くにさくロゴ
1949/03/29 第5回国会 参議院 参議院会議録情報 第005回国会 議院運営委員会 第7号
姉妹サイト
 
1949/03/29 第5回国会 参議院

参議院会議録情報 第005回国会 議院運営委員会 第7号

#1
第005回国会 議院運営委員会 第7号
昭和二十四年三月二十九日(火曜日)
  ―――――――――――――
  委員の異動
二月二十五日(金曜日)委員松本治一
郎君議員の資格が消滅した。
三月二十六日(土曜日)委員河野正夫
君が辞任した。
同日補欠として下條恭兵君及び宇都宮
登君を議長において選定した。
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○彈劾裁判所事務局長任命承認に関す
 る件
○控室変更の件
○社会保障制度審議会委員に関する件
○議院運営小委員予備員補欠選任の件
○自由討議に関する件
○外國爲替管理委員会委員長任命につ
 き事後承認に関する件
○職員任用の件
  ―――――――――――――
   午前十時二十三分開会
#2
○理事(川村松助君) それでは第七回議院運営委員会を開会いたします。委員長がお見えになりませんので、暫く代理をさして頂きます。本日は外國爲替の管理委員会委員長任命について事後承認の件につきまして、後刻官房長官が見えて御説明する筈でありますから、暫くその方はあと廻しにいたして、彈劾裁判所事務局長任命承認の件、これを鬼丸さんから御説明願いましよう。
#3
○委員外議員(鬼丸義齊君) 議題となりました彈劾裁判所の事務局長の件につきまして、私よりお許しを得て御説明を申上げます。彈劾裁判所の事務局長は、裁判所ができますると同時に任用いなければならなかつたのでありまするが、以來適任者を得ますことに八方手を盡くしましても容易に茂られなかつたのでありますが、今回お手許に差出しました履歴書のごとく、隈井亨氏をお願いいたしますることに内諾を得ております。当人の履歴は、この履歴書の写に書いてあります通りでございます。二十数年間裁判事務に從事いたしておりましたので至極適任かと思いますので、國会職員法の第五條の二の第一号、及び第二号に規定いたしまする資格が当然必要でございまするが、当人はその資格を持ちませんがために、同條の第四号に基きまして彈劾裁判所職員考査委員会の審査を受けまして、更に本月の二十五日に人事院の任用承認を受けまして、三月の七日付で以て中央公職適否審査委員会の公職に就きまするところの差支なき決定を受けました。これは裁判官彈劾法の十八條の規定によりまして、両院の議院運営委員会の御承認を頂かなければならんことに相成つておりまして、衆議院の方は昨日運営委員会の御承認を得たのであります。皆樣方の御檢討を頂きまして、是非ともこの際御承認を頂きたいと思います。尚司令部のOKも取ることができております。併せて御報告申上げます。よろしくお願いいたします。
#4
○矢野酉雄君 隈井さんは今鬼丸議員から御説明のように、この資格で十分だろうと思います。私賛成いたしますが追放なんかのこともこれは全部調査してありますね。
#5
○委員外議員(鬼丸義齊君) それは只今御報告いたしましたごとく三月五日付で審査を受けまして、差支なきことに決定いたしたのであります。
#6
○矢野酉雄君 全面的に賛成しますがね。その履歴書の書き方は、この大正九年四月から次の大正九年九月というところの書き方は、これは私は訂正しなければいかんと思つております。大学の間に轉学ということはありませんから、明治大学專門部に入学、例えば八月なら八月三十一日退学、中央大学專門部経済学科にこれは改めて試驗を受けて入学したのですから、決して轉学でないのです。これは常識上公式の履歴書なんかに非常に間違つて、こういう大事な裁判所なんかの事務局長になるのは、履歴書なんか間違つてはいけませんので、念のために事後の参考として申上げて置きます。これは誤謬の履歴なんです、虚僞の履歴ではないのです。
#7
○理事(川村松助君) 他にどなたか御発言ありませんか。
#8
○島清君 これは議院運営委員会の方に、この隈井さんの履歴に対して御紹介頂くのは初めてでございますか。
#9
○委員長(鬼丸義齊君) はい。
#10
○島清君 初めてでございますれば、別に申し分ないと思いますけれども、相当の地位にお就きなさいます方でございまするし、やはりこういつたような人を任命するには、ただ形式上の履歴書のみの審査でなくして、各会派の方に持ち帰りまして、各会派のそういつたような有力な方に対しまして、持つておられるところの知識を総合して、それでこの人ならば申し分なかろうといつたような、愼重な結論を得た上で御任命になつた方がよくないかと、私はこう考えるのです。別に異議があつて申上げるわけではないのです。
#11
○矢野酉雄君 今島委員の御説明は私も全く同感であります。併しこの方は随分彈劾裁判所において長い間折衝なさつて、そうしていろいろな手続なんかも相当日数を要しております。今までのここで取扱つて來たものが殆んど全部こういうような形式でやつたわけですが、島委員の御意見は次の機会において、こうした大事な人を何する場合はその精神であるとして、この問題は一應今日で御承認を願うようにしたら如何でしよう。
#12
○島清君 前以て御紹介があれば……。
#13
○理事(川村松助君) 御意見は將來尊重することにいたしまして今日は御承認願いましようか。
   〔「異議ない」と呼ぶ者あり〕
#14
○理事(川村松助君) それでは御承認を願うことにいたします。
   〔理事川村松助君退席、委員長著席〕
#15
○委員長(村上義一君) 次に控室移動の件を御審議願いたいのでありますが、これにつきまして事務次長から御説明をお聽取り願いたいと思います。
#16
○理事(近藤英明君) 控室の問題は前回の議院運営庶務関係小委員会におきまして御決定になつた件でございますが、本日中村小委員長御欠席でございますので、小委員会の経過を申上げることにいたします。
 前回の小委員会で、現在の共産党の方が人員がお殖えになりました関係上、共産党の控室と三階の諸派の控室だけを入れ替にしたい、こういう御意向に対しまして庶務小委員会では、面積等の関係からいつて妥当であろう、こういう結論が出た次第であります。当委員会の御承認をお願いしたいと思います。
#17
○委員長(村上義一君) 庶務小委員会で一通り審議檢討して案が決定しているそうでありますが、如何でございましようか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○委員長(村上義一君) 御異議ないようでありますから、庶務小委員会で決定通り決定いたします。
  ―――――――――――――
#19
○委員長(村上義一君) 次は社会保障制度審議会の委員数に関する御審議願いたいと思います。本件につきましては前々回から保留して、それぞれ御檢討を願つておつた次第であります。これは如何いたしたものでしようか。
#20
○事務総長(小林次郎君) こないだの御決議もございましたので、私衆議院の事務総長にもお傳えをいたして置きました。できますならばやはり自由党の内部で一つお話を願いたいと思いまして、そのことも衆議院の事務総長から向うへお話願うように頼んで置きました。その後まだ回答はございません。
#21
○矢野酉雄君 それは問題としてやはり檢討する余地があるから、今日ここで即決しないで懸案として延ばして下さい。
#22
○委員長(村上義一君) 只今矢野君からの御意見のごとく、本問は更に檢討を要するものとして各位又各派におかれてそれぞれ御研究願う、一應今日は保留する、そういうことで御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○門屋盛一君 異議はありませんが、ただ無期限に延ばして置くことはどうかと思います。
#24
○矢野酉雄君 三、四日中に決めるということにしたらどうでしよう。
#25
○委員長(村上義一君) 如何でしようか。無期限に延ばして置くことも如何かとも考えられますし、すでに今日まで相当の日数を経過いたしておりますし、明日正午までに意見を決める、そうしてできる限り明日或は明日午後できなければ明後日の運営委員会で決定願う、各位は明日正午までに肚を決めて頂くということで如何でしようか。御異議ございませんか。
   〔「賛成」「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#26
○委員長(村上義一君) それではそういうことにお取決め願います。
  ―――――――――――――
#27
○委員長(村上義一君) 次に議院運営小委員会の予備員として青山正一君、中村正雄君に御苦労願つておつたのですが、両者の辞任に伴いまして、その補欠を原虎一君、下條恭兵君が推薦になつておるのでありますが、御異議がなければ御了承をお願いしたいと思うのですが、如何でしようか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#28
○委員長(村上義一君) 御異議がないようでありますからさよう決定いたします。
  ―――――――――――――
#29
○委員長(村上義一君) 次に自由討議の問題について御審議願いたいと思うのでありますが、御承知のように二十六日の本会議で自由討議をするということに提出されておつた次第であります。勿論この件については提出はしてありましたけれども、総理の施政方針演説が予期されておりました。從つて続いて施政方針演説に対する質問演説が三、四日は続くだろう、その後になるという考えでただ提出してあつた次第であります。然るに明日石炭鉱業等の損失補てんに関する法律案その他が上程されますので、明日は本会議が開かれる筈であります。從いまして、自由討議を明日たとえ一両名でもやつて頂いたらどうかという問題であります。如何がでしようか、恐らく明日の議案は明日までにこの補てんに関する法律案以外も上るかも知れませんが、いずれにしましても簡單な問題だと思います。大した時間を本会議で要しないのじやないかと考えるのであります。從つて相当時間が余りますので自由討議を一名乃至二名ぐらいやつて頂いたらどうかと思いますが如何がでしようか。
#30
○事務総長(小林次郎君) ちよつと申上げますが、衆議院ではやつております。題を決めずに……。
#31
○門屋盛一君 随分延び過ぎている自由討議だからやつた方がいいと思います。
#32
○委員長(村上義一君) どうでしよう、御異議ないでしようか、やるのは……。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#33
○委員長(村上義一君) そうしますると、その題目は如何がでしようか、題目なしで進めることに御異議ないでしようか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#34
○委員長(村上義一君) それでは割当でございますが……。
#35
○参事(寺光忠君) 時間でお決めになつた方がよかろうかと思うのですが、大体全部の時間を何時間ぐらいで抑えるかという、議員一人が一分というような計算にしますと、大体四時間に全部でなるわけであります。四時間で長ければその半分にしたらいいと思います。案として一應申上げますれば、緑風会四十五分、自由党が三十分、民主党が三十分、社会党が三十分、無所属懇談会が十五分、新政クラブ十分、共産党十分というふうになりますと、大体三時間になります。
#36
○委員長(村上義一君) 只今議事部長から申上げました案、これで御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#37
○委員長(村上義一君) そうしますと明日やつて頂きますのは何会派からやつて頂くか、こういうようなことは……。
#38
○門屋盛一君 大体無題ということになつておりますが、そういうことはあるまいと思いますけれども、余りどうかと思うような議論が出て來ると困りますから、大変重要なこととか、何か適当な……。
#39
○委員長(村上義一君) 只今門屋君からの御発議がありましたが、無題であつても、とにかく参議院議員が本会議において自由討議ということなんであります。重要なる國政に関する問題であることは、これは勿論だと思いますのでこの点御異議ないことと拜察しますが、如何でしようか。重要なる國政に関してというくらいにして、極めて抽象的でありますが。(「異議なし」と呼ぶ者あり)
#40
○委員長(村上義一君) 御異議ありませんようですからさようにお願いいたします。尚どの会派にお願いするか或いは何人にして頂くかというようなことは、小委員会でお取り決め願つた方が妥当なように思うのでありますが……。(「異議なし」と呼ぶ者あり)
#41
○委員長(村上義一君) 御異議ないようですから、小委員会の方でどうぞお願いいたします。
  ―――――――――――――
#42
○委員長(村上義一君) 尚最後に外國爲替管理委員会の委員長任命について事後承認を求められております。これについて政府を代表され官房長官からこの実情について了解を得たいということで発言を求められておるのでありますが、只今閣議中で官房長官が発言中であるそうであります。
#43
○事務総長(小林次郎君) このことは実はこの前の運営委員会の際に、何故に事前にこちらへ諮らずに事後承認を求めるようなことになつたかその経過を聞きたい、こういう御注文がございまして、それを内閣の方に申し傳えました。今日官房長官が参つて御説明する筈でございますけれども、只今委員長から仰せの通り、只今発言中とのことであります。その理由は私聞きましたところでは、メモランダムが來たから止むを得ずやつた、こういうことであります。
#44
○門屋盛一君 事務総長相手に質疑應答をやつてもしようがないですが、大体今私ら野党になつてこれを言うと皮肉になるけれども、すべてのことが参議院に対する政府のやり方がどうも軽く扱つておる。現実に考えても軽く扱つておる。私はこの前欠席しておつたのですが、この前の委員会で問題になつたことであつて、國会から通知があつたならばこちらの運営委員会の開会時刻と閣議と一緒になつて、出られないなら出られないからと言つて來る筈のものですが、ちよつとどうもそれがこの問題は事後承認せんならんようになるだろうと思うのですけれども、面白くないし、それから衆議院でも相当もめておるのですけれども、多数で押切つておるようです。こういう際に一番國の政治を危うくする虞れのある時ですから、参議院は参議院としての嚴格なる批判の下にやらなければならんことだと思います。そういう建前でいかなければならんと私は考えております。参議院と衆議院とで政府の考え方を差別していることは事実なんでございます。この問題だけでなしに、例えば予算案審議の経過、総理大臣の施政方針に対することでも昨日衆議院を傍聽しておつても、公平に批判して政府の方は横着です。あの決議案が出ても政府の所信と審議の経過ということは、誰かがあすこで話して説明後に決を採るべきものである。一つも説明をせずにただ多数で押切つている、こういう行き方では國民として面白くない。ましてこの参議院は一つの國会である以上は、この前も大臣が先ずに官房長官だけ來て、ここで何か問題があつたときに話があつたが、今日は全然來ない。國会がいらんようにされるなら、(笑声)こんなことは笑いごとじやすまないと思うのですが……。
#45
○委員外議員(兼岩傳一君) 僕は只今の門屋君が言われたことに非常に賛成なんですが、もつと眞面目に考えまして、こういうような外國爲替、外國取引の重要な委員を政令で出したということが、非常に問題になると思うのです。どうして法律で出されなかつたか。法律で出して貰えば門屋君の言われたこともみんな解決する。我々はこういうものが政令で出ているということに反対したいと思うのです。
#46
○門屋盛一君 兼岩委員の言われたのは、法律案を問題にしているのですが、ここにもつて來られたのは委員長の事後承認で、事務総長と議論しても始まらんが、メモランダムが來たから誰かを委員長にせよといつて來たけれども、國会再開中だから事前の承認の道は十分あつたと思う。これは多数派横暴の何がここに現れて來ているわけです。
#47
○委員長(村上義一君) 如何でしようか、これはいずれにしても政府の説明を求めなければならん問題だと思うのであります。政府は然るに誰も見えません。この問題はまあ保留して置いたらどうかと思うのですが、如何でしようか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#48
○委員長(村上義一君) ……他に委員の方で何か御意見がありましたら承わりたいと思います。
   〔門屋盛一君発言の許可を求む〕
  ―――――――――――――
#49
○委員長(村上義一君) 尚ちよつとお待ち願いたい。労働委員会の調査員についての問題で承認を求めて参りました。これを一つ御審議願いたい。
#50
○参事(近藤英明君) 労働委員長から先般調査員の候補者として松川吉治君を御推薦になりましたのですが、その後本人の都合で手続進行途中辞退されましたので、代りとして労働委員長から、更に大輪宣方君、大正三年生れ、東京大学の社会学科で社会学、社会調査とを專攻された方であります。東京大学を昭和十四年三月に卒業になり、日本旅行社、大日本航空株式会社、南方航空輸送部等に勤務されまして、主として労務管理のことを担当しておりました。それから終戰後同社を引退されて昭和二十一年十二月十日から文壽堂印刷株式会社に入りまして、労務管理、労働調査、労働対策を担当をせられているようでございます。これは労働委員会としては二級の調査員に採用いたしたい。こういうようなお申出になつております。そして人事院の内審査を受けましたが、人事院におきましては二級官待遇の資格ありということでありました。
#51
○委員長(村上義一君) 只今お聞きのような経歴の方でありますが、承認いたしてよろしうございますか、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#52
○委員長(村上義一君) それでは委員長より申出の通り承認することにいたします。他に御意見がないようでありますから……。
#53
○門屋盛一君 私はこの國会では非常に予算審議等も日にちがないし、このままで議事を円滑に進めて行く上から、今後こういうことのないように、これは政府をいじめるのでなく、政府に忠告をする意味を含めて警告して、この委員会の決議によつて、今後こういうことのないように、衆議院運営委員会に対しても参議院に対しても同樣の考え方で手続をやるということを、この委員会の決議として警告を発しておきたい。これは政府をいじめる意味でなしに、この短い期間にすべてのことをやらされなければならないということを見えすいております。スムースに行くためにそういうことは絶対必要であります。皆さんの御賛成を得て委員会として一應警告を発する必要があると思います。
#54
○委員長(村上義一君) 今門屋君の御発言がありましたが、御意見如何でしようか。
#55
○島清君 同感。
   〔「賛成」と呼ぶ者あり〕
#56
○委員長(村上義一君) 御異議ないようでありますから、この方法を採ることにいたします。
  ―――――――――――――
#57
○委員長(村上義一君) 先刻保留しておりました外國爲替管理委員会委員長任命につき事後承認の件でありますが、只今増田官房長官が御出席になりました。この事後承認を事前に承認を求めることができなかつた事情、その他についてお話がある筈であります。
#58
○島清君 ちよつと官房長官のお話を承わる前に、保留になりました前提として、次回に保留するという意味であつたと思うのです。これは官房長官が本日でも出られた場合に、後刻お話を承わつて決定するという意味ではなくして、次回の方に持つ越す、こういつた意味で保留したと思うのです。でございますから、意地の惡いことを申上げるようで甚だ恐入りますが、折角お越しを願いましたけれども、今日はこれだけにして後日決定した方がいいと思います。委員会の決定通りに……。
#59
○委員長(村上義一君) 如何なものでしよう。先刻委員長の言葉が或いは足らなかつたかと思いますが、諸君において次回という強いての御意見がありますれば、次回においてしたいと思いますが……。
#60
○門屋盛一君 私は委員長のお言葉が解せないと思います。強いての御意見と言つておりますが、委員会において本件は政府の出席がないから次回に保留する。次回とも如何とも保留するということになつております。だから島議員の発言は、委員会の権威を保つ上において委員会が決定したことなんです。この委員会においていじめられているのですが、増田官房長官の顏を見た途端に、これは困つたと思つたのです。私は政府に対する警告が御決定になつた際に、折り目切れ目なしに聞くということは委員会の権威にかかわる。私この際は決定通りやつてもらわなければいかんと思います。
#61
○委員長(村上義一君) 皆さんの御意見が決定通りに実行するという御意見のようでありますから、これは次回に更に政府から説明を聞くことにいたしたいと思います。
 他に御意見はありませんでしようか。御意見ないようでありますから議院運営委員会は散会いたします。
   午前十一時一分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     村上 義一君
   理事
           川村 松助君
   委員
           島   清君
           下條 恭兵君
           城  義臣君
           門屋 盛一君
           鈴木 順一君
           宇都宮 登君
           岡部  常君
           岡元 義人君
           矢野 酉雄君
           佐々木良作君
           小川 久義君
  委員外議員
           鬼丸 義齊君
           兼岩 傳一君
           千田  正君
  ―――――――――――――
   議長      松平 恒雄君
  ―――――――――――――
  政府委員
   内閣官房長官  増田甲子七君
  事務局側
   事 務 総 長 小林 次郎君
   参     事
   (事務次長)  近藤 英明君
   参     事
   (記録部長)  小野寺五一君
   参     事
   (議事部長)  寺光  忠君
   参     事
   (委員部長)  河野 義克君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト