くにさくロゴ
1948/12/09 第4回国会 参議院 参議院会議録情報 第004回国会 両院法規委員委員会 第1号
姉妹サイト
 
1948/12/09 第4回国会 参議院

参議院会議録情報 第004回国会 両院法規委員委員会 第1号

#1
第004回国会 両院法規委員委員会 第1号
昭和二十三年十二月九日(木曜日)
   午前十一時二十五分開会
  ―――――――――――――
 委員氏名
           新谷寅三郎君
           高瀬荘太郎君
           松村眞一郎君
           黒田 英雄君
           鈴木 安孝君
          前之園喜一郎君
           藤井 新一君
           羽仁 五郎君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○委員長の互選
○理事の互選及び役員の任期の件
○委員長室及び事務員に関する件
○両院法規委員会の開会に関する件
○委員の辞任に関する件
  ―――――――――――――
   〔年長者鈴木安孝君仮委員長と
なる〕
#2
○仮委員長(鈴木安孝君) これから両院法規委員参議院側の委員長の互選会を開会いたします。
#3
○黒田英雄君 この際成規の手續きを省略して松村眞一郎君を委員長に選任するの動議を提出いたします。
#4
○藤井新一君 黒田委員の動議に賛成いたします。
#5
○仮委員長(鈴木安孝君) 黒田委員の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○仮委員長(鈴木安孝君) それでは動議の通り松村眞一郎君が委員長に選任されました。(拍手)
   〔松村眞一郎君委員長席に著く〕
#7
○委員長(松村眞一郎君) 只今議決によりまして、不肖私が委員長の重責に任ずることになりました。皆樣の御援助によりまして職責を完うしたいと存じます。理事を互選したいと存じますが、いかがでございましようか。
#8
○高瀬荘太郎君 理事の数は二名とし、委員長の御指名に一任するの動議を提出いたします。
#9
○黒田英雄君 高瀬委員の動議に賛成いたします。
#10
○委員長(松村眞一郎君) 高瀬委員の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(松村眞一郎君) では藤井新一君及び前之園喜一郎君を理事に指名いたします。
#12
○藤井新一君 本委員会の役員は各会期毎に交替するのが宜しいと思います。
#13
○委員長(松村眞一郎君) 皆樣の御意見はいかがでしようか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(松村眞一郎君) ではそのように決定いたします。
#15
○藤井新一君 この際委員長からさきに事務局に了解済みのはずである、委員長用の部屋を決めて載きたい。それから專任のタイピストを一名置くことを提案します。尚、衆議院との合同の法規委員会を急速に開いて貰いたいと思います。
#16
○参事(河野義克君) 委員長用の机割当の事に関しましては、第二回國会から懸案であり、事務局としても十分考慮したいと考えております。
#17
○新谷寅三郎君 この委員会は働き方如何によつては非常に重要な存在であるが現在のままでは働き難いのです。部屋の割当についても委員長及び理事から議院運営委員会に提案して載きたいのですが、事務局の方でも凡ゆる方面で充分協力をして載きたいのです。
#18
○参事(河野義克君) 出來る限りのことをいたしたいと存じております。
#19
○藤井新一君 特に両院の法規委員会を早急に開いて載きたい。
#20
○委員長(松村眞一郎君) 衆議院側と協議の上早急に開くことにいたします。尚、藤井さんからの御提案の部屋の件、経費の件、事務員の件理事とも相談の上実現するようにしたいと思います。
#21
○藤井新一君 遠山君の辞めたのは委員長の互選の前であつたので手續上疑義があると思うがこれはいかが処置したらよいでしようか。
#22
○参事(河野義克君) これに関しましては、両院法規委員会規程により委員が辞任するときは、委員長を経由してその両の許可を受けなくてはならないのですが「委員長が選任されるまでは年長者がこれを管理する」とありますので、その「までは」となつていることから解釈して單に互選会のときのみならず、それ以前におきましても委員長の職務を行い得るとしたのであります。又、どうしても辞めねばならぬ理由のある方を委員長が選任されていないからといつて辞任できないというのもどうかと考えます。
#23
○委員長(松村眞一郎君) 前もつて各委員に通知してよく檢討してから処置した方が良かつたと思うのです。又、委員長が互選されてから辞任しても遅くはないので順序を踏んで辞任すべきであつたとも思います。尚、これは相当重要な問題でもあるので、遠山君の辞任を是認するか再檢討するか各委員の御意見はいかがでしようか。
#24
○藤井新一君 いかがでしようか、この問題は是認するとして水に流して今後はこんなことが起らないようにしたいと思いますが。
#25
○高瀬荘太郎君 藤井さんの御意見には賛成です。法規上の解釈がはつきりしていなかつた点もあるし、又委員長の互選がこんなに延び延びになつて仕舞つたという事情もあつたので今度は問題としないことにして、今後はこの法規を如何に解釈するかということをよく議した上で、法規通りに運営して行きたいと思います。
#26
○鈴木安孝君 藤井君の御意見に賛成いたします。
#27
○委員長(松村眞一郎君) それでは遠山君の辞任に関する手續きは今回は事実として今後は法規の解釈を明かにして嚴格に手續をすることにいたします。尚、衆議院と合同して行う両院法規委員会は先方ともよく協議した上でなるべく早く開きます。本日はこれを以て散会いたします。
   午後零時六分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     松村眞一郎君
   理事      藤井 新一君
   委員
           新谷寅三郎君
           高瀬荘太郎君
           黒田 英雄君
           鈴木 安孝君
  事務局側
   参     事
   (委員部長)  河野 義克君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト