くにさくロゴ
1965/02/08 第51回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第051回国会 議院運営委員会 第8号
姉妹サイト
 
1965/02/08 第51回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第051回国会 議院運営委員会 第8号

#1
第051回国会 議院運営委員会 第8号
昭和四十一年二月八日(火曜日)
   午前十一時四十九分開議
 出席委員
   委員長 塚原 俊郎君
   理事 佐々木秀世君 理事 坪川 信三君
   理事 伊能繁次郎君 理事 草野一郎平君
   理事 金丸  信君 理事 滝井 義高君
   理事 中嶋 英夫君 理事 安宅 常彦君
   理事 鈴木  一君
      鯨岡 兵輔君   小宮山重四郎君
      田中 六助君    竹内 黎一君
      西岡 武夫君    西村 関一君
      藤田 高敏君
 委員外の出席者
       議     長 山口喜久一郎君
        副  議  長 園田  直君
        議     員 谷口善太郎君
        事 務 総 長 久保田義麿君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 予算委員会の公聴会開会承認要求の件
 裁判官訴追委員辞職の件
 裁判官訴追委員の選挙
 各種委員の選挙
 中村運輸大臣の全日空機の遭難事故についての
 発言に対する質疑に関する件
 次回の委員会等の件
     ――――◇―――――
#2
○塚原委員長 これより会議を開きます。
 まず、公聴会開会承認要求の件についてでありますが、去る四日、予算委員長から、昭和四十一年度総予算について公聴会を開会いたしたいとの申し出がありました。
 総予算については、国会法第五十一条第二項の規定によりまして、公聴会を開かなければならないことになっておりますので、この申し出は承認すべきものと議長に答申するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○塚原委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○塚原委員長 次に、裁判官訴追委員辞職の件及び同委員の選挙、並びにお手元の印刷物にあります各種委員の選挙につきましては、次回の本会議においてこれを行なうこととするに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○塚原委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
   各種委員
○鉄道建設審議会委員
 矢尾喜三郎君(社) 四〇、二一、一九任期満了につき再任
○国土総合開発審議会委員
 徳安 實藏君(自) 田村元君及び三池信君常任
 福田 繁芳君(自) 委員長就任、解職につきその後任
○東北開発審議会委員
 野原 正勝君(自) 志賀健次郎君辞任申出につきその後任
○九州地方開発審議会委員
 中馬 辰猪君(自) 福永一臣君辞任申出につきその後任
○四国地方開発審議会委員
 關谷 勝利君(自) 小笠公韶君辞任申出につきその後任
○中国地方開発審議会委員
 高橋 禎一君(自) 砂原格君常任委員長就任、解職につきその後任
○北陸地方開発審議会委員
 坪川 信三君(自) 福田一君常任委員長就任、解職につきその後任
○豪雪地帯対策審議会委員
 南  好雄君(自) 木村武雄君及び福田一君常
 松澤 雄藏君(自) 任委員長就任、解職につきその後任
○離島振興対策審議会委員
 櫻内 義雄君(白) 田村元君常任委員長就任、解職につきその後任
○首都圏整備審議会委員
 島村 一郎君(自) 天野公義君常任委員長就任、解職につきその後任
○北海道開発審議会委員
 安井 吉典君(社) 松浦定義君及び山内広君辞
 泊谷 裕夫君(社) 任申出につきその後任
○海岸砂地地帯農業振興対策審議会委員
 塚田  徹君(自) 小沢辰男君辞任申出につきその後任
○畑地農業改良促進対策審議会委員
 伊東 正義君(自) 八田貞義君常任委員長就任、解職につきその後任
    ―――――――――――――
#6
○塚原委員長 次に、昨日中村運輸大臣から、全日空機の遭難事故について発言の通告が参りました。
 本件は、理事各位の御了承を得、本日の本会議において行なうことになりましたので、御了承願います。
 右の発言に対し、自由民主党の田邉國男君、日本社会党の井岡大治君及び民主社会党の内海清君から質疑の通告があります。
 質疑時間は、おのおの十五分程度とするに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○塚原委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
    ―――――――――――――
 全日空機の遭難事故について
          運輸大臣 中村 寅太君
   質疑
 総、大、運      田邉 國男君(自)
 総、大、運、農    井岡 大治君(社)
 総、運        内海 清君(民社)
    ―――――――――――――
#8
○塚原委員長 それでは、本会議は、午後二時五十分予鈴、午後三時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#9
○塚原委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、公報をもってお知らせいたします。
 また、次回の委員会は、来たる十一日金曜日午前十一時理事会、理事会散会後委員会を開会いたします。
    ―――――――――――――
#10
○西村(関)委員 参議院の秘書のピストル事件に関しまして、秘書の適正化、議員活動の半身ともいうべき秘書の取り扱いについては、世論も非常に高まっている際であります。理事会においては、この問題について衆議院としての態度をどうするかということについての話し合いがあるようでありますが、この委員会においては、まだ一度もそれが触れられていないと思います。委員長においてどういうふうなお考えであるか、その点をお伺いして、やはり衆議院としての態度を出すべきではないかと思います。
#11
○塚原委員長 この問題は、院の秩序を保ち、また国会の権威を高からしめる意味においても、非常に重要な問題でありますので、過般の理事会においてもいろいろと真剣な討議が行なわれました。理事会、委員会、特に院内警察小委員会、また国会法の問題にも関係がありますので、その小委員会、こういった委員会におきまして今後とも審議を進めろというお話になっておりますので、御了承願いたいと思います。
 本日は、これにて散会いたします。
   午前十一時五十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト