くにさくロゴ
1948/12/20 第4回国会 参議院 参議院会議録情報 第004回国会 本会議 第17号
姉妹サイト
 
1948/12/20 第4回国会 参議院

参議院会議録情報 第004回国会 本会議 第17号

#1
第004回国会 本会議 第17号
昭和二十三年十二月二十日(月曜日)
   午後八時四十二分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
 議事日程 第十五号
  昭和二十三年十二月二十日
   午前十時開議
 第一 國立病院、療養所職員の待遇改善に関する請願(委員長報告)
 第二 山形縣新庄地区電力増配に関する請願(委員長報告)
 第三 九州地方の電力確保並びに電氣事業再編の陳情(委員長報告)
 第四 天然ガス開発資金助成に関する陳情(委員長報告)
 第五 中小企業振興に関する陳情(委員長報告)
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議長(松平恒雄君) 諸般の報告は朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#3
○議長(松平恒雄君) これより本日の会議を開きます。
 この際、日程に追加して、砂糖消費税法等の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(松平恒雄君) 御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。
大藏委員長櫻内辰郎君。
   〔櫻内辰郎君登壇、拍手〕
#5
○櫻内辰郎君 只今議題となりました砂糖消費税法等の一部を改正する法律案の大藏委員会における審議の経過並びに結果を御報告いたします。
 去る十二月四日より十二月十九日まで愼重に審議いたしまして、質疑應答の後、十二月十九日討論に入り、採決の結果、全会一致を以て原案通り可決すべきものと決定いたしたのであります。
 先ず本案の提案理由及び改正の要点について申上げます。政府は本國会に補正予算を提出しておりますが、その財源の一部に充てるため輸入砂糖に対する課税を復活しようというのであります。即ち輸入砂糖については主要食糧として配給されておりましたので、砂糖消費税を課さないこととし、第二國会において租税特別措置法の一部を改正し、本年七月七日より施行したのでありますが、その後の食糧事情の変化により、去る十月を以て主要食糧としての砂糖の配給は停止されましたので、右の租税特別措置法を更に改正し輸入砂糖に対する非課税の措置を廃止しようというのであります。尚、煉乳製造の用に供せられる砂糖は、從來免税されておりますが、それと同樣の性質を持つ育兒食の製造の用に供せられる砂糖に対しましても免税することといたしますと共に、主要食糧としての配給は十月を以て停止されたのでありますが、未だその配給が完了していないので、その分に対しては從來通り非課税としておるのであります。次にサツカリン及びズルチンに対する物品税の引下げでありますが、サツカリン及びズルチンは、第一國会においてその税率を從來の五倍に引上げたのでありますが、その後砂糖の供給が増加されましたので、サツカリン及びズルチンの價格は下落し、現在の税負担に堪えることが困難の状況となりましたので、今回その税率を引下げようというのであります。この改正によりまして、砂糖消費税においては補正予算に約三十億円の増收が計上せられており、又物品税においては、この改正によつても現在までの課税実績及び税率の経減による供給の増加を考慮に入れますると、予算額に対して減收を來さない見込であるのであります。
 さて本案審議に当り各委員より熱心なる質疑があり、政府又これに対して懇切なる答弁がありましたが、その詳細は速記録により御承知を願いたいと存じます。かくて質疑を終局し、十二月十九日討論に入り、採決の結果、全会一致を以て原案通り可決すべきものと決定いたした次第であります。右御報告申上げます。(拍手)
#6
○議長(松平恒雄君) 別に御発言もなければ、これより採決をいたします。本案全部を問題に供します。本案に賛成の諸君の起立を請います。
   〔起立者多数〕
#7
○議長(松平恒雄君) 過半数と認めます。よつて本案は可決せられました。
     ―――――・―――――
#8
○議長(松平恒雄君) 日程第一の請願を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。厚生委員長塚本重藏君
   〔塚本重藏君登壇、拍手〕
#9
○塚本重藏君 只今議題となりました請願文書表第五十二号、國立病院及び療養所職員の待遇改善に関する請願について、厚生委員会における審議の経過並びにその結果を御報告申上げます。
 先ず本請願の趣旨を申上げます。現在國立病院は病床三万でありますが、そのうち一万の空床があります。國立療養所は五万五千余の病床を持つておるに拘わらず、そのうち二万一千四百六十八という空床があるのであります。かくのごとき多くの空床が現にあるということは、一にこれは國立病院及び療養所の職員の手不足から來ておるのであります。このような職員につきまして三割乃至四割の欠員があるということが、空床が沢山あるにも拘わらず患者を收容することのできない原因であります。而もそういう職員の不足ということが、現に働いておりまする國立病院及び國立療養所の職員の労働を非常に過重にいたしております。このような職員不足の原因は一体どこに起因しておるかと申しますならば、それは民間の療養機関関係の職員の給與に比べまして余りにもその待遇が低いことに原因があるのであります。そこで、この問題を今のうちに解決して置かなければ、折角の多額の経費をかけて病院、療養所を建設して置きながら、それを十分に活かして行くことができないのは甚だ遺憾であります。つきましては、このことについていろいろの要求があるのでありまするが、取り分け、ここに、第一に衞生技術官の待遇の改善、第二には特殊勤務手当の支給、第三には超過勤務手当の実働による支給、こういう三点は早急にこれを解決して貰わなければならないというのが請願の要旨であります。委員会におきましては、國立病院及び療養所の職員の待遇改善について、第二國会、第三國会と引続き同樣の請願陳情を受け、その都度実情を調査し、政府に改善を要望して参つたのであります。
 これがために、その後政府におきましては、國立病院、療養所の職員の待遇改善につきましては、相当の努力を拂つております。特に衞生技術官の待遇について考慮し、癩、結核、精神病患者の治療に從事いたしまする者については、特殊勤務の手当の支給は現在困難でありますけれども、特殊勤務加俸を認めまして、医師に対しては五号俸、看護婦については三号俸、レントゲン技師及び一般職員には二号俸をそれぞれ加俸し、一般の國立病院でも特殊な患者を取扱う職員にはこれに準じて加俸し、本年一月に遡つて実施してとのことであります。又超過勤務手当については一ケ月十時間に制限せられておるのでありまするが、病院勤務の特殊事情からいたしまして、晝夜の別なく勤務することが多いので、これを考慮し、現に八月までの分は実働に應じて支給しており、九月から十一月までの分は未だ調査ができていないので、取敢えず概算拂をいたしておるのであります。これらもその調査が完了いたしまするならば精算するようにいたしておるのであります。又職員の不足は、單にこれら給與の問題に止まらず、住宅の不足が相当の隘路となつておりまするので、來年度において公共事業費から相当の経費が得られるよう、財政当局と折衝中であるとの政府の答弁がありました。本委員会といたしましては、國立病院及び療養所の職員の待遇は民間に比して相当に低い、又欠員も非常に多いことを認めまして、これらの改善を重ねて政府に要望いたしまするために、本請願は院議に付して内閣に送付すべきものと決定いたした次第であります。以上御報告申上げます。(拍手)
#10
○議長(松平恒雄君) 別に御発言もなければ、これより採決いたします。本請願は委員長報告の通り採択し、内閣に送付することに賛成の諸君の起立を請います。
   〔起立者多数〕
#11
○議長(松平恒雄君) 過半数と認めます。よつて本請願は採択し、内閣に送付することに決定いたしました。
     ―――――・―――――
#12
○議長(松平恒雄君) この際、日程第二の請願及び日程第三より第五までの陳情を一括して議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○議長(松平恒雄君) 御異議ないと認めます。先ず委員長の御報告を求めます。商工委員会理事宿谷榮一君。
   〔宿谷榮一君登壇、拍手〕
#14
○宿谷榮一君 商工委員会に付託になりました請願並びに陳情に関する審査の結果を御報告申上げます。
 請願第五十七号、山形縣新庄地区電力増配に関する件、陳情第九号、九州地方の電力確保並びに電氣事業再編に関する件、陳情第二十号、天然ガス開発資金助成に関する陳情、次に陳情第二十七号、中小企業振興に関する陳情、右については当委員会におきまして、関係政府委員よりそれぞれの内容につき説明を聽取の上、愼重なる審議の結果、願意は概ね妥当と認め、これを採択し、議院の会議に付し、内閣に送付いたすべきものと決定いたしました。(拍手)
 但し陳情第八号中、電氣事業の縣有縣営問題については、尚、今後研究の余地あることを附言いたすものであります。尚詳細については文書表並びに速記録によつて御了承を願います。以上御報告申上げます。(拍手)
#15
○議長(松平恒雄君) 別に御発言もなければ、これより採決いたします。これらの請願及び陳情は委員長報告通り採択し、内閣に送付することに賛成の諸君の起立を請います。
   〔総員起立〕
#16
○議長(松平恒雄君) 総員起立と認めます。よつてこれらの請願及び陳情は全会一致を以て採択し、内閣に送付することに決定いたしました。
 これにて本日の議事日程は全部終了いたしました。明日は午前十時より開会いたします。議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。
   午後八時五十七分散会
     ―――――・―――――
○本日の会議に付した事件
 一、砂糖消費税法等の一部を改正する法律案
 一、日程第一の請願
 一、日程第二の請願及び日程第三乃至日程第五の陳情
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト