くにさくロゴ
1949/05/22 第5回国会 参議院 参議院会議録情報 第005回国会 大蔵委員会 第33号
姉妹サイト
 
1949/05/22 第5回国会 参議院

参議院会議録情報 第005回国会 大蔵委員会 第33号

#1
第005回国会 大蔵委員会 第33号
昭和二十四年五月二十二日(日曜日)
   午後一時三十二分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○地方自治法第百五十六條第四項の規
 定に基き、税務署の増設に関し承認
 を求めるの件(内閣提出、衆議院送
 付)
#2
○小林委員長 の報告
○軍事貯金拂戻しに関する請願(第九
 百四十六号)
○学童用水彩絵具の物品税撤廃に関す
 る請願(第九百九十八号)
○医藥品等の取引高税免除に関する請
 願(第千百一号)
○授産場の購入する必要原料、資材の
 取引高税免除に関する請願(第千百
 九号)
○授産場製品の取引高税免除に関する
 請願(第千百十号)
○重要産業労務者住宅建設資金融資に
 関する請願(第千百十八号)
  ―――――――――――――
#3
○理事(黒田英雄君) これより大藏委員会を開会いたします。
 先ず地方自治法第百五十六條第四項の規定に基き、税務署の増設に関し承認を求めるの件を議題といたしまして、御審議を願います。先ず政府から提案理由の説明を求めます。
#4
○政府委員(田口政五郎君) 只今議題になりました地方自治法第百五十六條第四項の規定に基き、税務署の増設に関し承認を求めるの件につきまして、その提案の理由を御説明申上げます。
 政府におきましては、本年度五千百四十余億円に達する租税收入を適正に確保するため、各般の施策を講じつつあるのでありますが、なかんずく徴税機構の整備強化を図るの要極めて緊切なるものがあるのを認めまして、その一として荻窪税務署外五税務署を増設することといたしたいのであります。
 現在税務署は、全國に総数四百九十七あるのでありますが、このうち特に廣汎な区域を管轄し、課税物件の分布廣く、且つ多数納税者を擁する税務署につきましては、その区域を分割して税務署を増設することが、納税者の便宜を図るためにも、はた又課税の適正化を期するためにも、緊要と存ぜられるのであります。而してかような見地から、税額、納税者数、区域の廣狹、將來の発展性、職員数等を総合勘案いたしますと、未だ相当数の税務署の増設の必要が認められるのでありますが、本年度におきましては、特に廳舎の建築費が予算上制約を受けて居りますので、差当り今回は、荻窪税務署外五税務署を増設することいたしたいのであります。
 先に、所得税、法人税等主要税目につきまして、当告納税制度が採用されて以來、納税者と税務署の関係は、特に緊密なものがあるのでありますが、今回これらの増設が実現されることになるますならば、納税者の受ける利便はもとより、円滑適正な税務運営に資するところけだし大なるものがあろうかと存ずるのであります。
 何とぞ御審議の上、速かに御賛成あらんことをお願いする次第であります。
#5
○木村禧八郎君 税務署を設置する場合の基準ですね。いわゆる人口によるのか、或いは面積によるのか、或いは税收額よるのか、何か基準というものがあるのですか。
#6
○政府委員(正示啓次郎君) お答えいたします。只今お挙げになりましたような諸要素を総合いたしまして、適当な單位によりまして設置いたすことにいたしております。例えば、今回提案いたしました六税務署については、面積、管内の戸数、人口、それから税務署の職員の数、それからこの管内の税額、こういうふうなものを総合いたしまして、大体この平均的な数に達するというところを以ちまして分割の基準にいたしておるわけでございます。
#7
○木村禧八郎君 実はこの間参議院で、東北の方の税務調査に派遣されまして、東北に行つて、税務署の人に聞きましたら、大体まあ税務署の設置の基準は、いろいろな諸要素が考えられますけれども、税收を主とすると、そういたしますると、都市の方は税收が非常に多いのですから人員がそつちの方に行つて、非常に人員の少い東北とか、ああいう面積は非常に廣いけれども、税收額が少いから、非常に労働力が要るけれども、税務官吏が少くて非常に困難を極めて困るということを聞いたのですが、そういう点で相当問題になるのじやないかと思うのですけれども、どういうふうに処理されておりますか。
#8
○政府委員(正示啓次郎君) 只今木村生先から御指摘のような点も相当あることは、私共も認めております。今回提案いたしております香住というのがあるのでありますが、これなんかもその一つでありまして、地理的に管轄区域が非常に廣いのであります。併し、税額等からいたしますると余り大したことはありませんが、納税者が非常に長距離に亘りまして現在の税務署に参るという不便を除くということが、主たる狙いなのであります。東北、北海道等におきまして、そういう必要から將來相当分割の必要もあるということも、私共も承知いたしておるのでございますが、この度は予算の制約がございましたので、非常に数も少くなつておりますが、將來におきましては、この管轄区域というような点も考慮いたしまして、納税者の方々の非常に不便はできるだけ除去して参りたい、かように考えておりますから、御了承願いたいと思います。
#9
○理事(黒田英雄君) 他に御質問はございませんでしようか。
#10
○小川友三君 質疑を打切りまして、直ちに討論に入られんことの動議を提出いたします。
#11
○理事(黒田英雄君) 小川君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○理事(黒田英雄君) それでは質疑は終了することにいたしまして、討論に移ります。御意見のある方は御発言を願います。
#13
○小川友三君 本案は先程政務次官並びに政府委員の御説明の通り、行政整理をしなくちやならんという建前のところに持つて來て、これは非常によいことであつて、行政機関を殖やして行くということは、失業者救済でもあり、半面又國民の利益でもあるというので、この点におきまして、本承認を求める件につきましては、賛成いたします。
#14
○理事(黒田英雄君) 他に御発言もないようでありますから、討論は終局したものといたして、直ちに採決に入りまして御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○理事(黒田英雄君) 御異議ないと認めます。それでは採決いたします。地方自治法第百五十六條第四項の規定に基き、税務署の増設に関し承認をむめるの件につきまして、承認を與えることに御賛成の方の御挙手を願います。
   〔総員挙手〕
#16
○理事(黒田英雄君) 全会一致と認めます。よつて本案は承認を與えることに決定いたしました。御賛成の方の御署名を願います。
  多数意見者署名
    木村禧八郎  川上  嘉
    米倉 龍也  玉屋 喜章
    小川 友三  九鬼紋十郎
    波多野 鼎  小林米三郎
    西川甚五郎  小宮山常吉理事(黒田英雄君) 尚委員長の報告は例によつてお委せを願います。
  ―――――――――――――
#17
○理事(黒田英雄君) 次に請願並びに陳情につきまして小委員長の御報告をお願いしたいと思います。
#18
○九鬼紋十郎君 それでは私から御報告いたします。請願の九百四十六号軍事貯金拂戻しに関する請願でありますが、軍事貯金通帳の紛失等によりまして、拂戻権利の放棄の形となつておるものは百八十四万もある状態であります。遺家族の生活保護及び貯蓄奬励の見地からして、原簿を整理して拂戻しに努めることは必要であるとして採決したのであります。請願の九百九十八号は学童用水彩絵具の物品税撤廃に関する請願でありますが、学童の経済的負担を軽減せしめるために妥当なものとしてこれを採択したのであります。請願の千百一号は医藥品等の取引高税免除に関する請願でありますが、医藥品は社会の必需品であり、その需要者には経済的負担力に乏しい病人が多いので、社会的現地からして取引高税を免除することは適当であると考えて採択したのであります。請願の千百九号授産場の購入する必要原料、資材の取引高税免除に関する請願、請願の千百十号授産場製品の取引高税免除に関する請願、以上二件はいずれも貧困者数済の機関であるところの授産場の取引高税の免除を考慮して呉れという請願趣旨でありますが、いずれも妥当として採択したのであります。請願の千百十八号重要産業労務者住宅建設資金融資に関する請願、労働者の住宅難は深刻を極めておりまして、勤労意欲も減退しておる今日、重要産業労務者住宅建設資金を融資するのが妥当であると考えまして、採択したのであります。以上を以て御報告にいたします。
#19
○理事(黒田英雄君) 只今九鬼小委員長の御報告の通り決定いたすことに御賛成の方の御挙手を願います。
   〔総員挙手〕
#20
○理事(黒田英雄君) 全会一致を以て決定いたしました。
 それでこれにて休憩いたしまして、本会議の散会後再開いたします。
   午後一時四十七分休憩
   ―――――・―――――
   午後九時五十五分開会
#21
○理事(黒田英雄君) 再開いたします。本日はこれで散会いたします。
   午後九時五十六分散会
 出席者は左の通り。
   理事
           波多野 鼎君
           黒田 英雄君
           九鬼紋十郎君
   委員
           天田 勝正君
           森下 政一君
           玉屋 喜章君
           西川甚五郎君
           小林米三郎君
           小宮山常吉君
           高瀬荘太郎君
           高橋龍太郎君
           中西  功君
           川上  嘉君
           木村禧八郎君
           米倉 龍也君
           小川 友三君
  政府委員
   大藏政務次官  田口政五郎君
   大藏事務官
   (主税局監理部
   長)      正示啓次郎君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト