くにさくロゴ
1949/04/06 第5回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第005回国会 議院運営委員会 第14号
姉妹サイト
 
1949/04/06 第5回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第005回国会 議院運営委員会 第14号

#1
第005回国会 議院運営委員会 第14号
昭和二十四年四月六日(水曜日)
    午前十一時三十分開議
 出席委員
   委員長 大村 清一君
   理事 石田 博英君 理事 今村 忠助君
   理事 佐々木秀世君 理事 山本 猛夫君
   理事 椎熊 三郎君 理事 志賀 義雄君
   理事 坪川 信三君
      大石 武一君    岡西 明貞君
      倉石 忠雄君    田中  元君
      田渕 光一君    塚原 俊郎君
      西村 直己君    福永 一臣君
      福永 健司君    園田  直君
      淺沼稻次郎君    松井 政吉君
 委員外の出席者
        議     長 幣原喜重郎君
        副  議  長 岩本 信行君
        議     員 神山 茂夫君
        議     員 土橋 一吉君
        議     員 徳田 球一君
        議     員 河野 金昇君
        議     員 金子與重郎君
        議     員 中村 寅太君
        議     員 岡田 春夫君
        議     員 小林  進君
        外 務 次 官 太田 一郎君
        事 務 総 長 大池  眞君
四月六日
 椎熊三郎君及び坪川信三君が理事に当選した。
同日
 園田直君が委員長の指名で福利小委員に追加選
 任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 理事の互選
 福利小委員の追加選任
 両院法規委員会専門員等設置に関する勧告に関
 する件
 日本学術会議の会員就任の承認に関する件
    ―――――――――――――
#2
○大村委員長 これより会議を開きます。
 第九控室民主党及び第十控室民主党から、おのおの理事一人を選任することになつておりますので、この際理事を追加選任いたしたいと思います。第九控室の方は椎熊君、第十の方は坪川君にお願いすることにして御異議ありませんか。
    「異議なしと呼ぶ者あり〕
#3
○大村委員長 御異議がなければさように決します。なお福利小委員も各派から一人ずつということになつておりますから、坪川君が従來小委員であります。よつて第九控室の方は園田直君にお願いしたいと思いますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○大村委員長 ではそのように決します。
    ―――――――――――――
#5
○大村委員長 次に両院法規委員会から議長まで、法規委員会に専門員を置くようにという、国会法改正についての勧告案が提出されております。その取扱いについて議長から御諮問がありますので、一應お手元に配布いたさせます。本勧告案は国会法の一部改正を必要とするものでありますから、各派においてあらかじめ御検討をいただいた上で、後日あらためて御協議願いたいと思います。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○大村委員長 では事務総長から御説明願います。
    ―――――――――――――
#7
○大池事務総長 御報告申し上げますことは、考査特別委員会の委員の割当は、先日各派に一應申し上げたわけでありますが、ただいまのところ共産党と労農党だけお届出がありますが、その他の方はまだございませんので、至急に委員部の方までお届けを願いたいと思います。考査特別養負会の委員候補者の申出であります。それから昨日ちよつと御報告申し上げました日本学術会議の会員就任承認の件と、学術会議の会員になつております参議院議員の田中耕太郎さん、高瀬荘太郎さん、堀眞琴さん、羽仁五郎さん、この四人が現在日本学術会議の会員でございますので、その方が議員と兼務のできるように、国会法の第三十九條の但書による承認を求めて来ておるわけでありますから、もし各派におきまして、この四人の方が問題ないということになりますれば、適当の機会に本会議で承認の議決をいたしたい、こう考えておるわけでありますから、各派の方でこれに対する御態度がきまりましたらば、お願いをいたしたいと思います。 
#8
○神山茂夫君 今総長から報告のあつた二つの案に関しましては、考査特別委員会の方は、せつかく石田君からお話があつてできたのですから、早く委員をきめて、早く実際に活動するようにしてもらいたいと思います。共産党と労農党だけが出しておるということでは困ると思いますから、ここで絶対多数の威力を発揮して、一日も早くできるように、促進方を申し入れて置きます。第二の学術会議の会員の方を承認することでありますが、皆さん御承知でありましようが、今度の選挙は特例法によつて行われましたので、現に共産党では風早君、その他渡部義通君もそうですが、学術会議の会員になつているのを、われわれ辞退して立候補したような事情があるわけです。従つてこの方々を承認することにつきましては、私たちまだどうこう言うのではありませんが、こういう振合いがあるのです。参議院の方を承認するのであつたならば、選挙法の改正が政府側でも、それから民自党側でも考えられておる時期でもありますし、現に渡部義通君や風早君のように、一度会員に当選したものをやめさせた、こういう問題に関連させて、この問題を解決する必要があるのじやないかと思います。
#9
○石田(博)委員 これは人事委員会の学術会議会員の資格についての認定の仕方というものから出発してくる問題であろうと思います。それで今急にと申しましても、確かに神川君のおつしやるようにそういう前例があることであり、振合いもあるので、きよう急に決定するということではなく、いましばらく延ばして置きましよう。
#10
○神山茂夫君 それでは今石田君のお話もありますので、私の方でもこの問題について十分考慮しまして、その上でまたおきめ願いたいと思います。
#11
○石田(博)委員 ちよつと参考までに伺つておきたいのですが、渡部君や風早君がおやめになつたときは、法規上の解釈に従つてやめたのだろうと思いますが、その場合はどういう御解釈でおやめになりましたか。
#12
○神山茂夫君 あれは御承知のように今度の特例で、他の官公應職員その他の公職を兼任することができないというので、大体十日前にやめたわけです。学術会議の選挙はその前にあつたのです。今二人を例にあげましたが、二人の場合は残念ながら学術会議の方を辞退して、衆議院一本でやつたという事実があるわけです。これは特例法に基いてこうなつたものですから、今言うように選挙法改正の問題もありますし、これとのにらみ合せも十分お互いが納得した上で、承認することなら承認することにしたいと思います。
#13
○石田(博)委員 今考査特別委員会の委員申出の件は、先ほど神山君がおつしやつた通りで、反対をせられた共産党が一番先にきめられたという、非常に御熱心なので恐縮しておるようなわけですが、確かにおつしやる通りつくつた以上は、急いで活動を開始しなければならぬので、私どもの方としても準備はできておるのであつて、至急にその運びにしたいと思いますが、将來のことなのでいつまでも待つておるわけに行きませんから、一定の期日をきめて、いつまでの間に委員の申出をするということにしたいと思いますが、七日のこの委員会までということに一應きめたいと思います。
#14
○神山茂夫君 今のことに関連して、民自党にお尋ねします。社革に一名譲るという話はどうなつたのですか。 
#15
○石田(博)委員 今役員会議等においていろいろ話合いをしておりますが、まだいづれともお答えをする段階に至つていないようなわけです。
#16
○神山茂夫君 その点もあらためてお願いするのですが、この点についてはいろいろ論議もありまして、共産党の見解は少数で否決されて、民自党が一應過半数を握つておられるわけであります。これを一人社革にお譲りになつても、過半数は動かないわけです。ここではひとつ民自党が大與党の大きいところを見せて、社革に一名だけを譲つて、社革からも一人出して、形の上でも内容でも、決議の精神が生きるようにしてもらえば、みんな納得するのじやないかと思います。
#17
○石田(博)委員 御趣旨は十分体して、努力をしております。
#18
○大村委員長 ほかに何か御発言はございませんか。
 別になければ、この際内々各派の方と御相談を申したい点がありますから、本委員会を秘密会にいたしたいと思います。議員及び関係者以外の方の御退席を願いたいと思います。
     ――――◇―――――
    〔午前十一時四十一分秘密会に入る〕
    〔午後一時四十五分秘密会を終る〕
     ――――◇―――――
#19
○大村委員長 それでは運営委員会はこれで散会いたします。
    午後一時四十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト