くにさくロゴ
1949/03/24 第5回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第005回国会 商工委員会 第2号
姉妹サイト
 
1949/03/24 第5回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第005回国会 商工委員会 第2号

#1
第005回国会 商工委員会 第2号
昭和二十四年三月十九日
      今村長太郎君    神田  博君
      澁谷雄太郎君    村上  勇君
      今澄  勇君    川上 貫一君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
昭和二十四年三月二十四日(木曜日)
    午後四時二十一分開議
 出席委員
   委員長代理 理事 神田  博君
   理事 澁谷雄太郎君 理事 村上  勇君
   理事 今澄  勇君 理事 川上 貫一君
      江田斗米吉君    門脇勝太郎君
      小金 義照君    福田  一君
      永井 要蔵君    橋本 金一君
      石田 一松君    中村 寅太君
 出席國務大臣
        商 工 大 臣 稻垣平太郎君
 出席政府委員
        商工政務次官  有田 二郎君
        商工事務官
        鉱山局長    長谷川輝彦君
        商工事務官
        電力局長    玉置 敬三君
        石炭廳次長   渡邊  誠君
 委員外の出席者
        專  門  員 谷崎  明君
        專  門  員 大石 主計君
        專  門  員 越田 清七君
三月二十四日
 委員長谷川四郎君辞任につき、その補欠として
 田中伊三次君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
三月二十四日
 石炭鉱山等の損失の補てんに関する法律案(内
 閣提出第九号)
の審査を本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 小委員会設置に関する件
 國政調査承認要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○神田委員長代理 それではこれより商工委員会を開会いたします。
 本日は委員長におさしつかえがございまして、出席ができないとのことでございますから、私が委員長の職務を行います。
 本日の議題は國政調査承認要求に関する件でありますが、これにつきましては先刻理事会におきまして、先例もあることでありまするし、視野を廣汎にし、本委員会の活動範囲を所管全般にわたらせておく必要もありまするので、商工行政に関する事項につきまして、鉱工業、電氣等の生産実態の把握並びに増産対策の樹立、商業貿易等の実情調査並びに振興対策の樹立の目的をもちまして、小委員会を設置し、関係各方面より意見を聽取し、報告及び記録を要求し、必要あるときには実地調査を行う等の方法によりまして、本会期中に國政調査を行うことに決定いたしたのでありますが、理事会の決定通り商工行政に関する事項について、國政に関する調査を実施するに御異議はございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○神田委員長代理 御異議なしと認めます。それでは理事会の決定通り御決定をいただいたものと決します。
 次にただいま決定いたしました國政調査は、衆議院規則第九十四條によりまして、議長の承認を必要とすることに相なつております。つきましてはこの國政調査承認要求書を議長に提出することに御異議はございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○神田委員長代理 御異議なしと認めます。それでは後刻委員長より提出いたしておきます。
 次に國政調査を実施するための小委員会設置の件について、お諮りいたしたいと思います。理事会におきましては商業、鉱工業、電氣の三小員会を設置することに決定いたしましたのであります。右三小委員会を設置するに御異議はございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○神田委員長代理 御異議なしと認めます。それでは右三小委員会を設置することに決定いたしました。
 次に右三小委員会の小委員の選定についてお諮りいたします。これは國会法第四十六條の趣旨を準用いたしまして、各派の所属委員数の比率によりまして、各派に割当てて選任することといたしたい。また各委員は委員長を除き、必ず一個の小委員となり、同時に二個の小委員とはならないものといたしたい。右の基準に從つて各委員の御希望を委員長に申出ていただきたい。その他選任の時期等は、委員長に御一任をいただくものと、理事諸君と打合せをいたしたのでありますが、このように御決定をいただきますに御異議はございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○神田委員長代理 御異議なしと認めます。それではそのように決しました。速記をとめて下さい。
    〔速記中止〕
#7
○神田委員長代理 速記を始めてください。
 本日はこの程度で散会いたします。
    午後四時三十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト