同外四十三件(河本敏夫君紹介)(第五
    三九号)
 九四 同外九件(田村良平君紹介)(第五四〇
    号)
 九五 同(西村直己君紹介)(第五四一号)
 九六 同外二件(細田吉藏君紹介)(第五四二
    号)
 九七 同外四件(熊谷義雄君紹介)(第六四四
    号)
 九八 同外四件(重政誠之君紹介)(第六四五
    号)
 九九 同外十件(高瀬傳君紹介)(第六四六
    号)
一〇〇 同外十五件(田中六助君紹介)(第六四
    七号)
一〇一 同外八件(山崎巖君紹介)(第六四八
    号)
一〇二 同外八件(江崎真澄君紹介)(第六八三
    号)
一〇三 恩給、年金等受給者の処遇改善に関する
    請願外二件(松浦周太郎君紹介)(第五
    四三号)
一〇四 人事院勧告の完全実施等に関する請願外
    四件(東海林稔君紹介)(第五四四号)
一〇五 同(鈴木茂三郎君紹介)(第五四五号)
一〇六 同(山花秀雄君紹介)(第五四六号)
一〇七 国家公務員等退職手当法の一部改正に関
    する請願(田中武夫君紹介)(第六四九
    号)
一〇八 公務員給与等に関する請願(田中武夫君
    紹介)(第六五〇号)
一〇九 行政職俸給表(二)等職員の労働条件改
    善に関する請願(門司亮君紹介)(第六
    五二号)
一一〇 旧軍人恩給に関する請願(安藤覺君紹
    介)(第八〇四号)
一一一 同外十件(床次徳二君紹介)(第八〇五
    号)
一一二 同外十七件(渡海元三郎君紹介)(第八
    〇六号)
一一三 同外一件(中馬辰猪君紹介)(第八〇七
    号)
一一四 同(羽田武嗣郎君紹介)(第八〇八号)
一一五 同(地崎宇三郎君紹介)(第八〇九号)
一一六 同(岩動道行君紹介)(第八五九号)
一一七 同外二十九件(池田清志君紹介)(第八
    六〇号)
一一八 同(田川誠一君紹介)(第八六一号)
一一九 同外六件(田邉國男君紹介)(第八六二
    号)
一二〇 同外一件(丹羽喬四郎君紹介)(第八六
    三号)
一二一 同外三十四件(長谷川四郎君紹介)(第
    八六四号)
一二二 同外一件(馬場元治君紹介)(第八六五
    号)
一二三 同外二件(相川勝六君紹介)(第一〇三
    七号)
一二四 同(池田清志君紹介)(第一〇三八号)
一二五 同(大久保武雄君紹介)(第一〇三九
    号)
一二六 同外十一件(金丸信君紹介)(第一〇四
    〇号)
一二七 同外一件(中馬辰猪君紹介)(第一〇四
    一号)
一二八 同外十一件(床次徳二君紹介)(第一〇
    四二号)
一二九 同(馬場元治君紹介)(第一〇四三号)
一三〇 同外六十六件(田中龍夫君紹介)(第一
    〇四四号)
一三一 恩給、年金等受給者の処遇改善に関する
    請願(地崎宇三郎君紹介)(第八一〇
    号)
一三二 傷病恩給等の不均衡是正に関する請願(
    岩動道行君紹介)(第八五八号)
一三三 元南満州鉄道株式会社職員であつた公務
    員等の恩給等通算に関する請願外二件(
    田中龍夫君紹介)(第一〇四五号)
一三四 在外私有財産国家補償に関する請願外一
    件(岡良一君紹介)(第一〇四六号)
一三五 恩給の増額に関する請願(池田清志君紹
    介)(第一〇六四号)
一三六 恩給、共済年金等の改善に関する請願外
    一件(池田清志君紹介)(第一〇六五
    号)
一三七 旧軍人恩給に関する請願外十件(内田常
    雄君紹介)(第一二〇二号)
一三八 同(仮谷忠男君紹介)(第一二〇三号)
一三九 同外三十件(藏内修治君紹介)(第一二
    〇四号)
一四〇 同外四件(纐纈彌三君紹介)(第一二〇
    五号)
一四一 同外一件(佐藤洋之助君紹介)(第一二
    〇六号)
一四二 同外一件(中馬辰猪君紹介)(第一二〇
    七号)
一四三 同外百十八件(永山忠則君紹介)(第一
    二〇八号)
一四四 同外六件(福田赳夫君紹介)(第一二〇
    九号)
一四五 同外一件(村山達雄君紹介)(第一二一
    〇号)
一四六 同外十七件(山中貞則君紹介)(第一二
    一一号)
一四七 同(山村新治郎君紹介)(第一二一二
    号)
一四八 同外四十六件(大野明君紹介)(第一二
    五三号)
一四九 同外三件(正力松太郎君紹介)(第一二
    五四号)
一五〇 同外七件(井原岸高君紹介)(第一三四
    一号)
一五一 同外六十八件(保科善四郎君紹介)(第
    一三四二号)
一五二 同外六件(川野芳滿君紹介)(第一四一
    七号)
一五三 同外一件(中山榮一君紹介)(第一四一
    八号)
一五四 同(南好雄君紹介)(第一四一九号)
一五五 同外四件(大西正男君紹介)(第一四三
    三号)
一五六 中小企業省設置に関する請願(佐藤洋之
    助君紹介)(第一二一三号)
一五七 恩給、年金等受給者の処遇改善に関する
    請願(田中正巳君紹介)(第一二一四
    号)
一五八 同外一件(泊谷裕夫君紹介)(第一二一
    五号)
一五九 同外四件(泊谷裕夫君紹介)(第一二五
    五号)
一六〇 同(横路節雄君紹介)(第一三四四号)
一六一 公務員給与等に関する請願(山花秀雄君
    紹介)(第一二一六号)
一六二 同(鈴木茂三郎君紹介)(第一二五八
    号)
一六三 同外五件(本島百合子君紹介)(第一二
    五九号)
一六四 恩給、年金受給者の処遇改善に関する請
    願(赤城宗徳君紹介)(第一二五一号)
一六五 税務職員の賃金引上げに関する請願(平
    林剛者紹介)(第一二五六号)
一六六 在外私有財産国家補償に関する請願(下
    平正一君紹介)(第一二五七号)
一六七 元南満州鉄道株式会社職員であつた公務
    員等の恩給等通算に関する請願外二十三
    件(保科善四郎君紹介)(第一三四三
    号)
一六八 旧軍人恩給外地加算年の不均衡是正に関
    する請願(有田喜一君紹介)(第一四一
    六号)
一六九 佐藤内閣総辞職及び衆議院解散に関する
    請願(加藤進君紹介)(第一四三五号)
一七〇 同(林百郎君紹介)(第一四三六号)
一七一 松代群発地震地域の災害特別地域指定に
    関する請願(唐澤俊樹君紹介)(第六〇
    号)
一七二 同(小坂善太郎君紹介)(第六一号)
一七三 同(羽田武嗣郎君紹介)(第六二号)
一七四 同(増田甲子七君紹介)(第六三号)
一七五 同(小川平二君紹介)(第一七五号)
一七六 同(吉川久衛君紹介)(第一七六号)
一七七 同(倉石忠雄君紹介)(第一七七号)
一七八 同(井出一太郎君紹介)(第四四一号)
一七九 同(中澤茂一君紹介)(第四四二号)
一八〇 同(松平忠久君紹介)(第四四三号)
一八一 同(下平正一君紹介)(第一三三九号)
一八二 同(原茂君紹介)(第一三四〇号)
     ――――◇―――――
#2
○木村委員長 これより会議を開きます。
 おはかりいたします。
 この際、本日参議院より送付せられました旧勲章年金受給者に関する特別措置法案を議題とし、審査を行ないたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○木村委員長 御異議なしと認めます。
 それでは旧勲章年金受給者に関する特別措置法案を議題といたします。
#4
○木村委員長 まず、本案の趣旨説明を聴取いたします。
 なお、参議院の修正部分についても便宜あわせて説明を願いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○木村委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、伊能繁次郎君。
#6
○伊能議員 ただいま議題となりました旧勲章年金受給者に関する特別措置法案につきまして、その趣旨の説明を申し上げます。
 旧金鵄勲章年金令が明治二十七年勅令第一七三号によって制定せられましたことは、御承知のとおりであります。その後、この年金令は昭和十六年に至り勅令第七二五号によりまして廃止せられましたが、同時にまた、この勅令により昭和十五年四月二十五日以前の叙賜者につきましては、旧令によって年金は下賜されていたのであります。しかるに、終戦後昭和二十一年三月に至りまして、これらの勲章年金は、昭和二十年十二月末を限りといたしまして、一切廃止せられることとなって今日に至っておるのであります。
 戦後二十年、この間幸いにわが国の経済は順調に再建発展いたしまして、国民生活も年一年と向上をたどりつつあるのであります。この間にあって旧金鵄勲章年金受給者については、かって支給されていました年金は打ち切られ、その経済的期待権を喪失し、不遇のうちに日々を送っている人々も多いのでありまして、御同情にたえないものがあります。よって、本法律によりまして、これらの人々の処遇改善をはかるため特別の措置を講じ、あわせて勲等年金受給者についても、その年金額が現在きわめて少額で、受給者の大部分はわずか数十円という低額のものでありますので、これが改善措置を行なおうとするものであります。
 本法案の要旨を申し上げます。
 旧金鵄勲章年金受給者については、昭和三十八年四月一日において日本国籍を有する者に対しまして、旧制の功級による区別なく、十万円の一時金を特別措置として支給しようとするもので、その認定は、これを受けようとする者の請求に基づきまして、内閣総理大臣が行なうことといたしております。
 勲等年金受給者については、昭和二十一年三月三十日内閣告示第九号により勲等年金を支給する旨の通知を受けた者で昭和四十二年一月一日においてその支給を受けることができる者に対しまして、一時金として三万円を支給することといたしております。
 なお、昭和四十二年分以降の年金は、支給しないことにしております。
 本案は、自由民主党及び民主社会党の共同提案により第五十一回国会に提出せられ、可決の後、参議院に送付、本院提出法案として参議院において継続審査となっておりましたが、本日、修正を加え本院に送付せられてきたものであります。
 なお、この際、便宜上私のほうからその修正部分について御説明申し上げますと、第一点は、一時金の支払いに関する事務の実施等について必要な事項は郵政省令で定めること。第二点は、勲等年金受給者に対する措置にかかる適用日を昭和四十二年一月一日とすること。第三点は、昭和四十一年分の勲等年金はすでに支給せられておりますので、これを四十二年分以降支給しないこととしたのであります。
 何とぞ御賛成くださるようお願い申し上げます。
#7
○木村委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。
 本案については、すでに第五十一回国会において審議を尽くしておるところでありますし、別段質疑及び討論の申し出もございませんので、直ちに採決に入ります。
 旧勲章年金受給者に関する特別措置法案について採決いたします。
 本案に賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
#8
○木村委員長 起立総員。よって、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。(拍手)
 なお、本案に関する委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○木村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
  〔報告書は附録に掲載〕
     ――――◇―――――
#10
○木村委員長 これより請願の審査に入ります。
 本委員会に付託されました請願は、本日の請願日程に記載してあるとおり百八十二件であります。
 請願日程第一から第一八二までを一括して議題といたします。
 まず、審査の方法についておはかりいたします。
 各請願の内容につきましては、配付されております文書表で御承知のことでもありますし、また先ほど理事各位にも御検討願ったところでもありますので、この際、各請願について紹介議員の説明、政府の所見聴取等は省略し、直ちにその採否の決定に入りたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○木村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 これより採決いたします。
 本日の請願日程中、第五〇ないし第五七、第八七、第八九、第九〇、第一三四、第一三五、第一六六及び第一七一ないし第一八二、以上の各請願は、いずれも採択の上内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○木村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 なお、ただいま議決いたしました各請願に関する委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○木村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
  〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#14
○木村委員長 なお、今国会におきまして本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付してありますとおり、総数二十三件であります。念のため御報告申し上げます。
     ――――◇―――――
#15
○木村委員長 閉会中審査に関する件についておはかりします。
 本委員会といたしましては、
 一、行政機構並びにその運営に関する件
 二、恩給及び法制一般に関する件
 三、国の防衛に関する件
 四、公務員の制度及び給与に関する件
 五、栄典に関する件以上の各案件について、閉会中も審査を行なうことができますよう、議長に対し閉会中審査の申し出をしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○木村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後五時二十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト