くにさくロゴ
1947/11/10 第1回国会 参議院 参議院会議録情報 第001回国会 本会議 第48号
姉妹サイト
 
1947/11/10 第1回国会 参議院

参議院会議録情報 第001回国会 本会議 第48号

#1
第001回国会 本会議 第48号
昭和二十二年十一月十日(月曜日)
   午前十時三十五分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
 議事日程 第四十七号
  昭和二十二年十一月十日
   午前十時開議
 第一 國務大臣の演説に関する件(第三日)
 第二 昭和二十二年度一般会計予算補正(第六号)(委員長報告)
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議長(松平恒雄君) 諸般の報告は御異議がなければ朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#3
○議長(松平恒雄君) これより本日の会議を開きます。お諮りいたすことがございます。一昨八日、稻垣平太郎君より予算委員を、鈴木順一君より司法委員を、中井光次君より國土計画委員を、櫻内辰郎君より財政及び金融委員をそれぞれ理由を附して辞任の申出がございました。許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(松平恒雄君) 御異議ないと認めます。つきましては、その補欠として、鈴木順一君を予算委員に、前之園喜一郎君を司法委員に、田中信儀君を國土計画委員に、尾形六郎兵衞君を財政及び金融委員に指名いたします。
     ―――――・―――――
#5
○議長(松平恒雄君) 日程第一、國務大臣の演説に関する件(第三日)、これより質疑を許します、寺尾豊君。
   〔寺尾豊君登壇、拍手〕
#6
○寺尾豊君 私は日本自由党を代表いたしまして、去る日、栗栖大藏大臣の御説明になりました追加予算案に対する問題について、主として前質疑者と重複をいたしません点について若干質疑を申上げますると共に、片山首相並びに関係大臣よりの適切なる御答弁をお願いを申上げたいと存じます。ただ私のここに甚だ遺憾とするところは、本日あいにく栗栖藏相が御病氣のために御欠席をされたことであります。心ゆくまで藏相の……(「本題に入れ」と呼ぶ者あり)先ず聽け。財政施策に対する抱負を聽かんといたしましたけれども、そのことの希望の容られませんことを誠に残念に思う次第であります。
 栗栖藏相も言われましたように、本追加予算は、形式的にはその歳出入のバランスにおいて、むしろ歳入増加の形を以て健全財政という形態を整えておるということが言えましよう。併しこれを実質的な面から十分に檢討をいたして見まするならば、内容的に何ら健全財政としての満足すべき点がないということは、前質問者のすでに指摘せられた通りであります。私はこの際この提出されましたところの追加予算が果して健全財政を堅持しておるものか否かということについて、以下若干の質疑をいたしたいと思います。
 第一にお尋ねしたいこと、それは追加予算の編成に当つて、政府は日本経済と世界経済との関連をいかにお考えになつたかということであります。敗戰後二年、貿易の再開が日本封鎖経済をして再び世界経済に関連を持つに至らしめた。対外の情勢の変化は、ただ單に國内経済の均衡のみを以てして國民経済の安定を期することはできません。國民経済の実質的な内容が終局において対外信用の基礎となるものであり、日本経済における生産力は、世界経済における世界生産力の一環として嚴粛な評價が下さるべきものであるということを認識しなければならないと思うのであります。(拍手)かかる観点よりいたしまして、為替レートも程遠からず決定をされんといたしております今日、國民経済に最も重大影響を與えまする國家財計の面において、政府はこの厖大なる追加予算編成に当つて、何ら政治的な努力を拂つた形跡がないということを誠に遺憾に感ずる次第であります。即ち本追加予算が可決施行せられたる暁におきましては、國民経済の一角に大消費者を迎えることになり、更に苦境に陥れるのではないかと心痛をいたすのであります。(拍手)何故ならば、本追加予算案は消費経済を刺戟するのに十分であるかも知れませんけれども、國民経済におけるところの再生産を何んら刺戟し得ないからであります。(拍手)これは過ぐる太平洋戰爭における軍費が何ら國民経済の再生産をせずして、徒らに消耗にのみ國家予算が消費せられて、遂には御承知の通り國民経済が崩壞をしてしまつたという例と大同小異でありましよう。國家の財計は國民経済に規制せらるべきものであり、國民経済は世界経済に連繋を持つものであります。片山首相は國民に耐乏生活を求められ、その耐乏生活の後には生活の安定と希望とを約束して置きながら、何らの生産を伴わないところのかかる厖大なる予算を國会に提出され、國民経済の基礎を揺がすがごときは、日本経済における対外信用の基礎をますます貧弱ならしむるものと断ぜざるを得ないのであります。(拍手)このことを卑近な例に取りますならば、恰かも冬の寒い晩に、火の消えた、釜火のないぬるい風呂に國民を入れて置いて、今に温まつて來るから我慢せよというのと何ら変りはありません。(拍手)火のない釜の湯は沸きますまい。生産なき國家の再建はあり得ないのであります。(「ヒヤヒヤ」と呼ぶ者あり)、(拍手)片山首相はいかなる施策を以て新たに世界経済に繋がりを持ち得たところの我が日本経済の信用を回復せられんとされるか。御答弁をお願い申上げたい。
 次に私は追加予算の概念の問題でありまするが、國家の歳入歳出は、毎年本予算において当初に示されるべきであることが原則になつておることは言うまでもありません。これはいわゆる日本経済の年間におけるところの規模の骨子を形成する大きなフアクターであります。然るに本予算において規定をせられた國家財計が、本予算以上のフアクターを追加予算において規定をするならば、日本経済の基礎は或る意味において根柢から覆されると言わなければなりません。從つて國民経済は何らかの形において不健全な歩みを辿らなければならないことは明らかであります。即ち日本経済の生産力は異常的に上昇下降をするものではなくして、常に一定の基準能力を維持培養するの方向に進ましめなければならないと思うのであります。政府はみずから本予算の本質を國民経済中に軽視することによつて、ますますインフレを助長しておるということも言えるのであります。若し政府が会計年度の当初において毎年の歳計を予定する能力に欠けておるならば、予め本予算の國民経済に與えるウエートをみずから放棄して、追加予算主義に則つて、國民経済を自由なる運行に委ね、統制経済の根本的改廃を行うことが必要であります。況んや國家による計画経済の実質的矛盾をこの際十分に認識をされて、國家みずからが計画を破り國民経済を苦痛に追い込むことを避けなければなりません。政府は本予算と追加予算の関係を今後においていかに扱われるか。これは大藏大臣に御答弁を願いたいのでありますけれども、お見えになりませんから、政務次官にお答えを願います。
 今一つは、消耗予算の経済に及ぼす影響と政府のこれに対する施策をお聽きしたいのであります。和田安本長官が全霊を打込んで御努力をなさつていらつしやるところの新物價体系も、本予算が施行せられた曉においては、私は到底維持できまいと思うのであります。否、聞くところによりまするというと、安本の方でもすでに三月物價改訂は必至であるといつたように考えておられるように言われておりまするが、果していかがでありましようか。過ぐる六月、七月、八月、九月、十月、十一月の六ヶ月間のこの千八百円ベースの内容について見ましても、六月には千六百円のベースの差額の確か二ヶ月分と思いました。七月にはその三ヶ月分、九月には凸凹調整の追加金と称するものが一月から九月分まで、十月は千八百円のベースの三ヶ月分、十一月にはその二ヶ月分といつたようなふうに、追加金を加えまするというと、すでにこの過ぐる六ヶ月の分が二千円を遙かに上廻つておるという状態である。これがこの一年の総決算をやろうという十二月に、何らの追加金もなくして千八百円で年が越せますか。越せませんか。私が言うまでもないと思うのであります。(拍手)この点について、実際は守れておらんでも、横車でも何でもよいから一つこれをどこまでもやり通す、言い通すとこうおつしやるのか。長官のお肚をお聞かせ願いたい。(拍手)而も労働者の生活難から來るところの眞劍な叫びには、いかに長官が頑張つて見たところで、この千八百円のベースは破られることは当然であると私は思います。かかる原因の根本は、消耗予算の厖大なる放出が國民経済を圧迫する点から起るのであります。國家は國民経済を保育し、むしろ消耗を制して再生産を刺戟すべきであると深く信ずるものであります。(拍手)生産なくしては國家も國民も経済的安定を期することはできないことは、今更私が先輩の皆樣方に申上ぐるまでもないことであります。然らば現下の生産の面がどういうふうな状態になつておるか。これ亦申上げるまでもないと思いますけれども、産業の融資を手控えられて、各金融機関は勿論、農山漁村を扱つておるところの農林中央金庫のようなものでも一切貸出を中止しておる。大藏省からの貸出の指令許可がないことにはどうにもならんといつたようなうまい理由を附けて、一切貸出をしない、殊に重大な使命を持つておるところの復興金融金庫のごときものは、これ亦同じように、特殊の基礎産業であるとか、重点的と称する僅かの産業の方面にのみしか融資をしておりません。大藏大臣がお見えになれば申上げたいと思いましたが、大藏大臣の過日のお話には、復興金融金庫は赤字のあるような企業に対しては一切融資をせんということを言うておる。とんでもないこれは暴論であります。私は昨年衆議院において復興金融金庫法案の審議もいたしました。又復興金融金庫の設立委員をも拝命をいたしました。お釈迦さんに説法ではありませんが、復興金融金庫ができまするときに、いろいろ論議をしました。而も確かその第一條に、他の金融機関の融資しかないものに対して融資をするということが復興金融金庫の設立のいわゆる趣旨であります。(「その通り」と呼ぶ者あり)(拍手)それはどういう意味か。石橋‥‥石橋さんのことを言うと又いろいろ彌次が飛ぶかも知れませんが、(笑声)時の藏相ともいろいろ話をして、例えば今日本のこの復興に対して必要な産業のために金を貸す。そうして仕事はやるが、敗戰後の日本の状態としては原價も高くなる。なかなか將來まで果してうまく行くか。殊に貿易の再開等によつて安い品物が入つて來るようになれば立たなくなるがどうだ。それでもいい。そこが現在必要なところの、復興に必要なために貸すのであるから、普通の金融機関が貸したならば採算も採れない、或いは回収もできないという意味において、これも今金を貸さなかつたならば日本の復興はできないのであるから、たとい將來若しも返却ができんようになる、いわゆる非常に將來見込の惡くなるような事業でもよろしい。これに貸すことが復興金融金庫の使命であるという、これが私共が復興金融金庫法を通過さしたそのときの趣旨であります。大藏大臣に言わして見るというと、赤字を今出しておるようなものには一切今貸出をしないということであるが、とんでもないことである。これは殊に中小企業を中心にして、この復興を以て日本の再建をしなければならんということのこの絶対的な方針の下に、復金が全國の企業に対して、より理解を持つならば、かような暴論は言えない筈であります。又当時もう一つの問題として、大藏省は押し切つてこの復興金融金庫を主管したかつたのであります。併し私共は貸出の際、計画をした場合に、その事業というものが果して正しい必要な事業であるか、又將來伸び行くものであるか、見込のあるものであるかといつたようなことを判断するためには、失礼ではあるけれども、大藏省の事務屋さんだけでは判断ができない。そうすれば貸出に非常に日にちが掛かる。これはこの方に経驗を持つておるところの商工省が共管に一枚加わつていなければならない。要すれば貸出の窓口に一つテーブルを置いて、計画をして來たものを商工省関係の技術者が調べて、直ちに時機を失することなく、絶妙なる融資の方法をしなければならんという意味で、商工、大藏の共管にしたものであります。水谷商工大臣は、恐らく、共管で復金の貸出に対しては大藏大臣と同等な責任があるということは、まさか知らないことはないと私は思います。その復金に対する大藏省の責任にいたしましても、二百億圓を僅かに四十億に切下げておる。これでは全く一部の基礎産業を満足せしむるだけである。この最も今疲弊し切つておるところの、全く喘ぎ切つておるところの中小企業方面に何らの潤いが行くわけがありません。然るが故に全國を通じて闇の金融が横行をしておつて、安いもので月一割、高くなると二割だとか、甚だしいのになると月三割といつたような金を借りておる現状であります。これは前質問者もお話がありましたから、私はこの点については多くを申しません。
 更に資材は欠乏をしておる。國家による消耗のための追加予算が提出されておる。労務は生活難のためにその労働の生産性が低下をして、財政と國民所得との均衡は完全に破壞されんとしておる。今や政府も民間企業も、行政整備と企業合理化によつてこの難局を打開する以外に途がないまでに追込められてしまつておるのであります。企業整備にしても、完全な企業整備ができるものでなく、ただ仕事がないから首を馘るというようなことによつて、多くの失業者を出さなければなりません。
 この際に私は、もう時間も少いようでありまするから、水谷商工大臣に一つお願いがあります。それは先般アメリカの非常な御厚意によつて輸出入回轉基金というものが設定されて、すでに貿易事業等に対しては、綿花の三十万俵と記憶いたしておりますが、輸入をするために、六千万ドルをその方に充てておる。誠に日本産業復興のために有難いことだと思ひまするが、私は水谷商工大臣と和田安本長官にお願いをしたいことは、日本は只今も申上げましたように、特に中小企業、殊に中小工場等が沢山今資材はなく、仕事がなくて困つておるのであります。内閣総理廳の統計局発表等によりますると、三十六万五千という工場のある中、五十人以下の工場が三十五万あるということが出ております。これらの工場は、戰後の貧弱な原材料のために非常に弱体化して、折角設備を持ち、仕事を與えさえすれば相当な仕事ができるにも拘わらず、そのままになつております。是非とも私はこれらの遊休しておるところの設備を活かし、又全國的に見ましても、青年層の中に立派な技術者が沢山おるのでありまして、これらの青年を中心にして、こういつたような三十五万もの工場が仕事に困つておるのでありまするから、この回轉資金の中からせめて三千万ドルでも廻して貰つて、例えば一トン百五十円の資材を買うとして見れば、三千万ドルでは二十万トンの資材を買うことができる。その二十万トンの資材を以て、成るべく資材が少くて精度の高い、いわゆる精密度の高い製品を作るように、それは注文によつて作つてもいいのでありましようし、又考案によつて作つてもいいでありましよう。例えばそれはどんなものか。各種測定器もありましよう。通信器のようなものもありましよう。計量器のようなものもありましよう。又医療器その他更に高度のメジユアリング・マシーンといつたような、高級な、僅かの資材で相当精度の高い輸出向の製品も作り得られるのであります。小さい工場にはピース・ワークをさせればよろしいし、纏まつた工場ではアツセンブルをするとか、こういつたような加工工業を日本に至急に興して頂きたいと思うのであります。これは私が過去数十年の経驗から申しましても必ずでき得ることであります。折角アメリカの厚意によつてでき上つた貿易回轉資金、これを一刻も早く今喘いでおるところの日本の工業製品を生産するために思い切つて御利用をせられんことを切にお願いを申上げ、又これに対する大藏大臣並びに和田長官のお氣持をお聞かせを願いたいのであります。その他いろいろ申上げたいのでありますけれども、もはや私の時間も参つたようでありますし、以上どうしても國家の再建のためには生産を以て日本の建直しをしなければ再建というものはできない。又特に日本は工業製品を作り出すといことにおいて産業を振興せしめ、同時に文化國家としての実力をも養わなければならんということを申上げまして、私の質疑に代える次第であります。(拍手)
   〔國務大臣片山哲君登壇、拍手〕
#7
○國務大臣(片山哲君) 寺尾君の只今の最初の御質問にお答えいたしたいと思います。
 寺尾君の申されました日本経済と世界経済の関聯性を十分に考えなければならないという御意見は御尤もでありまして、政府といたしましては、この点に夙に留意いたしまして、最大の注意を拂つておるのであります。政府の考えといたしましては、日本経済を充実確立いたしまして世界の信用を博するためには、今日においてその用意を十分にして行かなければならないと思うのであります。そのために、先ず政治機構の改革を民生的に徹底いたしまして、國内体制を確立し、更に経済上の問題につきましても、産業上の問題につきましても、民主化の促進を図りたいと考えておるのであります。すでに御協議を経ておりまする独占禁止法でありますとか、目下御審議を願つておりまする経済力集中排除法でありますとか、かようなものは、富の独占を排除いたしまして公平にこれを分配するは勿論のこと、産業機構におきましても、その民主的な確立を促進して行なければならないという見地に立つて、経済は在來のような独占的な形態を一日も早く排除したいと考えておるのであります。我が國の経済をかくのごとく民主化いたしまして、且つ又労働大衆も、労働大衆の肩に日本産業の再建は担われておるという見地に立ちまして、労働運動は最も健全に、労働組合運動は極めて建設的に進んで、産業の隆盛と、又財政の堅実化を図つて貰わなければならない。こういうような建前で進みつつあるのであります。大体において國民全体はそれぞれの分に應じて、我が國の経済を、我が國の財政を背負つて、この祖國再建に邁進して貰わなければならないという國民の自覺を求めつつあるような次第であります。特にこの際私の考えておりますることは、今日程個人経済、國民経済をよくしようと思いまするならば、國家経済、國家財政、國家の産業発展を図らなければならない必要に迫られておる時はないと思うのであります。ただ個人経済さえよくなればそれではいいとか、ただ産業の発展さえできればすべては解決されるというように、個々別々に考えるべきものではなくして、すべて関連性において考えて行かなければならないと思うのであります。個人職業を安定し、個人の生活の確保を図ろうと思いまするならば、どうしても國家経済の確立を図つて行かなければならないのであります。特に今日は敗戰経済といたしまして、いろいろの負担を処理して行かなければならない重大な時機に立つておるのでありまして、我が國の経済は誠に重大なる危機であります。又財政面におきましても、國家負担は非常に厖大でありまして、この収入の乏しいその中より多くの支出をいたしまして、健全に財政の処理をして行かなければならない時であります。こういう状態でありまするから、一應我々は日本経済の建て直し、日本産業の発展、経済財政の堅実、特に健全財政の確立を図りまして、延いては個人経済、個人の職業の安定に導いて行こう。この一連の関係を整理しなければならない重大なる責務を負わされておると思うのであります。その意味におきまして財政は健全に、インフレ防止のためには、あとで和田長官から説明がある筈でありますが、流通秩序の確立等物價体制の確立を図りまして、我が國の経済を建て直して行かなければならない。要は産業の発展でありまするけれども、産業の発展に進むための用意を、國民全体の協力によつてやつて行かなければならないという、押し迫つた状態にあるのであります。國民全部が乏しきを分け合つて貰わなければならないのであります。資本家も事業家もそうであります。労働者も農民も、消費者大衆も、皆乏しきを分け合つた耐乏生活によつて、我が國の経済を再建して行かなければ産業の発展はできないと思うのであります。(拍手)産業の発展のために主力を集中いたしまする用意をいたしつつあるのでありまして、新物價体制の確立も、千八百円のベースの堅持も、皆この原則に立つておるのであります。かように考えまして、ここに甚だ難きを強いておるようでありまして、非常に心苦しく思うのでありますが、國民全体に耐乏生活を尚お願いしなければならないと思うのであります。辛抱を尚続けて希望の状態に一日も早く達成せしむるために努力しなければならないと考えておるのであります。かようにして日本経済が信用を博するようになりまするならば、國際的経済の関連もよくなつて來るのであります。寺尾君の申されましたその関連性を充実するための用意を今日なしつつあるのである。國民経済をよくするための用意を今日なしつつあるのである。この点を十分に御了承賜りたいと存じまして、極く簡單でありまするが、以上所信を申上げる次第であります。(拍手)
   〔國務大臣和田博雄君登壇〕
#8
○國務大臣(和田博雄君) 私に関しまする寺尾さんの御質問にお答えいたします。
 第一点は、追加予算と物價体系維持の問題でございます。今度の追加予算を組みます場合に一番問題になりましたのも物價体系との関係でございます。只今のインフレーシヨンの段階は、私たちの考えによりますと、やはり通貨の増発から來る危險というものを、全力を挙げて防止しなければならない段階だ、かように考えた次第であります。從いまして今回の追加予算の場合におきましても、煙草等の專売品價格の値上げということを私たちは最初はできるだけこれを避けたい、そうしてその上で均衡が取れた財政を、予算を組みたいと大いに努力いたしたわけであります。併し今の日本経済の段階におきましては、特別会計の全部を含めて、そこに形式的にも、実質的にもバランスの取れた予算を編成するということは非常にむずかしい仕事であります。併しながら形式的にも実質的にもバランスの取れた予算を組むこと、そのことが日本のインフレーシヨンに対しまする闘いといいますか、努力といいますか、インフレーシヨン克服のための努力の端的な表現であつて、それは國際関係から見ましても非常な好影響を與えると思います。從いまして煙草といつたような個別價格の上昇による物價の値上がりという危險はそこに多少あつても、一面から言いますならば、逆にバランスの取れた予算を組みますことによつて、通貨の発行をそれだけ抑えることによつて、その面から物價の騰貴というものを防いで行く。それと同時にこれだけのバランスの合つた予算を実質的にもバランスの合つたものとしますために、財政資金及び産業資金の全体を合せての資金計画を策定いたしまして、この予算が本質的にもバランスの合つたものにして行こう、こういう建前を取りまして今度の予算を編成いたした次第であります。
 そこでこの労働の問題に対しまする点につきましては、只今中労委を中心にいたしまして裁定が行われんといたしておるわけであります。政府といたしましてもこの物價体系を堅持するという建前から、種々の対策を只今考えておる次第であります。御承知のようにやはり貨幣が持つておりまする一番大きな機能は、現在と將來とを繋ぐ輪であるということであつて、將來が非常に不安定である。將來物價が又どんどん上つて行くだろうということ自身が現在の不安を尚一層増大さす次第であります。この点は政府としましては、どこまでも物價体系そのものは堅持して行く、あらゆる努力を拂つて堅持して行つて將來への不安を解消することが、又現実の不安を解消することであるという建前を取つておることを御了承願いたいと思います。ただ生産増強が本質的にはインフレーシヨンを克服するための最大の力であるということについては、私共も毛頭異存はないのでございます。その点に関しましては今度の追加予算を組みます場合におきましても、一般予算との関係においてできるだけそれは阻害しない建前を取つて、むしろ助長するという考え方で予算は組んでおります。併し問題は二十三年度の予算をどう組むか、生産増強の要素を回轉基金の運轉と関連しまして盛り込むということにあろうかと思うのでありまして、政府といたしましては長期計画の一年度を回轉基金の運轉と絡みまして、この長期計画第一年度の生産計画を只今立つておるわけであります。それを中心にして、そして物價体系との関係を考えながら生産増強の策をそこに盛り込んで行くという方向において、二十三年度の予算の編成に当つてはそういう建前においてやつて行きたい、かように考えておるわけであります。生産増強そのことがインフレーシヨンの促進を阻む非常に大きな原因であるということについては、我々としても全く同意見でございます。
 次に、中小企業の問題でございますが、中小企業の問題は先般閣議で中小工業の振興策を建てまして、中央に中小企業の総局という官廳を一つ作りまして、中小企業を本当にその面倒を見、指導して行くところの組織を作りまして、技術の向上なり或いは経営の改善を図つて行く手段を取りました次第でございます。機械の輸入の点につきましては、御承知のように回轉基金は、先ず第一に輸出用の原材料を買うところの基金でございまするので、この機械を買うということは、結局この回轉基金を運轉して出て來たところの純益がやはりそこの出て來ませんと、直ぐこれを買うというわけには参らんのでありますが、お話のように中小企業の技術の指導、或いは経営の改善ということにつきましては、この回轉基金そのものによらなくても、政府といたしましては是非これを図つて行きたいというので、先般中小企業対策要綱というものを決定いたした次第でございます。(拍手)
   〔國務大臣水谷長三郎君登壇〕
#9
○國務大臣(水谷長三郎君) 只今寺尾さんからいろいろ中小企業の問題に関しまして、御理解ある御意見を拜聽いたしまして、商工大臣としても感謝に堪えないのでありますが、又その御質問の要点に対しましては、只今和田長官からお述べになつた通りでありまして、私といたしましてもそれに多く附加える言葉はないのでございますが、御指名により簡單にお答をして置きたいと思います。
 即ち中小企業指導に関しましては、先に中小企業対策を閣議決定いたした次第でございまするが、これに関しましてお説の通り精密度の高い機械類を輸入することは、技術水準の向上乃至輸出品の品質向上のために望ましいことではございまするが、実際問題といたしましては、回轉資金が主として輸出品製造用原材料の輸入を目的としておりまする関係から、機械等は將來基金の純益が増加した場合に始めて可能になるのではないかと考えられますことと、又これらの機械の海外の供給力の問題もございますので、直ちに実現は困難と思われる次第でございまするが、政府といたしましては、必ずしも回轉基金の利用ということに限らず、極力これが早期実現に向かつて努力したい、このように考えております。尚優秀なる技術者の採用につきましては、もともと今回の中小企業対策は民間の優秀なる專門家を多数包合して、中小企業の振興に当らしめることを重要な主眼点といたしましておる次第でございまして、仰せのような技術家は中央地方を問わず積極的に活用して参りたいと考えております。要するに寺尾さんの御趣旨に應える途は、最近決定いたしました中小企業対策をば強力に遂行して参りますことにあると考えておる次第でございます。(拍手)
   〔政府委員小坂善太郎君登壇〕
#10
○政府委員(小坂善太郎君) 寺尾さんからいろいろ御質問の中で、大藏当局に関しまする部分をお答え申上げます。
 第一は、本予算を出しましたあとで直ちに又補正予算を、それと匹敵するような規模において提出するというようなことは、國民経済を混乱させる要因をなすのではないかという点であつたように存じまするが、私もこれは全く御同感に存じます。ただこういうことになりましたということは、敗戰後の國民経済全体、日本の國力そのものの然らしめる皺がここに寄つたというようにも考えられるのでありまするからして、我々といたしましては極力このインフレーシヨンを現段階において防止して、これ以上國民経済を更に紛乱に陥れないために、極力國民全体の物心両面に亙る協力体制を盛り上げて、そうして私共の今回提出いたしました健全予算、バランスド・バゼツトによつて財政面からするところのインフレを極力防止し、更にこれが金融面からインフレを助長して行かないように諸般の対策を講ずることであると思うのであります。
 第二点は、復興金融金庫に関することであつたようでありまするが、復興金融金庫は、御承知のようにこの経済の状態が非常に波動しておる、凸凹な状態の激しいこの段階におきまして、一般の金融機関が能く金融し能わざるような危險を、國家の危險と責任において負担して、そうして産業の振興に資して行きたいという趣旨に外ならないのでありまするが、これは御承知のように現在そういう状態にあるのであるけれども、將來どうしても國家再建のために必要であるという点が問題なのでありまして、この点を把握するためにいろいろと民主的な方法において、或いは融資懇談会、或いは復興金融委員会等において衆智を集めましてこれを決定し、融資に必要なる額を適当と認むる程度において採択いたしておるのであります。勿論この運営は飽くまでも民主的に、最も公平に行わなければならないと考えておりまするので、我々といたしましては更にこの復興金庫の運営というものを公平な、ガラス張りの中で行うように、いろいろ金当局に対して注意をいたしておるような次第でございます。申上げるまでもなくこの復金の資金というものは國民の財政負担であります。國民の大きな苦しみの中からひねり出して行くところの貴重な資金でありまするから、この資金の使途は最も効率的に國家の再建に役立ちまするように、万全の注意をいたしたいと思つております。從いまして赤字金融というようなその場当りの、先を考えない融資というようなことは極力これをいたさないように努めておる次第であります。第三点といたしまして、中小商工業に関する御意見がございました。私共全く寺尾さんの御意見の通りに考えております。問題は、先程も商工大臣が申しましたように、中小企業対策をこの程決定いたしました。大藏当局といたしましても、極力中小企業にして國家再建のために緊要欠くべからざるものに対しては、援助をいたすように必得ておりまするので、非常に今後の日本経済の根幹ともなりますように考えられまする中小商工業に対しては、大藏当局としては、十分な理解と十分な援助を與えることを御承知願いたいと存じます。ただこれと回轉基金の関係でございまするが、これは和田安本長官、或いは水谷商工大臣が述べましたところと全く同樣に考えておることを御承知願いたいと存じます。以上簡單でございまするが、お答えいたします。(拍手)
     ―――――・―――――
#11
○議長(松平恒雄君) 國務大臣に対する質疑は尚ございますが、この際これを後に廻し、日程第二、昭和二十二年度一般会計予算補正(第六号)を議題といたすことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○議長(松平恒雄君) 御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。予算委員長櫻内辰郎君。
   〔櫻内辰郎君登壇、拍手〕
#13
○櫻内辰郎君 只今議題となりました。昭和二十二年度一般会計予算補正(第六号)案の予算委員会における審議の経過並びに結果を御報告いたします。
 去る十一月四日より十一月七日まで愼重に審議いたしまして、質疑應答の後、十一月七日討論に入り、採決の結果、全会一致を以て原案通り可決すべきものと決定いたしたのであります。
 本案審議に先立ち、去る十月二十一日栗栖大藏大臣より、皇族籍を御離脱に相成りたる皇族に対し支出せらるる一時金に関し、次のごとき御報告がありましたので、その要旨をここに朗読いたします。
  「本月十四日皇族籍を離脱された皇族に対し支出する一時金たる皇族費につきましては、本年度一般会計予算補正(第三号)を以て総額四千七百四十七万五千円を計上し、先般國会において可決せられたのでありますが、これに関し本月十三日の皇室経済会議において、おのおのの皇族に対して支出すべき一時金額について、審議の結果可決せられたのであります。さて國会において可決せられた予算につきその積算の基礎として説明をいたしました際、予算額は一應当該皇族に対する既定年額に対し、御当主は十一・二五倍、その他の方は、七・五倍の率を予想して算出したことを申上げたのでありますが、その後諸般の事情を考慮いたしまして、元軍籍にあられた方々に対しては、一時金を支出しないことといたしますと共に、その他の方々に対しては、現下の経済事情等を考慮し、年金額に対し、御当主たる王十五倍、その他の王は十・三五倍、親王妃及び王妃は十五倍、女王は十・七倍とするのを適当と認め、皇室経済会議において可決せられました次第であります。これによりまする各宮家別の一時金額と、前に申上げました率により計算しました金額との増減を申上げますれば、東伏見宮家は 百五十万円で 三十七万五千円の増 伏見宮家は 四百六十四万八千円で 百四十九万八千円の増 山階宮家は で百五十七万五千円の減 賀陽宮家は 八百二十九万五千円で 十万五千円の減 久邇宮家は 八百三十九万三千円で 五十一万八千円の増 京都久邇宮家は 百五万円で 五十二万五千円の増 梨本宮家は 百五万円で 百五万円の減 朝香宮家は 三百九十九万七千円で 百二十五万三千円の減 東久邇宮家は 六百六十四万七千円で 十万三千円の減 北白川宮家は 五百三十九万九千円で 二百二万四千円の増 竹田宮家は 五百四十四万六千円で 十九万六千円の増 閑院宮家は 百五万円で 百五万円の減 となります。以上の一時金額の合計額は、國会において可決せられた予算額の範囲内であり、且つ皇室経済法の規定する限度内であることは勿論でありますが、各個別に見ますと、前に説明をいたしました際の計算の基礎となつた率によつて算出した場合と、相当異なつた金額となつた場合もありますので、この機会におきまして、その結果を報告申上げた次第であります。何卒御了承をお願いたします。」という御報告があつたのであります。これに対し一二の委員より質疑があり、宮内府長官その他の政府委員より詳細なる説明がありたる後、全会一致これを了承することに決定いたしました。何とぞ御了承をお願いいたします。
 さて昭和二十二年度一般会計予算補正(第六号)案は、先般本國会において決定せられました國家公務員法附則第二條によりまして、早急に内閣に臨時人事委員会を設置することになりましたために、直ちに必要と相成る経費を他の予算と切離して提出せられました予算案であります。臨時人事委員会を新設いたしますために本年十一月より年度末まで五ヶ月間に必要なる経費は百八十一万六千円でありまするが、行政調査部の事務の一部を臨時人事委員会に移管いたしますために生ずる既定予算の不用額二十万円を修正減額いたしますので、差引百六十一万六千円の歳出予算の追加と相成り、これが財源といたしまして前年度剩余金の一部を受入れ充当するものであります。
 本案審議に当りましては、先ず政府委員より提案理由の説明があり、一二委員より簡單なる質疑があり、直ちに討論に入りましたが、別に発言もなく、採決いたしましたところ、全会一致を以て原案通り可決いたした次第であります。以上御報告申上げます。(拍手)
#14
○議長(松平恒雄君) 別に御発言もなければ、これより本案の採決をいたします。本案全部を問題に供します。本案に賛成の諸君の起立を請います。
   〔起立者多数〕
#15
○議長(松平恒雄君) 過半数と認めます。よつて本予算案は可決せられました。
     ―――――・―――――
#16
○議長(松平恒雄君) この際お諮りいたすことがございます。本日藤井新一君より、理由を附して在外同胞引揚問題に関する特別委員辞任の申出がございました。許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○議長(松平恒雄君) 御異議ないと認めます。つきましてはその補欠として太田敏兄君を指名いたします。
 本日はこの程度で延会いたしたいと存じます。御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○議長(松平恒雄君) 御異議ないと認めます。明日は午前十時より開会いたします。議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時四十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト