くにさくロゴ
1947/11/01 第1回国会 参議院 参議院会議録情報 第001回国会 本会議 第43号
姉妹サイト
 
1947/11/01 第1回国会 参議院

参議院会議録情報 第001回国会 本会議 第43号

#1
第001回国会 本会議 第43号
昭和二十二年十一月一日(土曜日)
   午前十時三十六分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
 議事日程 第四十二号
  昭和二十二年十一月一日
   午前十時開議
 第一 昭和二十二年度一般会計予算補正(第五号)(委員長報告)
 第二 昭和二十二年度特別会計予算補正(特第二号)(委員長報告)
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議長(松平恒雄君) 諸般の報告は御異議がなければ朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#3
○議長(松平恒雄君) これより本日の会議を開きます。日程第一、昭和二十二年度一般会計予算補正第五号、日程第二、昭和二十二年度特別会計予算補正特第二号、以上両案を一括して議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(松平恒雄君) 御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。予算委員長櫻内辰郎君。
   〔櫻内辰郎君登壇、拍手〕
#5
○櫻内辰郎君 只今議題となりました昭和二十二年度一般会計予算補正第五号及び昭和二十二年度特別会計予算補正特第二号案の予算委員会における審議の経過並びに結果を御報告いたします。
 去る十月三十一日愼重に審議いたしまして、質疑應答の後討論に入り、採決の結果、全会一致を以て原案通り可決すべきものと決定いたしたのであります。さて、この両案は國会議員に対する特別手当に必要なる経費、政府職員等の給與に必要なる経費及び終戰処理費に関し、経理の現況に顧みまして、既定予算の不足につき、差当り必要といたします経費の追加につき、他の部分と切離し、昭和二十二年度一般会計予算補正第五号及び昭和二十二年度特別会計予算補正特第二号として提出せられたものであります。
 先ず一般会計予算補正について、その内訳を申上げますと、國会議員に対する特別手当支拂のため差当り必要な経費、千四万四千円は、今次國会において成立しました昭和二十二年法律第九十五号に基ずき、國会議員に対して特別手当が支給されることと相成りましたために必要な経費であります。又政府職員等の給與に必要な経費につきましては、本年七月以降、いわゆる千八百円水準によることとなつておりまして、その一部といたしまして、これに関する法律案及び予算案について、別途に審議いたしました次第でありますが、既定予算の不足の状況に顧みまして、更に概ね本年十一月までの所要額について生ずる不足額を差当り追加計上せられた次第でありまして、その総額は十二億五千三百五十一万七千円であります。その内訳を申上げますると、國会、裁判所職員及び政府機関職員の給與に関し、既定予算の不足を補うため差当り必要な経費七億三千五十九万六千円、地方警察費國庫負担金の増加一億三千四百八万七千円、小学校及び新制中学校職員の給與補助に関し、既定予算の不足を補うため差当り必要な経費三億四千百三十四万一千円、地方公共團体における國庫補助職員の給與に関し、既定予算の不足を補うため差当り必要な経費四千二百六十五万二千円、厚生保險特別会計及び農業家畜再保險特別会計所属職員の給與に関し、既定予算の不足を補うため差当り必要な経費の一部を一般会計において負担するため、四百八十四万一千円と相成つております。
 次に終戰処理費についてでありますが、その既定予算額は二百七十億円でありますが、本年七月の新物價体系に基ずく公定價格の改正等によりまして、兵舎、住宅の新営費、物品購入費及び諸施設費等の増加のため、既定予算に相当多額の追加を必要といたしますが、既定予算は概ね十月中にすべて支拂済みと相成るものと考えられますので、差当り五十億円の追加を計上せられた次第であります。
 この一般会計歳出予算追加額の財源といたしましては、増加所得税の増収見込額六十億円、遊興飮食税の増収見込額四千七百万円、昭和二十年度以前に事業年度の終了した法人に対する臨時利得税の内、本年度の収入見込額一億五千八百万円、競馬会納付金の増加見込額四千二十万九千円、昭和二十年度剰余金の受入千八百三十五万二千円と相成つておるのであります。
 次に特別会計予算補正について申上げますと、特別会計所属職員の給與に関し、既定予算の不足を補うため差当り必要な経費は各会計を通じまして、合計二十三億四千七百二十四万五千円でありますが、この内既定予算の予備費を減額修正いたしまして、財源に充当いたします額が一億七千二百二十万四千円ありますので、結局歳出の増加額は二十一億七千五百四万一千円と相成ります。主な会計について職員の給與のため必要な追加額を申上げますと、印刷局特別会計千八百六十八万円、專賣局特別会計六千百九十七万五千円、食糧管理特別会計六千六百十二万四千円、國有林野事業特別会計三千七百六十二万二千円、國有鉄道事業特別会計十二億六千六百五十六万八千円、通信事業特別会計八億六千七十一万五千円、造幣局その他の特別会計三千五百五十六万一千円と相成つております。而してこの財源といたしましては國有鉄道事業収入より繰入れ十一億八千六百六十八万七千円、通信事業収入より繰入れ八億一千九百三十四万二千円、印刷局作業収入千八百六十八万円、その他の事業収入金千七十万一千円、アルコール專賣事業その他の既定予算の歳入超過額千二百十八万八千円、國有鉄道及び通信事業におきまして公債金収入一億二千百二十五万四千円、貿易資金会計の借入金百三十四万八千円、一般会計より受入四百八十四万一千円、並びに予備費の減額修正により充当額一億七千二百二十万四千円であります。
 本案審議に当りましては、先ず政府委員より詳細なる提案理由の説明があり、一二委員より簡單なる質疑があり、直ちに討論に入りましたが、別に発言もなく採決いたしましたところ、全会一致を以て原案通り可決いたした次第であります。尚政府より先きに國会に提出せられたる昭和二十二年度一般会計予算補正第二号案は、これを撤回する旨の報告がありましたから、さよう御了承をお願いいたします。以上御報告申上げます。
#6
○議長(松平恒雄君) 別に御発言もなければこれより採決いたします。両案全部を問題に供します。両案に賛成の諸君の起立を請います。
   〔起立者多数〕
#7
○議長(松平恒雄君) 過半数と認めます。よつて両予算案は可決せられました。これにて本日の議事日程は終了いたしました。次会の議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。
   午前十時四十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト