くにさくロゴ
1949/03/30 第5回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第005回国会 議院運営委員会 第9号
姉妹サイト
 
1949/03/30 第5回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第005回国会 議院運営委員会 第9号

#1
第005回国会 議院運営委員会 第9号
昭和二十四年三月三十日(水曜日)
    午前十一時三十四分開議
 出席委員
   委員長 大村 清一君
   理事 石田 博英君 理事 今村 忠助君
   理事 山本 猛夫君 理事 椎熊 三郎君
   理事 志賀 義雄君
      岡西 明貞君    田中  元君
      田渕 光一君    塚原 俊郎君
      西村 直己君    福永 一臣君
      福永 健司君    園田  直君
      坪川 信三君    中垣 國男君
      淺沼稻次郎君    松井 政吉君
      林  百郎君    平川 篤雄君
      山手 滿男君
 出席國務大臣
        大 藏 大 臣 池田 勇人君
 委員外の出席者
        議     長 幣原喜重郎君
        副  議  長 岩本 信行君
        議     員 奧村又十郎君
        事 務 総 長 大池  眞君
        弾劾裁判所参事 木附今朝藏君
三月三十日
 委員橘直治君辞任につき、その補欠として中垣
 國男君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 國政調査承認要求の件
 予算の提出時期及び審議期間に関する件
 衆議院の暫定予算の件
 弾劾裁判所の昭和二十四年度予算並びに暫定予
 算の件
 考査特別委員会委員の各派割当の件
 議席変更の件
 社会保障制度審議会委員の両院割当の件
    ―――――――――――――
#2
○大村委員長 これより会議を開きます。
 常任委員会の國政調査承認要求の件について議長から諮問があります。事務總長から御説明を願います。
#3
○大池事務總長 人事委員会から國政調査承認要求が参つておりますのと、厚生委員会から國政調査承認要求が参つておりますから、この二件について御協議を願いたいと思います。まず人事委員会からの國政調査要求は、人事行政の実態に関する事項、これは関係方面から意見を聽取し、報告及び記録等の要求をいたしたいこういうことで、あります。厚生委員会からの御要求は厚生行政に関する事項、これも関係方面から説明を聞いたり資料の要求をする。必要が起つた場合には、委員を派遣して実地調査等もいたしたい、こういう御要求であります。右二件の御承認方をお願いをいたします。
#4
○大村委員長 ただいまの國政調査承認要求の件につきましては、議長においてこれを承認すべきものと答申するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○大村委員長 御異議なければさように決します。
#6
○大村委員長 次に弾劾裁判所の裁判長より、裁判所予算について御承認を願いたいとのことでありまするつきましては御説明を承りまして御協議を願いたいと思います。
#7
○木附弾劾裁判所参事 お手元に配付しております予算要求書でございますが、暫定予算と通常予算とわけております。先ず通常予算について申上げます、その計数については一々申し上げることを省略いたし、配付の要求書を御覧願うことにいたしたいと思います。その内訳人員は参事三名、主事三名、主事補四名、用員及び補助員二名計十二名となつております。勤務地手当は俸給及び扶養手当との合計額の三割、扶養手当は職員一人につき一・六人の割合で單價が八百十八円ということになつております。諸手当及び給與金のうち、裁判長及び裁判員同予備員の各手当は、前年度と同額で増減がありません。賃金は人夫賃でございます。旅費は十四人の裁判員について單價が七千二百円ということになり、証人旅費は前年度中の事件を勘案し算出したものであります。職員旅費は六人とし單價六千円ということになつております。消耗費、役務費、部品費については、弾劾裁判所の運営について必要な経費として計上したものであります。
 次に暫定予算について説明申し上げます。職員俸給、職員手当、勤務地手当、扶養手当については、一箇月分を計上してあります。旅費以下の経費については、とりあえす必要と認められる年月分を計上いたしました次第でございます。なおこの暫定予算は結果的に申上げますと、先程御説明申上げました通常予算の中から分割されていることとなつておるわけであります。
#8
○大村委員長 ただいまの裁判所予算、はこれを承認するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○大村委員長 御異議なければさように決します。
    ―――――――――――――
#10
○大村委員長 次に衆議院の暫定予算に関する件を御協議申し上げます。
#11
○大池事務總長 衆議院の方の予算は、前回に一般二十四年度予算の方は御承認願つてありますが、今回の暫定予算の要求の御追認を願いたいと思つております。御承知の通り暫定予算の方では十五日分ということになつておりますが、衆議院の方は職員の俸給を、その月の上旬に支拂う規定に相なつておりますので、十五日分だけのものでは支障を來しまして、俸給の半月分の内拂いというような形式をしなければならぬことに相なりますので、人件費はただいま弾劾裁判所の方でお話がありました通り全部一箇月の上程方の要求書を提出いたしたいというつもりでおるのであります。從つて議員の歳費、職員の俸給、勤務地手当等、並びに議員。通信手当、秘書手当というようなものは、全部人件費として一箇月を盛つてございます。その他の部分はとりあえず必要と思われる査定の分だけを載せてありまして、その合計が三千四百六十万二千円、暫定予算としての要求をいたしたい、こう考えております。一應暫定予算そのものは出ておりますが、正式にこちらの方の要求書を提出いたさなければならない関係がございますので、御承認方を願いたいと思います。訴追委員会の分は、これをまつたく同様の方針をとりますと十一万七千円に相なりますので、この点お願いをいたしたいと思います。
#12
○淺沼委員 ちよつと伺つておきますが、要求書を出して人件費一箇月ということであると、政府でいま國会に出して來ておる暫定予算の中には、このまま組み入れるというのですか。
#13
○大池事務總長 そういうことでございます。
#14
○淺沼委員 そうすると今政府の半箇月の予算案というものは、人件費その他についてはほかの省はどういう関係になつておりますか。
#15
○大池事務總長 ほかの省は支拂いが二十日以後にはつておりまして、二回拂いになつております。私の方は法律の建前上やむを得ないと思います。
#16
○淺沼委員 そうすると一箇月分の給料さえもらえば、國会としては一箇月の運営は間違いないのですね。
#17
○大池事務總長 そうです。
#18
○大村委員長 それでは二十四年度衆議院暫定予算の件は、これを承認するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○大村委員長 御異議なければさように決します。
    ―――――――――――――
#20
○林(百)委員 きようの新聞にも出ておりましたが、実は政府側では本予算の審議期間を二週間にするということを幾たびか言われておりましたが、それがきのうの官房長官の言明やいろいろなものによると、これが変更して、少し日がくずれる可能性が出て來た。そこで官房長官もひとつ國会の方に協力願いたいという説明があつたのです。もう一つ今予算委員会で問題になつているのは、この出された暫定予算は、財政法が改正されたことを前提としての予算で、その行き違いが一つある。それをこの運営委員会でどう調整するかということの必要のために、ひとつ池田藏相に運営委員会に來てもらつて、暫定予算を組むに至つた経過とその問題についてお聞きしたいと思う。これは時間の都合もあるのでしようから、適当なときでけつこうですが、きよう來ていただきたい。
#21
○大村委員長 林君の御発議に御異議なければ、その手続きを取ります。御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#22
○今村(忠)委員 実はわが党の事務の側から希望があるので一應お願いしたいのですが、事務員が議会へ入るについて、記章の数が足りなくて困つている。ついてはどの程度現在出ているものかお聞きして、それについて御相談を願つて、多少増加するようにしてもらいたい。
#23
○淺沼委員 これは福利小委員会でやつてもらいましよう。
#24
○石田(博)委員 増す率を五割なら五割ということにしてやつたらどうです。
#25
○大村委員長 ただいまの今村君の御発議は増すことにして、詳細は福利小委員会で協議するということに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#26
○大村委員長 それではそのように決します。
    ―――――――――――――
#27
○大池事務總長 この場合当委員会としてのお考えを承りたいという問題があります。議長さんにかわつて私から御報告かたがた御意見を承りたいと思つております。先日の運営委員会で私から一應報告をいたしました通り、民主党の北村幹事長から所属議員が三十七名になつたという届出がありましたから、一應これをお預かり申しておいた次第でありますが、昨日椎熊、小川両議員外から、右の届出に基きまして議席の変更方の御要求があつたのであります。しかも本日の本会議に間に合うように、ぜひやつてもらいたいという強い御要求であつたのであります。御承知の通りこの問題は民主党自体の、むしろ党内問題が原因になつておるのではないかというように、議長さん方もお考えになつておられたようでありまして、何とか円満に党内で御解決されることを望んでおられまして、今日まで種々のお届出がありましたが、一應全部保留をしておられたようなわけであります。ところがここに三十七名というお届出もございますし、議席変更の御要求もあり、なお前回にも犬養さんの方の保利さんからも、議席変更の強い御要求があつた次第であります。その後の議会の運営状況を見ましても、民主党としてたとえば総理大臣の施政演説の決議案に対する御態度等についても、椎熊さんの方は民主党の一部を代表して賛成されたり、田中さんの方はこれに反対されるというようなことになつて、表決が行われておるような状態に相なつております。從來のままの、民主党一本の七十名としての取扱いばかりでは、困難なことがあるように考えられております。從つて今回の北村さんのお届出も、文章の上ではなかなかむずかしい言葉になつておつて、解釈はいろいろございましようが、從來の民主党の中で三十七名の方が民主党という一つの交渉團体をつくつたという意味のお届出と解釈もせられるのであります。その他の方々はおそらく犬養総裁を中心とされる方々であろうかと考えられておるのでありますが、そういう中身のことは事務的の方面では全然わかりませんが、何としても現在のところでは二派あることは公知の事実のように考えられておりますので、今後の取扱いを議長として、どうしたらばよいであろうかというようなことを、運営委員会の御意見を承つて、何とか円満に御解決を願いたい、こう考えておるわけであります。もちろん民主党の方々の御意見が中心に相なろうかと思いますが、御相談を願いたい、こう考えております。
#28
○中垣委員 私の方は委員がおりませんので、相談をして來たいと思います。
#29
○園田委員 ただいまの問題で各党各会派の方に、非常な御迷惑をかけておることをお詫びいたします。この問題は党内でもどちらが指導権を握るか、あるいは新たに交渉團体をつくつたかということは別として、議事運営については二つの別個の團体があるということは明瞭でありまして、しかもこの届けは各代議士が署名をして、それぞれ氏名を届け出てあります。しかも犬養派の代表である坪川委員が先日議事部長の前で、この氏名に間違いないと向うの方も認めておりますので、われわれとしても解釈は別として、議事運営のために二つの團体があるということは、なるべくすみやかに各党各派の方に認めていただいて、発言あるいは議事運営のために支障のないように、この際ここで議席の変更、あるいは二つの別個の交渉團体ということを認めていただくことをお願い申し上げます。
#30
○大村委員長 速記をとめて下さい。
    〔速記中止〕
#31
○大村委員長 速記を始めてください。
#32
○林(百)委員 実は池田大藏大臣にお尋ねしたいことは、運営委員会としての責任もありますために、本予算の本院並びに國会全体でありますが、審議期間の問題について、しばしば政府の言明したところと、本日の新聞で見たところによると、いささか齟齬があるような状態にありますので、その間の事情をお聞きし、さらに政府の責任も問いたいというわけで出席願つたのですが、私は大体四つの質問があるのです。第一は四日の本予算の提出は間違いないかという点、第二として十五日までの暫定予算を組まれたのでありますが、四日に本予算が提出されて十五日までの暫定予算ということになると、四日を入れて審議期間が十二日になる。政府はしばしば少くとも二週間の審議期間を置かれるということを言われる。ここに出席なされておる椎熊委員のごときも、十分な審議期間をとらなければならぬということを常日ごろ言われて、二週間ではむしろ足りないと言われていたのが、この三週間の審議期間が短縮されるような政府の暫定予算の組み方、ならびに本予算の提出の仕方でありますが、これについて政府のこうした予算提出をするに至つた経緯とそれに対する責任を、ここで明らかにしてもらいたい。もう一つは、これは予算委員会でも問題になつたと思うのでありますが、昨日出されました暫定予算が、まだ本院において審議中である財政法の一部改正法律案がすでに通過、確定したことを前提として組まれたようでありますが、この点について政府としてはどう調整して本院の審議をするつもりで、こういう暫定予算の組まれ方をしたか、こういう四つの点でありますが、この点もわれわれは運営委員として責任がありますので、一應当事該責任の大臣である池田大藏大臣にお聞きいたしたい。
#33
○池田國務大臣 二十四年度の本予算は、四月五日に提案の見込みで仕事を進めております。第二の御質問の二週間の審議期間という問題は、私は関知いたしておりません。なるべく早く御審議願いたいという気持で、十五日間という暫定予算を組んだのでございます。第三間の今出しました暫定予算は、財政法の改正案によつて組まれておる。この点はいかがかという問題でございますが、ただいままで予算委員会で答弁いたしましたように、財政法は厳然と存在いたしております。ただ組み方の問題が、今までのは目的別で、組織別になつておりませんが、今度のは財政法の改正案にあるような形式で組んでおるのであります。從つてこれを從來の財政法の甲一号、甲二号で組むことは、二十四年度の本予算が改正案で組みます関係上、また暫定予算は本予算に吸収せられます関係上、改正案によつて組んだ次第でございます。時間的その他の関係もございまして、今の提案いたしました暫定予算の形式で御審議願いたいということになつておるのであります。
#34
○林(百)委員 予算の審議期間二週間ということを、自分は言つた覚えはないというのですが、われわれとしては政府の責任者である増田官房長官から、二週間の審議期間は置きたいということをしばしば言われ、われわれも少くともそれだけの審議期間は許されていたと思つた。それが四日でなく五日ということになると、五日まで入れて十一日の審議期間しかありませんが、官房長官がしばしば言明されておつた二週間というのと、大藏大臣の今言つた十一日の審議期間しか國会に許されないという、この食い違いをどうされるかということをもう一度お尋ねしたい。それから今言つた暫定予算の問題でありますが、いずれにしても予算の組み方は財政法できまつておるのでありますから、少くともこの財政法が改正されない限りはやはり現行財政法に基いて予算が組まれなければ、違法な予算になると思うのでありますが、その点についてもう一度お答え願いたい。
#35
○池田國務大臣 二十四年度の本予算はできるだけ早く御審議願うつもりで、暫定予算は十五日までを組んだ次第でございます。なお第二の問題については、先ほどお答えいたしました通りでございまして、予算と法律との関係は、從來も片一方で法律案を審議しながら、片一方で、予算案を審議することは、御承知の通りたびたびあることでございます。しこうして暫定予算が審議を終りまして、その後において改正法律案が審議を終りました場合については、遡及する規定を置いております。これで大体形式的には両方とも通つてしまえばつじつまが合うことになつております。ただ審議するときに、審議中の法案に基いて形式をやつたのがどうかという点になりますと、ただいま申し上げたようにこういう急のことでございますので、また從來の分で組みますと、吸収に困難だということで、新しい改正案で組んだ次第でございます。
#36
○林(百)委員 暫定予算の技術的な問題は非常に論争のある点だと思いますが、これは他の質問の希望者もありますから私はやめます。十五日までの暫定予算でありますが、少くとも官房長官も二週間と言つておられたのですから、少くとも政府の言明されただけの審議期間を置かれるような期日までの暫定予算というものを、なぜ組まれなかつたかということですが、それはやむを得ない事情があつたのかどうか、あるいはその点は全然連絡がなかつたのかどうか、十五日までの暫定予算を組まれた理由を一應お聞きしておきたいと思います。
#37
○池田國務大臣 なるべく早く御審議願いたい。そうして本予算を早く執行したいという念願だけでございます。
#38
○椎熊委員 大蔵大臣にちよつとお伺いしたい。予算の審議期間は政府の御希望いかんにかかわらず、國会の自由できめられることだと思います。そこで今十五日の暫定予算が出て來ておるのだが、かりに予算の審議期間が十五日よりも先に延びたような場合でも、そんなに政府は行政上に大きな支障が生ずるのではないのじやないですか。それとも非常に大きな障害になりますか。三日や四日延びたらどうです。
#39
○池田國務大臣 その点はその場合になつてでないと、ただいまはわかかりません。
#40
○椎熊委員 大体あなたは御承知でしよう。
#41
○池田國務大臣 承知というわけではありません。
#42
○淺沼委員 その場合にならなければ言えぬというのは、ちよつと了解に苦しむ。というのは、一本予算を出すときに、審議の期間がないが、四月の五日か六日あるいは七日ごろまでに審議してもらえばいいという意思表示があつたと思う。現に芦田内閣の時代においては、七月一日から支拂うべき金額もあつたろうと思いますが、七月六日に本予算を上げて、七月の暫定予算を組まなかつた事例があるのでありまして、自然十五日ときめてかかつておつても、政府の行政執行の上においてはさしつかえないことがあるということを、今でも話せると思う。今私は國会側の予算について、事務当局から意見を伺つたのでありますが、それによりますと人件費は一箇月組んである。國会側においては、この暫定予算は十五日分であるけれども、一箇月分の予算の運用は可能であるという言明がありました。從つてほかの方の人件費の関係は、どうかと聞いたところが、二回拂いだから二十五日までに支拂うことに整理すれば、さしつかえがないという結果が出て來るので、言明できないことはないと思います。そこは少し早くやつてくれというなら話はわかりますけれども、そうでなく、言明ができないというのは、予算の執行に当つておる元締めが、どういうぐあいに予算が組まれて、いつまでにきめなければ予算執行にさしつかえがあるかないかということの言明のできないはずは、大藏大臣としてないと思います。
#43
○池田國務大臣 お話の通りに俸給、給與につきましては十五日間でございまして、二回目の支拂いは二十二、三日、あるいは二十五日になりますから、月給ならよろしゆうございます。しかし今年の予算については、事務費等いろいろな費目を含んでおります。また刑務所の関係あるいは病院の関係、その他の費目も十五日でやつております。予算書に十五日と書くか書かないかは当初考慮いたしましたが、暫定予算を出す場合に何日から何日まで、こういうようにはつきり規定してありますので、一應関係方面と話をいたしまして、十五日といたした次第であります。
#44
○淺沼委員 大藏省の考え方はそうとしても、今椎熊君が言われました通りに、そのときになつて話をしたいということでありまして、衆議院においては衆議院の意思において審議期間を決定し得ると私は思うのでありまして、今言われたような事務費のことも、前の内閣のことを言うわけではありませんが、四月一日から國家行政事務等が行われておつたものが、予算の通過したのが四月六日であるから、何も吉田内閣のみが審議期間が延期されたから惡いという議論は成立たぬと思う。しかしこれ以上のことは申し上げるのをやめておきます。
 もう一つ、この間私はあなたに内示案の問題について、強制力がある勧告的なものであるかということをお伺いしたところが、いやこれは非公式なものである。余地もあるのだと言われました。しかし結果から見ますと、余地もないような結果に終つたようでありますが、そのときに強制力のある勧告だと私が言つたことに対して、強制力はない、一つの非公式なものである。ところがきのうの民主自由党の幹部会においては、命令的な意義が含まれておるのだという言明をなされたように、けさの新聞に載つておりました。從つてその関係は、どういうことになつておるのでしようか。
#45
○池田國務大臣 私は先ほどお答いたしましたように、強制力ある勧告案と考えずに、向うと審議いたしております。まだこの内示案をどうこうするかについては、政府は腹をきめておりません。
#46
○淺沼委員 そうすると政府の方は内示をどうごうするということを一應きめておらないということになれば、四月五日の提出の問題については、まだ閣議決定を内容については見ておらないということでありますか。
#47
○池田國務大臣 その通りであります。
#48
○淺沼委員 しかし閣議決定を見た場合は、四月五日に予算案を提出するということは間違いないですね。
#49
○池田國務大臣 四月五日以前に提出いたしたいと考えております。
#50
○林(百)委員 これは重要な問題で、先ほど椎熊委員からも発言があつたのでありますが、予算の審議期間についての自主性というものは國会にあるわけですが、そこでもし十五日を越えて、なお予算が國会を通過しない場合を考えて、その場合にもなおさしつかえないような措置が、本暫定予算並びにその他の方法によつてとられておるか、どうかということが一つと、第二としてはかりに何かさしつかえが生じた場合にも、その責任は國会にはなくして、むしろ政府側の本予算の提出の方法、並びに暫定予算の組み方にあると思うが、それについての大藏大臣のお考えを聞きたいと思います。
#51
○池田國務大臣 第二の問題からお答えいたします。これが十五日までに通る通らぬによつての責任の問題は、考えたくないと思います。第一の問題については、できるだけ早く御審議を願うということだけであります。
#52
○林(百)委員 食い下るようですが、どうも答えになつていない。やはり責任をこの際はつきりしておく必要があるので、かりに十五日以上審議が越えた場合は、さしつかえのないような措置がとられておるか、どうかということを、あなたは責任の大臣だから答えができると思う。もしとられておればこれは当然問題になる。とられない場合、あるいはとられたと考えておつても、本予算の審議が十五日を越えたために、何らかの支障が国政上生じた場合の責任は政府側にあると思う。この点についての考えを聞きたい。
#53
○池田國務大臣 審議が十五日以後になる場合の措置は、ただいまのところ考えておりません。
#54
○大村委員長 大藏大臣に対する質疑はよろしゆうございますか。
#55
○林(百)委員 済みました。
#56
○大村委員長 暫時休憩いたします。
    午後零時三十二分休憩
     ――――◇―――――
    午後零時三十九分開議
#57
○大村委員長 運営委員会を引続き開会いたします。
#58
○石田(博)委員 民主党の問題ですがこれはできるだけ本日中に解決したいとは思いますけれども、各位御承知の通りこれはなかなか困難な問題だろうと思われます。そこでただいま考査委員会の委員の割当は、一應現在を基準として割当てておくのが順当であつて、どうなるかわからない先のことを予想してやることは不適当だと思いますので、現在の数で割当てていただきたい。
#59
○林(百)委員 現実の問題としてもう民主党の方は野党派、連立派にわかれております。それから昨日の討論にも、なるべく超党派的ということで、各党も参画してくれという強い希望もありますから、民主党の事情からいつても、また労働者農民党の希望をいれる意味でも、やはり先ほどの民主党の両派二、労働者農民党がいいと思います。
#60
○椎熊委員 私の方の党のことでたいへん御心配、御迷惑をかけて申しわけありません。この重大な委員会の委員が、われわれの党内事情のために決定できないということであれば残念でありますから、今のところ七十名の民主党として御決定願いたい。それはそれとして本日中に両派わかれることに御協力をお願いしたい。
#61
○石田(博)委員 いろいろ御議論がありましたが、やはり私どもは人数の割振りをいたします場合、成規の届出を基準として考えなければならない。現実とか実体に即してとかいう都合のいい言葉がありますが、われわれとして成規の規則に基いた行動をいたします場合においては、きちんときまつたものに基いてやらなければならぬ。
#62
○淺沼委員 きよう、きめていただいたらどうでしよう。
#63
○石田(博)委員 きようきまるかきまらぬかわからぬから、とにかく委員の割当はこれでやる。
#64
○淺沼委員 委員の割当は民主自由党には関係ない。
#65
○石田(博)委員 私は民主自由党だけのことを言つておるのでない。
#66
○淺沼委員 問題が解決しなければ、もう一度考えようじやないですか。
#67
○松井(政)委員 民主党の問題はしばらく待とうということになつたのですね。そうすればその前にこの委員をきめて、はつきり連立一派、野党派ということがわかれたときには、また考査委員の委員の割振りをきめ直ししなければならぬということになりますね。
#68
○石田(博)委員 そんなことはない。
#69
○松井(政)委員 それならきよう中に民主党の問題をきめるということにして、そのあとで考査委員の割当をやつたら、どうです。
#70
○大村委員長 それではしばらく延ばすことにして、運営委員会は休憩いたします。
    午後零時四十五分休憩
     ――――◇―――――
    午後四時四十九分開議
#71
○大村委員長 休憩前に引続き会議を開きます。
#72
○石田(博)委員 本日本会議中に椎熊君と坪川君とが私の議席までお見えになりまして、無事お話合いがついたから、その通りしていただきたいという申出があつたんです。從つて委員長に申出まして御参集を願つたような次第です。それでは坪川君、椎熊さん、どうぞそれぞれお話合いがついたことをここでお話を願つておきめを願いたいということでありますから、それだけ御報告申し上げておきます。
#73
○椎熊委員 ただいま石田委員の言われる通りでありまして、私どもは本会議の議場の中において、政治家が約束して、他党にまで申し出て、十分もたたないうちに一應承諾はしたんだが、まただめだと言つて来た。そういうことが一体責任ある政治家としての話ですか。御参考までにあなた方に判断してもらいたい。そういうことで國会内を不明朗にすることは実に遺憾です。
#74
○坪川委員 今石田、椎熊両委員からお話のありました本日委員会において議題になりました件につきまして、まことに恐縮ではありますが、一應石田君の御説明になつた通りでありますが、党内の事情によりまして、もう少し決定を延ばしていただきたいと思いまする
#75
○石田(博)委員 はなはだ私といたしましては申しわけがないことで、特に御足労をいただくような、手順をとつたことは恐縮にたえませんが、私どもといたしましてはよそ様のお家の中のできごとであつて、どつちの言い分が正しいか正しくないか私どもが判断する資格は本来はないわけです。そこで私どもといたしましては、ここで期日をはつきり切つてその期日までにおまとめを願うことにしていただきたいと思いますが、いかがでしようか。
#76
○大村委員長 ちよつと速記をとめてください。
    〔速記中止〕
#77
○大村委員長 それではこの議席の問題は明日の運営委員会までその決定を延ばすことにいたします。
    ―――――――――――――
#78
○石田(博)委員 それから先般來問題になつておりましたが、社会保障制度察議会の委員の問題、参衆両院の割当の問題でありますが、参議院側の運営委員会におきましては、どうしても五対五を主張せられている。特にその中で社会党と民自党と緑風会が強硬だ。こういうお話でありましたので、私どもの方としましてはなるべく二院制度の原則、國会の建前を守つて衆議院優先にしてもらいたいということで努力をいたして参つたのでありますけれども、諸般の事情いろいろやむを得ないことがありましたので、党議といたしましては結局五対五ということにするが、しかしこれを衆参両院関係の前例にはしない。このたびに限つてそういうふうにするということに私どもの方としては、両院の関係をまとめるわけなので、実はこれを八対二にすると言い出したのもわが党なんです。恐縮ですが、さように御了承を願います。社会党の方はどうですか。
#79
○松井(政)委員 社会党の方は代議士に運営委員会の結果を報告して、代議士会で審議した結果、参議院の方と連絡をとるということでありましたけれども、なかなかむずかしい空氣があるので、これは成行きにまかすよりほかはないということが現状です。
#80
○林(百)委員 衆議院の方の割当はどうなりますか。
#81
○大池事務總長 五でありますと、三・一一になります。
#82
○林(百)委員 五という奇数はいかんですか。
#83
○大池事務總長 奇数ですと、一年委員と二年委員とのわけ方がむずかしいということになるわけです。
#84
○林(百)委員 社会党の方もできるならば結論を出してください。
#85
○大村委員長 ちよつと速記をやめてください。
    〔速記中止〕
#86
○大村委員長 それでは社会保障制度審議会委員の員数につきましては、次回におきめを願うことにしまして、それまでにお考えおきを願います。
    ―――――――――――――
#87
○林(百)委員 小委員会になる前に、これは四角張つた話でなくて民自党の方にも聞いていただきたい、きようの予算委員会の審議の模様を見ますと、大藏委員会もそうですが、実は質疑討論をほとんどしないうちに打切つているんです。討論なしだ。あなた方は絶対多数をとつているんだから、そう性急にやらなくても、少くとも共産党の言い分くらい聞いて、速記録に載せてやる。それくらいの雅量を示さなかつたら円満なる國会運営はできない。もう少しあなたの方も襟度を示して十分審議を盡してもらいたい。
#88
○石田(博)委員 林君のおつしやる御趣旨はよくわかります。事情につきましては私どもの方の委員長その他から事情をよく聞きまして、おつしやる通りでありましたならば、御趣旨に沿うように努力をいたしたいと存じます。
#89
○志賀(義)委員 この審議は衆参両院で一週間はかかりますと河野主計局長が言つた、だからわれわれはあすゆつくりやるつもりだつた。ところがやられてみるとさあ大変だとどしどしやり始めた。しかしこれは一週間かかりますと、きよう理事会で言明したんです。そういうことになつているんですから、これはまるでむちやくちやです。
#90
○椎熊委員 わが党もこれに対しては非常に遺憾の意を表して警告を発しておきます。今後は大政党はもう少し議事の運営が円滑に行くように、上手に考えてください。われわれは反対せんがために反対はしませんから、ひとつよく考えてやつてください。
#91
○石田(博)委員 わが党におきましては役員会また代議士会等において、すでに提案者側の政府、その他に対しましても、議会の審議権を尊重しろという建前を強く主張しているところでありまして、ただいま御説のような事態につきましては、先ほども申しました通りよく事実について事情を聞きとりまして、もしおつしやるようなことが、そのままの事実であるといたしますならば善処をいたします。
#92
○大村委員長 それでは明日は運営委員会は十二時、本会議は二時でよろしゆうございますか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#93
○大村委員長 ではそういうことにいたします。運営委員会はこれにて散会いたします。
    午後五時三十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト