くにさくロゴ
1949/04/26 第5回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第005回国会 議院運営委員会 第25号
姉妹サイト
 
1949/04/26 第5回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第005回国会 議院運営委員会 第25号

#1
第005回国会 議院運営委員会 第25号
昭和二十四年四月二十六日(火曜日)
    午前十一時十九分開議
 出席委員
   委員長 大村 清一君
   理事 石田 博英君 理事 今村 忠助君
   理事 佐々木秀世君 理事 土井 直作君
   理事 椎熊 三郎君    大石 武一君
      岡西 明貞君    倉石 忠雄君
      田中  元君    田渕 光一君
      塚原 俊郎君    西村 直己君
      福永 健司君    松井 政吉君
      園田  直君    神山 茂夫君
      寺本  齋君
 委員外の出席者
        議     長 幣原喜重郎君
        副  議  長 岩本 信行君
        文部委員長   原   彪君
        議     員 高田 富之君
        議     員 吉川 久衛君
        議     員 羽田野次郎君
        議     員 中村 寅太君
        事 務 総 長 大池  眞君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 委員派遣承認申請に関する件
 決議案の取扱いに関する件
 選擧法改正に関する特別委員の指名に関する件
 委員の異動に関する件
 本日の本会議に関する件
 事務局人事承認に関する件
 特別委員会設置に関する件
    ―――――――――――――
#2
○大村委員長 これより会議を開きます。
 文部委員会の委員派遣承認申請の件について議長から諮問があります。これを議題といたします。文部委員長からその趣旨について御説明を承るはずでありますが、文部委員長がまだお見えになりませんから、おいでになるまで延期をいたしておきます。
 次に六・三制の完全実施に関する決議案の取扱い方について御協議を願います。事務総長から御説明を願います。
#3
○大池事務総長 六・三制の完全実施に関する決議案の取扱いについては先般來問題になつておりまして、文部委員長に兩案を差上げまして委員会で案を練つていただきたい。そこでまとまつたものをやろうということで今日までお骨折りを願つた結果、お手元にただいま差上げましたような案文に一決をいたしたようであります。從いまして提出者は原彪さん以下二十四名ということで全員一致の決議案ができたわけでございます。從つて皆さんの方で御異議がなければ、これをいつ上げるかという時期の問題について御協議願いたいと思つております。
#4
○土井委員 大体文部委員会で各派の協同的な決議ができたということであり、ことにオーケーをもらつておるということであれば、今日でも上程するようにしたらどんなものですか。
#5
○神山委員 私も土井君の意見に賛成です。
#6
○大村委員長 これは長い間の懸案でもあり、なるべく早く上程することにしたらどうかという御意見でありますが、本日の日程に上程することについて御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○大村委員長 それではその通り決します。
    ―――――――――――――
#8
○大村委員長 なお決議案につきましては政府支拂促進に関する決議案が出ております。関連をいたしておりますから、この際御協議を願つたらどうかと思います。事務総長から御説明を願います。
#9
○大池事務総長 政府支拂促進に関する決議案が民主黨第九控室の苫米地義三さん、北村徳太郎さん、千葉三郎さんから提出になつております。この決議案の内容でよろしいか、それから御賛成があるかという問題は、これは各黨協同提案になつておりませんから……
#10
○園田委員 これは協同提案ということになつております。ただ民主連立派だけが抜けておりますが……
#11
○土井委員 この決議案を上程することはいいのですが、いわゆる第二項の中の特別調査委員会を本院に設置するという問題、これについては特別委員会たくさんつくることはどうかという考えがあるので、この点についての修正を提案者の方でお考えを願えれば非常にけつこうだと思います。
#12
○大池事務総長 そこで先ほど共産党の方々にお話をしたのですが、あわせて支拂促進と官紀の振粛をはかることとして、実際は大蔵委員会でやつたらどうかという意見ですが……
#13
○園田委員 最初そういう話でしたが、今ちよつと相談に行つておりますから、お待ち願いたいと思います。
#14
○田渕委員 この問題は他の派と御協議願つておりますからちよつと御留保願つて、今文部委員長が見えておりますから、その方の御説明を願つてはどどうですか。
#15
○大村委員長 それでは政府支拂促進に関する決議案は、あとまわしにいたしまして、文部委員長が御大席になりましたから、この際文部委員会の委員派遣承認申請の件について御協議を願いたいと思います。
#16
○原文部委員長 過日の運営委員会に法隆寺視察のため委員の派遣方をお願い申し上げたのですが、そのときは法隆寺ばかりでなく京都、大阪方面の実情も調査することをつけ加えましてお願いしましたところ、日にちが長いということと、國会会期中という理由をもちまして保留となりました。しかしわれわれ委員会としては、どうしても具体的な文化財の調査はぜひ必要がございますし、また二、三日前の新聞にもあの大切な建物に穴があいてすき間が見えるような状態で、いつ修復がなるのか見るにたえないというような新聞記事があります。また法隆寺のあの建造がこのままの状態では、いつ地震にあうかもしれませんし、あつた場合にはつぶれてしまうというようなことが新聞にあつた。そういうことをあわせ考えますと、どうしても法隆寺の視察をしたいと思いますので、今度は法隆寺だけに限りまして、往復の機関を入れて四日として御承認を賜わりたいと思います。人数は全部で五名でございます。
#17
○神山委員 すでに文部委員会で共産党側も賛成しております。今委員長の報告にもありましたように、他の國宝と関連して議会がもつと関心を拂わなければならぬと思いますので、今言われました程度の視察なら、満腔の賛意を表したいと思います。
#18
○大村委員長 速記をとめて……
    〔速記中止〕
#19
○大村委員長 それではただいまの委員派遣の件は、議長においてこれを承認すべきものと答申するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○大村委員長 御異議がなければさように決しました。
    ―――――――――――――
#21
○大村委員長 次に大阪における三月二十七日及び四月二日のデモ取締りに関する現地調査報告の件を議題といたします。
#22
○大池事務総長 あの調査に大阪へ參られました民自党の菅家喜六さんから、本議場で御報告いたしたい。こういう申出があります。
#23
○大村委員長 本日の本会議に報告することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#24
○大村委員長 それではさように決しました。
    ―――――――――――――
#25
○大村委員長 次に選挙法改正に関する特別委員会の委員指名の件を議題にいたします。委員指名の件はもう各党から出ておりますから、今日これを指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#26
○大村委員長 それではそのように決します。速記をとめて……
    〔速記中止〕
#27
○大村委員長 それではただいまいろいろ御発言がありましたが、小会派にはオブザーバーとして一人理事会に出席される。但し議決権はないという程度で御了承願うということにいたしまして、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#28
○大村委員長 それではそのように決します。
    ―――――――――――――
#29
○大村委員長 次に委員の異動に関する件を議題にいたします。この件につきましては懇談会でまず御協議願いたいと思います。速記中止を願います。
    〔速記中止〕
#30
○大村委員長 速記を始めてください。
 委員の異動に関しましては、常任委員会の本質にかんがみまして十分慎重にやるという原則はこれを承認し、その内容の申合せ等の決定は次回に延しまして、そのときにさらに各党で御考慮になりました結果を持ち寄りまして協議するということで、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#31
○大村委員長 それではそのように決します。
    ―――――――――――――
#32
○大村委員長 人事承認の件を議題に供します。
#33
○大池事務総長 人事承認の件について御説明を申し上げます。ただいまお手元に配付いたさせます人思のことでありよすが、まず第一は常任委員会の專門員の御承認であります。菅田清治郎さんは現在経済安定委員会に調査員としてずつと勤めておるのであります。藤井さんは同じく調査員として現在農林委員会に勤めておる方であります。これは御承知の通り最初から專門員の候補者として選考された方でありまして、初めから從來のごとく特別職になつておりますれば、この委員会の御承認を経てこのまま專門員になれたのでありますが、御承知の通り特別職が一般職に編入されたために、まず第一に人事院の承認が必要になりまして、そのために人事院の方菅田さん並びに藤井さんの承認方を要求しておつたのであります。ところが菅田、藤井君とも一昨日人事院の承認を経、從つて関係方面の了解も得たのであります。すべての内部的な準備がととのいましたので、各委員長から御推薦の両君を当委員会の承認を経て議長が任命するということにお願いをしたいと思つております。
 それから横大路さん、これは現実に法務廰におられる方でありまして、すでに勅任の有資格者であります。一應人事院並びに関係方面の了解もパスしておるのであります。この方は労働委員会の大橋さんが過日御病気のためおやめになりました補欠として、今回労働委員長の御推薦によつてこの方をお願いするわけでありますから、その点を御了承願いたいと思います。
#34
○神山委員 始めの二人の菅田さんと藤井さんの経歴はもとより私たちは特別に言うべきことはありませんけれども、第三の横大路さん、この方は経歴をざつと見ますと、出ることでありますが、特高課長をやつたことがあり、それから終戰直後に富山縣警察部長をやつておられます、場所がほかの所でしたら私は何も申し上げませんが、この人がもし労働関係に入つて來ることになりますと、時節柄ポツダム政令百一号の改正が行われるときに、前の特高課長、また警察部長であつた人が議会の中で正規の專門員になることは、私たちとしては賛成できないし、また世間の誤解を生むのではないかと心配するのあります。私どもとして絶対反対したいと思います。
#35
○大村委員長 速記を中止して……
    〔速記中止〕
#36
○石田(博)委員 動議を提出いたします。労働委員長から推薦せられました労働委員会專門調査員の承認の件につきまして、懇談会におきましては種々議論はございましたけれども、両方の議論の立場はいくら繰返してみても妥結点はなかなか見出せないと思います。われわれといたしまして委員長の権限に所属することであり、かつわれわれの推薦いたしました委員長に絶対信頼をおいておりますので、その御判断をこの際承認いたしたいと思います。すみやかに採決せられんことを望みます。
#37
○土井委員 わが党といたしましては動議採決に入るに先だちまして、一言態度を表明いたします。労働委員会における理事会にはわが党の理事である前田君が出席しておりません。從つてここで突然こういう人の任命が出て參りましたので、わが党としては採決に加わることを保留いたします。
#38
○神山委員 私も党を代表してこの問題に対する態度を表明しておきたいと思います。すでに初めから横大路君をこういうとろに入れることについて反対しておりますが、さらにあらためて申し上げますと、この人の経歴に特高警察及び警部部長としての仕事が関連しておる。このことが第一問題であります。パージにかかつていないことは認めるとして、現在労働法規の改悪をめぐつて大きな國民的関心が國会に向けられており、さらに世界の議論もこの問題を注視しておるときに、労働委員会に所属する專門員の中にかつてこういう経歴を持つた人物が入つて來ることは、客観的に見て非常な弊害が生ずるのではないかということを心配するので、この点については第一に反対をする次第であります。さらに先ほど懇談会の席上土井君から懇々と言われた通り、委員会に所属する專門員の採用にあたつてはできるだけ――もちろん委員長の権限ではありましようが、理事諸君及び委員の方の満場一致の採決が望ましいということは将來とも私たちの希望するところであつて、この際はそういう点でも若干不備の点があつたのではないかと思いますので、私たちとしてはあくまで横大路君を労働関係の專門員にすることには党をあげて反対いたします。
#39
○大村委員長 それではただいま石田君から動議がありました点について採決いたします。横大路俊一君を労働委員会の專門員として承認することに御賛成の方は挙手を願います。
    〔賛成者挙手〕
#40
○大村委員長 多数。よつて承認することに決しました。
 なお菅田清治郎君を経済安定の專門員にすること、藤井信君を農林專門員にすること、この二つの点については御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#41
○大村委員長 それでは承認することに決しました。
#42
○大池事務総長 もう一人お手元に差上げてあります西田竹治君、御承知の通り本院の営繕建設事務の方が議員さんの宿舎をつくるとか、議員会館をつくりますために非常に仕事がふえて參りまして、内部の会計事務をとる者を種種探しておつたのであります。西田君はずつと技術方面で今日まで内閣でやつておりまして、ただいまの議会を建設する当時からわれわれの方に參画していただいだ方であり、この方を何とかしてもらいたいと種々交渉の結果、今回衆議院の方へ行くなら差向けようということになり話がついた次第であります。從いましてこの方に営繕の会計事務等を持つてもらいたいと考えております。御了承願いたいと思います。
#43
○大村委員長 ただいまの西田竹治君を參事に任用する件は御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#44
○大村委員長 それではその通り決しました。
    ―――――――――――――
#45
○大村委員長 次に政府の支拂促進に関する決議案の取扱い方を御協議願います。
#46
○石田(博)委員 これは私どもとしては異議がないのですが、各派協同提案の形に至急お直しを願います。
#47
○園田委員 先ほど一番初めに特別委員会設置に若干の異論があつたようでありますが、わが党としては現在五百二十数億の政府支拂金があり、しかも第一、四半期は仕入期であります。しかるに九原則によつて金融は断絶し、財政は逼迫して國民の経済を脅かしますし、その期間も政府支払いの五百二十数億の処理の見通しがつく短期間でありますので、このまま御了承願いたいと思います。
#48
○神山委員 先ほど懇談いたしました場合に、私たちはこの精神には全面的に賛成でありますけれども、決議の内容になつておる第二項中の調査委員会を本院に設置することについては、修正されてはどうかという申入れをしたのでありますが、提案者側のお話を承り、考慮した結果、この決議案文のままわが党としては賛成することにいたします。
#49
○椎熊委員 特別委員会を設置することになりますと、各党から委員も出るのですから、政府との間に摩擦が起るようなことはないと思いますし、ほんとうに正当のものなら早く支払つてくれということはいいと思います。だからこのまま御賛成を願いたいと思います。
#50
○大村委員長 政府支払促進に関する決議案は原案のままとし、本日の日程に上程することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#51
○大村委員長 なおこの決議案が成立いたしました場合においては、委員数を三十名とすることを緊急動議によつて決することにいたしたいと思いますが、これについても御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#52
○土井委員 なおこの特別委員会に対して、わが党としての希望を付しておきます。要するに今停滞しておる支払いが完了した場合には、この委員会はただちにやめるということを前提といたしたいと思います。
#53
○神山委員 さらに私から一つ希望があります。これは非常に緊急を要する問題と思います。これは金をもらう側がどのくらい困るかはもちろんでありますが、國民経済が非常に逼迫しておるときでありますから、一日も早くこれが実現するようには各党協力してやつていただきたいということを希望しておきます。
#54
○大村委員長 ただい土井君及び神山君から御希望がありましたが、その御希望の点も了承するに異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#55
○大村委員長 それではただいま申し上げましたように決しました。
    ―――――――――――――
#56
○大村委員長 次に緊急質問について御協議願います。
#57
○大池事務総長 ただいま緊急質問が実は四つ出ております。要するに為替レート設定に関する緊急質問でございますが、今度の為替レート設定に関して緊急質問をいたしたいという申出が周東英雄さん、川島金次さん、川上貫一さん、荒木萬壽夫さんの四人から出ております。これをまずやるかやらぬか御協議願いたいと思います。
#58
○椎熊委員 この為替レートの設定に関して私は政府みかすら発言の氣配があると思つて見ておりましたが、それがないようであります。
#59
○土井委員 これは一本にまとめたらどうでしよう。
#60
○石田(博)委員 政府で発言する機会があつたのですが、緊急質問があるというので今日まで控えておつたのであります。
#61
○神山委員 一本にすることはむりじやないかと思います。周東君あたりに代表質問させればいいが、それでは緊急質問の意味がなくなる。私の考えでは土井君がどういう意味で一本にしろと言われるかしらぬが、時間を制限してでも各党からおのおのやつた方がいいと思います。
#62
○土井委員 私の言つたことを大体神山君は了解に苦しむという話だつたが、この問題については予算委員会でもうすでに議論しておる。たとえば為替レートの設定後における財政金融に及ぼす影響いかんというようなことでとつくにやつておるのです。だから今初めて緊急性というのはおかしい。私の言つておるのは、この場合政府の意思を明確にするなら、為替レートが一本になつたからこういうふうにするということを政府から先に議会において言つてしかるべきである。そういう意味で予算委員会に回付してやるベきだと私は思います。
#63
○椎熊委員 為替レートは今に始つたことではない。こういうふうにきまつたということに非常に緊急性があり、それなればこそ兜町でああいうふうになつておる。だから政府は黙つておつても発言すべきだ。そうしてその機会にあらゆる質問をすべきだと思う。
#64
○石田(博)委員 たしかに椎熊のおつしやるように、こういう場合に政府がこれに対処する諸般の施策を明らかにすべだが、與党からも野党からも緊急質問が出るというので、それならそれに答弁の機会を與えようと思つておつた。こうたくさん出ると、これを一本にしてだれにやらすということはめんどうだから、全部やめて政府が自発的にやつて、詳細は予算委員会でやるということでいかがですか。
#65
○大村委員長 ただい石田君から発議がありましたが、緊急質問はやめて、政府から自発的にこの問題に対する説明をするということで御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#66
○大村委員長 それではそのように決します。
#67
○土井委員 きのうわが党から事務総長を通じて特にお願い申し上げておつたのであります。それは労働関係法規の改正と定員法の問題は、いきなり委員会へ持つて行かないで、本会議で一應質疑をさせていただきまして、それから委員会に付託するという運びをきのうお願いしておつたのであります。衆院運営委員会としてもそういう扱いをしていただくことにお願いを申上げておきます。
#68
○神山委員 わが党もそのようにお願いしたいと思います。
#69
○石田(博)委員 この問題については、わが党として今まで承つたのは労働法規だけで、定員法は今初めてです。從つてこれについてどういう態度をとるか、今ここで御返事申し上げたくない。労働法規はすぐ出て來るわけでないので、次の運営委員会にでもゆつくりどうぞ。
#70
○神山委員 私どもは労働法規、定員法も含めてやつていただきたいのですが、與党側の準備もあるでしようから後ほどに……
#71
○大村委員長 ただいま土井君の御提議につきましては、次の委員会でまた御協議を願いたいと思います。
#72
○石田(博)委員 お手元に先般わが党からお願いを申し上げておきました観光事業振興方策樹立のための特別委員会の要綱を配付してあります。御熟覧の後、各党において御協議の上次回にお願いいたします。
 もう一つお願いしたい点は、各党それぞれの関係議員からお話があつたことと思いますが、廣島市に対しまして平和都市として指定する特別法案を國会に提出したい。こういう意見が党内において一應決定したのであります。その趣旨に社会党では佐竹新市君あたりが熱心にやつておりますから御了解と思いますが、御承知の通り廣島市は日本最初の原子爆弾を受けた都市でありますので、それに対して世界的関心が高まつておる。その復興についての関心はもとよりのこと、原子爆弾の惨害の及ぼす範囲について監視せられておるときでありますので、これを平和都市としてりつぱに再建して行くことに非常に世界史的にも意義があるということと、もう一つは原子爆弾の最初の被害地に対するアメリカ側の同情というか、援助というか、非常に高まつて來ておるときでありますので、わが國においてもこれに対する受入れ態勢上、そういう取扱いをしておきますと、一層それが促進せられるというようなことにもなります。その法案の要綱については次回に配付されます。ま各党の関係議員からの了解があると思いますが、できれば満場一致の形をもつて參りたいと考えております、その法案については、今のところは國家の財政その他から予算的措置はしておりませんが、将來に考えたいというように持つて行きたいと思います。御了承願います。
#73
○田渕委員 本國会の本会議日は、先般当委員会において委員長から從來通り火木土に内々的に御決定になつたのでありますが、本日各党の御質問を得て、できれば月水金に御変更願いたいと思う。と申しますのは、土曜日の本会議の閉会が延びますと、非常に時間が遅れますので、健康の保持上、また生理衛生上、事務的処理上、ぜひとも本会議日を月水金に御変更願いたいと思います。
#74
○大村委員長 速記を止めて……
    〔速記中止〕
#75
○大村委員長 速記を始めてください。ただいま田淵君の提案については、なお互いに研究するということで、本日は決定を延ばしたいと思います。
#76
○神山委員 それに関連して御相談申し上げますが、現在の議案の上り方から見て、それからもう一つ今度の二十九日、來月の一日、三日、五日というように休みがつながるわけであります。この間本会議をどのようにするか、その点について一應話をきめておきたいと思います。
#77
○石田(博)委員 これは一時から本会議が開かれますので次回に延期して、本日はこれにて散会されんことを望みます。
#78
○大村委員長 それでは本日はこれにて散会いたします。
    午後零時五十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト