くにさくロゴ
1949/05/16 第5回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第005回国会 商工委員会 第16号
姉妹サイト
 
1949/05/16 第5回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第005回国会 商工委員会 第16号

#1
第005回国会 商工委員会 第16号
昭和二十四年五月十六日(月曜日)
    午前十一時五分開議
 出席委員
   委員長代理 理事 神田  博君
   理事 今村長太郎君 理事 小金 義照君
   理事 澁谷雄太郎君 理事 村上  勇君
   理事 今澄  勇君 理事 橋本 金一君
   理事 川上 貫一君 理事 河野 金昇君
      阿左美廣治君    岩川 與助君
      江田斗米吉君    門脇勝太郎君
      多武良哲三君    水谷長三郎君
      柳原 三郎君    聽濤 克巳君
 出席國務大臣
        商 工 大 臣 稻垣平太郎君
 出席政府委員
        総理廳事務官
        (経済安定本部
        動力局長)   増岡 尚士君
        石炭廳次長   渡邉  誠君
        商工事務官
        (石炭廳配炭局
        長)      波多野義熊君
        商工事務官
        (中小企業廳振
        興局長)    小笠 公韶君
 委員外の出席者
        商工事務官   斎藤 正年君
        衆議院法制局長 入江 俊郎君
        專  門  員 越田 清七君
        專  門  員 谷崎  明君
        專  門  員 大石 主計君
    ―――――――――――――
五月十六日
 小金義照君及び河野金昇君が理事に追加当選し
 た。
同日
 地方自治法第百五十六條第四項の規定に基き、
 通商事務所の設置に関し承認を求める件(内閣
 提出、承認第三号)
 地方自治法第百五十六條第四項の規定に基き、
 繊維製品檢査所の支所設置に関し承認を求める
 の件(内閣提出、承認第四号)
の審査を本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 理事の互選
 中小企業等協同組合法案(内閣提出第一四五
 号)
 中小企業等協同組合法施行法案(内閣提出第一
 四六号)
 配炭公團法の一部を改正する法律案(内閣提出
 第二〇〇号)
    ―――――――――――――
#2
○神田委員長代理 これより商工委員会を開きます。
 前会に引続き私が委員長の職務を行います。まず委員の異動について御報告いたします。去る十四日中村寅太君が委員を辞任せられ、衛藤速君が新たにに委員になられました。以上御報告いたしておきます。
 次に理事追加選任の件についてお諮りいたします。去る十三日の議院運営委員会におきまして、図書館運営意委員会並びに委員四十五人以上の委員会を除く各委員会の理事の員数をそれぞれ二人増加し、これを民主自由党及び新政治協議会に各一名ずつ割当てることに決定し、一昨日の常任委員長会議におきましても、理事の追加選任方とりはからいに対して協議をいたしたのでありますが、本委員会における理事の員数を二人増加することとし、ただちにその選任を行いたいと思いますが御異議はございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○神田委員長代理 御異議なしと認めます。それではただちに理事二名の追加選任を行うことといたします。
 次に選任の方法についてお諮りいたします。これは先例によりまして委員長において御指名を申し上げたいと思いますが、この取扱いに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○神田委員長代理 御異議なしと認めます。
 それで小金義照君。河野金昇君を理事に指名いたします。
    ―――――――――――――
#5
○神田委員長代理 ただいまより中小企業等協同組合法案及び中小企業等協同組合法施行法案を一括議題として審査を進めます。この際本案に関して御報告いたすことがあります。一昨日の大薮委員会の決議によりまして、本案に関しまして大蔵委員長より委員長にあてて次の要望事項の申入れがありました。これを朗読いたします。
   要望事項
          大蔵委員長
 商工委員長殿
 一、中小企業等協同組合法案より、保險協同組合及び信用協同組合に関する條項を削除すること
 一、同施工法案中より市街地信用組合法廃止に関する條項を削除すること
 なおこの要望事項の取扱いにつきましては、本案の取扱い方とともに後日御協議いたしたいと思いますが、これに御異議はありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○神田委員長代理 御異議なしと認めます。そのように取扱いいたします。
#7
○神田委員長代理 次に配炭公團法の一部を改正する法律案を議題として審査を進めます。本案につきましては前会に質疑を終了いたしておりますから、この際本案の取扱い方について暫時懇談をいたしたいと思いますから、休憩いたします。
    午前十一時九分休憩
     ――――◇―――――
    〔休憩後は開会に至らなかつた〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト