くにさくロゴ
1949/02/12 第5回国会 参議院 参議院会議録情報 第005回国会 商工委員会 第1号
姉妹サイト
 
1949/02/12 第5回国会 参議院

参議院会議録情報 第005回国会 商工委員会 第1号

#1
第005回国会 商工委員会 第1号
昭和二十四年二月十二日(土曜日)
   午前十一時十四分開会
  ―――――――――――――
 委員氏名
   委員長     小畑 哲夫君
   理事      島   清君
   理事      山田 佐一君
   理事      宿谷 榮一君
   理事      栗山 良夫君
           田中 利勝君
           藤枝 昭信君
           大屋 晋三君
           重宗 雄三君
           廣瀬與兵衞君
           小杉 繁安君
           境野 清雄君
           川上 嘉市君
           佐伯卯四郎君
           玉置吉之丞君
           中川 以良君
           山内 卓郎君
           細川 嘉六君
           駒井 藤平君
           阿竹齋次郎君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○調査承認要求の件
○議員派遣要求の件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(小畑哲夫君) 只今から商工委員会を開会いたします。
 最初調査承認要求に関する件を議題といたします。今次の國会においては一本として貿易振興方策を中心とする調査並びに研究を進めて行きたい、こう考えておりますが、これについて御意見ございましたら御発言願います。
#3
○宿谷榮一君 只今お話のありました貿易振興に関する調査の件は時宜に適した緊急やらなければならないことでありますから、私はこの調査研究に対して賛成する者であります。
#4
○委員長(小畑哲夫君) 他に御発言ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(小畑哲夫君) 御異議ないと認めまして貿易振興に関する調査研究を進めて行く、これについての調査承認要求に関する手続一切は委員長にお委せ願いたいと思います。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(小畑哲夫君) さよう決定いたしました。
 次に議員派遣に関する要求をいたしまして、本日午後の本会議にかけて貰うように手続を取りたいと思うのでありまするが、便宜上只今委員長において計画しておりますることを申上げて、これを原案として一つ御協議願えれば結構かと思うのでありますが、先ず派遣の目的は、貿易振興に関する実地調査、それから派遣議員は、東海班と近畿班に分けまして、若し御賛同を得るならば委員各位のそれぞれの御希望をこの両班の中に入れたい、但し昨日の委員長懇談会においては、年度末で経費も不十分であるから、なるべくこの出張に対する人員を縮小してほしいという希望がございましたので、いろいろ御事情もあろうかと思いまするので、後程御意見を承わりたい、こう思います。それから派遣の期間は二月十六日から三月四日までの間において、東海班は七日間、近畿班は十日間、こういうことにしたらどうかと思います。但し國会の模樣から考えまして、いろいろの他の問題もありますし、準備も要りますので、実際問題としては二十四、五日頃から出るようになるのではないかと考えます。
 大体計画しております事柄は、東海班の視察工場の候補地といたしましては、蒲原地区で日本軽金属蒲原工場、浜松地区で日本樂器浜松工場、綿織物関係中小工場、苅谷地区で豊田機械苅谷工場、名古屋地区で愛知時計、岡本自轉車、日本陶器、大同製鋼、豊田自動車、一ノ宮地区で綿織物中小工場、瀬戸地区で陶磁器関係中小工場、それから近畿班の方におきましては、鉄鋼関係で日鉄廣畑製作所、それから扶桑金属大阪工場、纖維関係では鐘紡淀川工場、日本毛織神戸工場、造船関係で川崎重工業造船所、三菱重工業神戸造船所、それから機械関係で大阪機械大阪工場、島津製作所京都工場、セメント関係では大阪窯業の大阪工場、電氣工業関係で住友電氣工業大阪工場、三菱電氣伊丹工場、三菱化成淀川工場、それから発電所関係で、日発尼ケ崎火力発電所、琺瑯鉄器関係の工場、ガラス工業関係の工場、こういう工場としては候補地を予定したのでありますが、この間に官民合同の懇談会と申しますか、特に貿易関係或いは商工会議所関係の人たちとも懇談をやりつつ、これらの中の皆樣方の御賛同を仰いだところを視察したらどうかと、こういうような案でございます。これにつきまして一つ御意見を承わりたいと思います。
#7
○栗山良夫君 実地調査の先はここで一々問題にいたしましても結論ずけるのに非常に時間がかかろうと思いますので、委員長の方にお委せいたしまして、今次の調査に十分効果の上りますような案を考えて頂きたいと思います。勿論議員の中で御希望がありましたならばお互いに申出ることにいたしまして、さように進めたら如何かと思います。
#8
○宿谷榮一君 栗山委員のお話、至極結構だと思います。賛成したいと思います。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(小畑哲夫君) それではこの議員派遣につきましては、今栗山委員、宿谷委員の御発言の通り詳細に亘つての計画は委員長にお委せ願いまして、この要求を議長にすることは御賛成願いましたでしようか。
#10
○田中利勝君 ちよつと希望がありますが、輸出振興のための実地調査は誠に結構でありまして、今その目的地をいろいろ御説明になつたのでありますが、無論貿易輸出の振興でありますから、輸出品の直接関係ある、そういう工場は視察しなくちやならないのでありますけれども、私一言希望を申上げたいことは、日本が経済再建をし、國際経済に参加する。而も日本の自立経済にとつて一番大きな問題は、いわゆる金の問題じやないかと思うのです。この生産された物の問題もその面からして重要であるけれども、同時に國際貿易決済の手段としての金の問題が又一面重要じやないかと思うのですが、そこで現在日本に一体金がどのくらいあるのかということも重要な問題になつて來るし、更に日本の金山の現在の稼行状態で、果して將來日本の貿易決済の手段としても金がどれだけ賄えるか、そういうことも関連して大きな問題じやないかと思うのです。私の記憶にある数字から申上げますれば、昭和十六年度に日本の産金は二十六トンであつたけれども、今日僅に二トンしかない。こういうような事情もあるしこのままの姿に置いて決していい筈はないのでありますから、現在日本の産金というものがどういう状況にあるか、而もこの視察される東海地区には非常に小さいけれども、金山があるように聞いておりますが、そういう点もできましたならば廻つて見て実地調査をして、更にその我々の報告の中にそういう面までも取入れて頂きたい。こういう希望を持つておりますが、こういう点も委員長の方で勘案して頂きたいと思います。
#11
○委員長(小畑哲夫君) 承知いたしました。いずれ御相談いたします。
#12
○栗山良夫君 希望を二点だけちよつと申上げて置きたいと思います。一点は、今度の調査に参りますれば、恐らく現地でも各方面から爲替レートの問題が相当質問が集中せられるだろうと思います。從いまして一本爲替レートの問題は、私共まだ國会議員として権威あるいろいろな方向については、あまりよく承知をいたしていないのでありますが、この問題だけは少くとも現地へ参りまする前に、政府当局のはつきりした態度、或いは方針を正式に伺いまして、そうして出かけるようにぜひいたしたいものだとこう考えます。
 もう一つの点は、東海班の問題でありますが、只今名古屋港の縣或いは市の所属の問題、その他名古屋を中心とした三重、岐阜、或いは長野までも含めましたヒンターランドの関係、そういつたようなものについて名古屋港の拡張、或いは所属という問題が現地でいろいろ論議されておるようでありますから、ぜひ將來の東海の貿易発展のために、相当な使命を果さなければならない名古屋港のいろいろな港湾施設その他の問題を、一應調査し得るような工合にお組み下されば非常に幸だと考えます。
#13
○委員長(小畑哲夫君) 只今栗山委員の御発言で、第一点の爲替レート設定に関する関係当局の一應意見を聞いたらどうだ、出張までにその機会を作つてはどうか、こういうお話でございますが、この点如何でございましよう。
#14
○田中利勝君 賛成です。我々としても統一ある考えを持つて行かなければならん、ばらばらの意見を持つて行くのは何ですから、必要だと思います。
#15
○委員長(小畑哲夫君) ではこれで一應委員会を閉じまして、あとで懇談に移りたいと思います。御意見ございませんか。それではこれで商工委員会を閉会いたします。
   午前十一時二十八分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     小畑 哲夫君
   理事
           島   清君
           山田 佐一君
           宿谷 榮一君
           栗山 良夫君
   委員
           田中 利勝君
           廣瀬與兵衞君
           境野 清雄君
           玉置吉之丞君
           中川 以良君
           駒井 藤平君
           阿竹齋次郎君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト