くにさくロゴ
1949/04/11 第5回国会 参議院 参議院会議録情報 第005回国会 商工委員会 第8号
姉妹サイト
 
1949/04/11 第5回国会 参議院

参議院会議録情報 第005回国会 商工委員会 第8号

#1
第005回国会 商工委員会 第8号
昭和二十四年四月十一日(月曜日)
   午後一時三十五分開会
  ―――――――――――――
  委員の異動
三月三十一日(木曜日)委員北村一男
君の辞任につき、その補欠として山田
佐一君を議長において選定した。
  ―――――――――――――
 本日の会議に付した事件
○昭和二十四年度総合生産計画及び資
 金計画に関する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(小畑哲夫君) これより開会いたします。速記を止めて……
   午後一時三十六分速記中止
   ―――――・―――――
   午後二時一分速記開始
#3
○委員長(小畑哲夫君) 速記を始めて。
#4
○説明員(石原武夫君) 電力につきましても石炭と同じような需給の状況をここに書いてあるわれでございまするが、二十三年度の推定実績は計画を少し上廻つておりまするが、これは主として二十三年度が、渇水期に入りましてから非常に水の状況がよかつたということによりますもので、從つて二十四年度の目標と比較いたしますと、二十四年度の目標の方が、二十三年度推定実績を下廻つておりますが、これは二十四年度について平水で計算をして行つた関係上、かような結果が出ておるわけであります。火力につきましては、二十三年度の計画に対しまして相当増加しておりまするが、これは火力発電用炭を殖して、一應できるだけ電力の供給力を殖すという意味で、この五十七億九千万キロワツト・アワーという数字を計画いたしたわけであります。供給力全体といたしましては二十三年度に対して約三%増加の予定でございます。以下消費の方はここに進駐電用電燈、電熱、産業用、その他、そのように分けてありまするが、その下の方に産業用の増加率を出してございまするが、これはやはり二十一年を一〇〇としておるのと、五、九年を一〇〇といたしておるのと両方書いてございまするが、二十一年を一〇〇といたしますと、二十三年度が一一七、二十四年度につきましては一二四、そういうふうに増加をしておるのでございます。
 次に、主要物資生産量一覧表というのがありまするが、これは主要な品目につきまして掲げましたので、物資の生産品目と申しますと沢山品目がございまするが、一應主な品目につきまして五、七年と二十一年、二十二年、二十三年、二十四年という目標をずつと並べまして、最後に過去におけるものを出すという意味で以て生産量をここに掲げておるわけであります。
 一々説明すると非常に長くなると思いますが、普通鋼鋼材につきましては、本年度の計画は、二十三年度計画は百二十万でありまして、これは実績が少し上廻つております。これによりますと百二十五万トン、百二十万トンというものは完全に達成されて、それを少しオーバーした実績になる予定でございます。これに対しまして明年度百九十二万トン計画を立てまして、相当オーバーした生産計画を立つたわけであります。これにつきましては百九十二万トンという数字は相当大きな量で、これを計画といたしますにつきましては、石炭でありますとか、電力という面で非常に困難でございますが一面輸出の振興を図る上から申しまして、かような基礎資材、鉄鋼であるとか、セメントであるとか、そういう基礎部門の輸出の需要が非常に多いものでございますので、司令部の意向もございまして、できるだけ多くの輸出をするというので、百九十五万トンという数字に一應持つて行つたわけであります。
 以下申します二十四年度の数字のところは、ちよつと速記を止めて頂きたいと思います。
#5
○委員長(小畑哲夫君) 速記を止めて。
   〔速記中止〕
#6
○委員長(小畑哲夫君) 速記を始めて。
#7
○説明員(石原武夫君) 次は、年次別に見ました輸出入の総括表でございまして、貿易総額と輸出と輸入と入超というふうに分けて、これを終戰から二十一年末までと、二十二年、二十三年というふうに分けて書いてございます。ここで御覧願いますように、輸出は二十三年度は二億五千八百万ドルというところまで参りましたが、全体の入超額は御承知のように順次殖えて來るという傾向で、二十三年度につきましては四億二千三百万ドルという程度の入超になつております。二番目のはこれを指数化した数字でございまして、これを特に御説明をするところもないと思います。三番目に書いてありますのは、輸出実績の内訳で、これは主要なものにつきまして、今申しました全体には一應御参考に大きな品目を書いてあります。恐縮でございますが、この表で一つ御訂正を願いたいのでありますが、五番目の欄の纎維製品、それの一番右の欄でございますが、数字が入つておりませんが、そこに六一・九を入れて頂きます。その次の四は、輸入実績の内訳で、これは大きな品目につきまして今までと変つておりますところだけ出ております。それからこの裏を御覧願いたいと思います。これは主要物資の輸入実績一覧で同じような形式で出しております。下の方は、それを指数化したものでございます。本年度の数字はまだはつきりいたしておりませんが、輸入が十億から十一億の間くらいということで、目下計画中でございます。これは司令部との関係もあつて、個々の数字として出ておりませんので、はつきりした数字は分りませんが、大体十億五千万程度くらいの計画に、一応政府で作つておりますのは大体出す予定でございます。輸出に対應いたしまして、五億ドルというくらいの計画をいたしております。以上非常に簡單でございますが、一應御説明申上げて、又御質問でもございましたら……
#8
○委員長(小畑哲夫君) 如何いたしましよう。資金計画の発表を願つて、それから質疑にしますか、それとも生産計画だけで一應質疑して頂きましようか。
#9
○玉置吉之丞君 両方ともやつて頂けたら……
#10
○委員長(小畑哲夫君) 両方やつて頂かないと分りにくいですね。それではちよつとお休み願つて、安本の財政金融局の方から御説明願います。時間を節約する意味で何か質問して頂きましようか。
#11
○栗山良夫君 この案はどういうような形の、資金計画の下に推定されたのであるか、それを先ず伺つて置きたいと思います。
#12
○説明員(石原武夫君) それは先程御説明申上げましたのですが、非常に早くこれを作りまして、司令部に出す関係もございますし、第一四半期がすでに始まつておりますので、又そういう関係で予算もまだその当時決まつておりませんでしたし、資金面もはつきりした見通しが付いておりませんので、資金その他の調整が付いておりません。それで今度予算も決まりましたようですし、それに資金も見通しが付きますので、それがはつきりいたしましたら、それを訂正するつもりでございます。現在はまだ今の予算なり或いはそれに基ずく産業資金なりの関係は、これに十分織込まれてございません。
#13
○栗山良夫君 それは先程伺つて分つたのですが、二十三年度の予算と二十四年度の予算と性格的に相当大きな違いが出ておるのですが、從つてこの計画というのは大体二十三年度の予算と同じような條件の下で決まつておると、大体理解していいわけですか。そうするとこれは相当大きな変更が來る。そう取られるわけですね。
#14
○説明員(石原武夫君) 予算の面から申しますと、いろいろ例えば鋼材にいたしましても、鉄道とか、通信とかその他公共事業関係とか、その他の関係のものにつきましては全部予算よりも大きな数字が配当になつております。その点は予算の関係で調整しなければならんという点があると思いますし、それからこの計画の裏付になる資金の面につきましては、これはあとで財政金融局長がおいでになりまして御説明になると思いますが、この計画を大体やります程度の資金が付くか付かんかという点が問題でございまして、あとで詳しく御説明があると思いますが、今我々が一應聞いております限りにおきましては、御承知の見返勘定の金がどのくらい大体産業資金に廻るかということで、これの裏付の関係については、ほぼ付くのか、相当開いて來るのか、今のところは決まつておりません。御承知のように復金がなくなりまして、産業資金が見返勘定からそれに代る程度に出るということになりますと、或いは資金面から非常に大きな開きが出なければならんと思います。その点はあとで御説明があると思います。
#15
○委員長(小畑哲夫君) 速記を止めて下さい。
   〔速記中止〕
#16
○委員長(小畑哲夫君) 速記を始めて。
#17
○政府委員(小林英三君) 二十四年度におきまする生産計画に関して御説明申上げます。
 先ず、二十四年度の計画といたしましては、いわゆる昭和五年乃至九年におきまする基準年次の約七五%というものを目標といたしております。これは二十三年度、いわゆる前年度の計画に比べまするというと約一二〇%になつておるわけであります。二十四年度の計画を達成する上におきまして最も問題になりまする事項は、申上げるまでもなく、資金の問題でございます。資金の問題につきましては、私の申上げましたあとで、資金課津も來ておりますから、尚、これ以上に詳しく御質問がございましたならば、或る程度速記を止めて頂いて御説明申上げようと思つております。特にこの産業設備資金の問題につきましては各部門の要求がございます。その要求を集計いたしまするというと、大体におきまして一千四百億円以上に達しておるのであります。現在示されておりまする御承知の復金の機能縮小並びにこの貿易資金の黒字利用、これもまだはつきりいたしておりませんが、大体貿易資金の特別会計の千七百五十億円の中で、五百億とか或いは六百億とかいうようなことになると思いますが、その貿易資金の黒字利用の線におきましては、その運用如何によりましては、全体といたしまして前年度から比べまするというと、そう著しく資金不足にならないと期待しておるのでありますが、併し少なくても第一四半期或いは前半期特に不足を招きまして、産業界に著しい影響があるだろうと考えております。勿論この資金不足の下におきましては、前年度以上に効果の現われる長期設備或いは開発が先ず抑えられまして、本年度の生産のための設備の復旧或いは拡充、こういうものに重点が置かれることになりまして、本年度の生産計画の達成に全力が注がれることになるのでありますが、それでもやはり石炭の四千二百万トン、或いは鉄鋼の百九十二万トンなどの基礎部門の生産計画達成は非常に困難を加えることと存ずるのであります。それから資材の配当の面におきましては、この資金とのギヤツプが生じまするがために、一般的には左程不足を告げないと思うのでありますが、一部輸入原材料の不足が相当大きな影響を與えると思うのであります。例えて申上げまするならば、ソーダ工業の主原料でありまするところの工業塩、鉄鋼原料といたしましてのコークス用石炭、それから鉄鉱石等を初めといたしまして、石綿、黒鉛、螢石生ゴム、線花、羊毛などの輸入確保のためには格段の努力を必要といたすのであります。又國内原料の中でも、製紙用のパルプ、或いはその原木、硫化鉄、硫黄、これらの生産確保は特に留意しなくちなやらん問題と考えます。その外に一般的の問題といたしましては、労働対策、賃金問題、或いは労働効率の向上対策、價格対策というようなものがございまして、更に爲替レートの設定に対処いたしまして、企業の合理化、生産技術等によりまするコストの引下げが要請されまして、單一爲替レートの下におきまする輸出振興方策が眞劍に考究せられなければならんと考えます。
 尚、主要産業の生産計画並びにその達成上の問題の点を個別的に御説明申上げまするというと、次のようなことになるのであります。先ず、第一番に、石炭の問題でございます。石炭の本年度四千二百万トンの生産というものは、御承知のように総司令部から示されたものでありまして、これの達成のための措置を指令されておるのであります。勿論企業の三原則及び経済の九原則の線に沿いまして、これが達成に邁進しなくちやならんことは言うまでもないのでありまするが、特にその一といたしまして、メリツト・システムによりまする炭價の是正、品位の向上による絶対量の減少、メリツト・システムと申しますのは、御承知のように、從來石炭の品位の良否ということにつきまして、炭價が余り懸り離れていなかつたのでございますが、この実質の良否によりまして炭價の決定をするという、このメリツト・システムによりまする炭價の是正、品位の向上による絶対量の減少、それから第二番目に労働時間の制約によりまする出炭の減、第三番目に資金難によりまする機械化の遅延、それから炭鉱の経営の困難、これは閉鎖炭鉱の続出等の問題が予想されまして、これを克服いたしまして四千二百万トンの生産を達成するということは、決して容易なことではないと考えるのであります。
 次に、電力の問題でありまするが、資金難によりまする開発の遅延が直接本年度の発電に及ぼす影響は少いのでありまするが、火力用炭の購入が非常に困難となりまして、いわゆる資金の問用のために火力用炭の購入が困難となりまして、火力発電が抑えられますれば、地域的に相当大きな打撃を産業界に與えると思います。それから水力発電も、この冬の異常豊水は、逆に五、六月頃の異常渇水をもたらしまして、この面から本年度の計画の達成は困難視されておるのであります。即ち、この冬は例年に比べまして非常に雨量が多くて豊水でありましたけれども、逆にこの雪が少いものでありますから、五、六月頃の豊水期に逆の影響を及ぼすという結果のために、今年度の計画の達成というものはこの面から考えましても相当困難であろうと考えておるのであります。
 次は、鉄鋼の問題であります。普通鋼鋼材は伸鉄及び再圧延を含めまして、大体百九十二万トンが本年度は計画せられているのであります。この基礎となりまするところの製銑、いわゆる銑鉄を作ります計画は二百万トンでありまして、これを達成いたしますためには、現在稼動しておりまするところの高炉の八基の外に更に八基を追加する必要がございます。又平炉におきましては、現在稼動中の五十四基を極力駆使いたしまして、新規稼動は十基程度に止めるのでありますが、これだけでも約九十億円の資金を要するのであります。而も前半期にその手当を必要とするのでありまするから、この資金の確保が困難になりまするというと、百九十二万トン計画というものは大幅に縮小せざるを得ないと考えます。その他の問題といたしましては、先ず第一番に、鉄屑の回收の強化、これは今国会に確か出す筈になつておりまするが、いわゆる鉄屑の回收法というものによりまする鉄屑の回收の強化、これはいわゆる鋼屑を回收する上におきまして法律化いたしまして、そうして鋼屑の回收を強化しよう。それから第二番目は、國内の配炭と輸入原料の確保、即ち輸入の前堤といたしまして輸出の促進を図る。それから第三番目は電力の確保の問題でありますが、これは現在の配電計画におきましては、先程安本からも御説明がありましたが、約一億キロワツト・アワーの不足があるのであります。第四番目は、鉄鋼需要部門の資金の充足によりまするところの賣上代金の確保が重要問題であります。これは先般來非常に問題になつている問題であります。これを現在のような状態に放置いたしまするならば、鉄鋼業界の資金逼迫によりまする経営の著しい困難を來すと考えております。尚、五番目には、今後の大きな問題といたしまして、東亞地域から廉價な原料、燃料を豊富に日本船で運搬いたしまして、操業度の向上、企業の合理化によりまするコストの引下と並行して、日本の鉄鋼界がペイする状態を一日も早くもたらすよう、格段の努力を拂う必要があると存じます。
 それでは尚資金の面につきましては、資金課長から或る程度説明申上げますが、場合によりましてはお願いいたしまして速記を止めて頂きたいと思います。その際はよろしくどうぞ。
#18
○委員長(小畑哲夫君) ちよつとお諮りしますが、当局の要求もありますし、尚安本の方へ折衝しましたが、資金計画は只今のところ立つていないということで、経済安定委員会も今開かれているのですけれども、どなたも見えていないようであります。そこで只今から商工省側の腹案と申しますか、そういうものを発表願おうと思うのであります。速記を止めて下さい。
   午後二時三十六分速記中止
   ―――――・―――――
   午後三時三十五分速記開始
#19
○委員長(小畑哲夫君) 速記を始めて……それでは今日はこの程度にて散会いたします。
   午後三時三十六分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     小畑 哲夫君
   理事
           島   清君
           山田 佐一君
           栗山 良夫君
   委員
           平岡 市三君
           廣瀬與兵衞君
           小杉 繁安君
           境野 清雄君
           佐伯卯四郎君
           玉置吉之丞君
           駒井 藤平君
           阿竹齋次郎君
  政府委員
   商工政務次官  小林 英三君
  説明員
   経済安定本部生
   産局次長    石原 武夫君
   商工事務官
   (総務局財務課
   長)      今井  博君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト