くにさくロゴ
1949/05/06 第5回国会 参議院 参議院会議録情報 第005回国会 運輸委員会 第13号
姉妹サイト
 
1949/05/06 第5回国会 参議院

参議院会議録情報 第005回国会 運輸委員会 第13号

#1
第005回国会 運輸委員会 第13号
昭和二十四年五月六日(金曜日)
   午後二時三十分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○日本國有鉄道法施行法案(内閣送
 付)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(板谷順助君) 只今より運輸委員会を開会いたします。日本國有鉄道法施行法案が予備審査のため付託されていますので政府より提案理由の説明を願います。
#3
○政府委員(加藤常太郎君) 只今から日本國有鉄道法施行法案の提案理由について御説明申上げます。
 日本國有鉄道法は、先に本國会におきましてその施行期日を延期することに決定せられいよいよ六月一日を以て日本國有鉄道が発足する次第でありますが、言うまでもなく日本國有鉄道は從來政府が預つて参りました國有鉄道及びこれに関連する諸種の事業を包括的に政府から引き継ぎまして経営するものでありますので、この日本國有鉄道法を施行するに当りましは、種々の法的措置を必要とするわけであります。即ち、先ず第一には、職員の引継、財産その他一切の権利義務の承継、余計上の整理等、政府から日本國有鉄道への引継に関する問題であります。第二には、從前の官制の廃止、特別会計法の廃止、或いは関係法律の読み替え等、日本國有鉄道の設立に伴う関係法令の改廃の問題であります。第三としましては、日本國有鉄道の監理委員会の委員及び総裁の任命についての備準的措置の問題であります。これらの問題を項目別に簡單に御説明いたしますと、先ず最初の職員の引継につきましては、現に運輸省の職員であつて、國有鉄道及びこれに関連する事業に関係してる者は、原則として全部引き継ぐことを建前としたいと考えております。権利義務の承継につきましては、現に國有鉄道及びこれに関言する業務に関して國の有している権利義務は、これ又原則として一切承継したいと考えているのであります。又会計上の整理につきましては、種々の細かい手続上の問題がありますが、建前としましては、日本國有鉄道設立の前日における國有鉄道事業特別会計の資産及び負債の全部を引き継ぐこととし、所要の整理上の措置を規定しているわけであります。これに関連しまして、日本國有鉄道の資本金の額も当日における國有鉄道事業特別会計の資産の價額から負債の金額を控除した額に相当する金額即ち四十九億円余となるわけであります。
 次に関係法令の改廃につきましては、日本國有鉄道は運輸省から分離独立することになりますので、從前の官制を廃止するとか國有鉄道事業特別会計を廃止するとかの措置が必要とされると共に、一方日本國有鉄道は一應國とは人格上別個の独立体となります関係で、從前の法律を読み替えたりするために所要の改正を必要とする必要があるわけであります。最後に日本國有鉄道の監理委員会の委員及び総裁の任命についての事前措置でありますが、これは日本國有鉄道法の施行が六月一日でありまして、その時期に國会が開会中でないことが考えられますので、それに対処し、日本國有鉄道の発足に支障ないようこの準備的措置が必要となるわけであります。日本國有鉄道法によりますと、御承知のように、総裁の任命のためには、その前提として監理委員会が成立していなければならないのでありますが、この監理委員会の委員の任命については、日本國有鉄道法施行後において、國会の御同意を要することになつておりますので、若しその時期に國会が閉会でもされておりますと、御同意を得ることができず、ために監理委員会も成立せず、從いまして総裁もその他の役員も任命できないことと相成りまして、日本國有鉄道の六月一日からの発足にも支障を來す事態に立ち至るのであります。このようなことを惧れましてその対策と致しまして日本國有鉄道法の施行前に將來監理委員会の委員となるべき者を正規の委員の任命の方式と同一方式で指名して置き、又これらの者に推薦によつて総裁となるべき者をも指命して置きまして、日本國有鉄道法の施行と同時に別段の任命の手続を要せず正式の委員及び総裁となり得るよう規定したのであります。このように措置することによりまして、日本國有鉄道は何らの支障もなく発足し得ることとなるわけであります。
 以上が日本國有鉄道法施行法の制定の趣旨と内容であります。何とぞ愼重御審議の上速かに可決あらんことをお願申上げます。
#4
○委員長(板谷順助君) それではこれより質疑に入ります。速記を止めて。
   午後二時四十分速記中止
   ―――――・―――――
   午後三時四分速記開始
#5
○委員長(板谷順助君) 速記を始めて。それでは本日はこれにて散会いたします。
   午後三時五分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     板谷 順助君
   理事      小野  哲君
           丹羽 五郎君
   委員      内村 清次君
           大隅 憲二君
           飯田精太郎君
           高田  寛君
           結城 安次君
  政府委員
   運輸政務次官  加藤常太郎君
   運輸事務官
   (大臣官房長) 芥川  治君
   運輸事務官
   (大臣官房考査
   室長)     足羽 則之君
   運輸事務官
   (鉄道総局長
   官)      加賀山之雄君
   運輸事務官
   (鉄道総局業務
   局長)     藪谷 虎芳君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト