くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第004回国会 議院運営委員会 第4号
昭和二十三年十二月八日(水曜日)
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○國家公務員の厚生福利施設に関する
 調査承認要求に関する件
○國家公務員の事務運営能率に関する
 調査承認要求に関する件
○労働委員会の調停斡旋仲裁等の不当
 処理等に関する調査承認要求に関す
 る件
○一般労働問題に関する調査承認要求
 に関する件
○東京都内庶民住宅建設状況及び区画
 整理事業を実施調査のための議員派
 遣要求に関する件
○衆議院に対する申入れに関する件
○政府の申入れに関する件
  ―――――――――――――
   午後二時三十三分開会
#2
○理事(梅原眞隆君) これより委員会を開きます。本日は委員長が出席されておりませんので代つて私が司会させて戴きます。
 先ず調査承認要求に関してお諮りいたします。委員部長より説明願います。
#3
○参事(河野義克君) 人事委員会より調査承認要求書が二件提出されておりますので朗読いたします。
  國家公務員の厚生福利施設に関する調査承認要求書
 一、事件の名称 國家公務員の厚生福利施設に関する調査
 一、調査の目的 國家公務員の厚生福利施設の現状を調査し、一般民間企業における從業員の厚生福利施設をも比較檢討の上、國家公務員の厚生福利施設改善に関する根本的対策を調査研究する。
 一、利   益 國家公務員の厚生福利施設改善に関する効果的根本策を樹立し、國家公務員法の完全なる施行に寄與する。
 一、方   法 関係者より説明並びに改善意見を聽取し、資料を要求し、必要に應じ各種の厚生福利施設を実地調査する。
 一、期   間 今期國会開会中
 右本委員会の決議を経て、参議院規則第三十四條第二項により要求する。
  昭和二十三年十二月六日
      人事委員長 中井光次
 参議院議長 松平恒雄殿
  ―――――――――――――
  國家公務員の事務運営能率に関する調査承認要求書
 一、事件の名称 國家公務員の事務運営能率に関する調査
 一、調査の目的 國家公務員の諸事務処理の現状を調査し、民間企業の実情をも比較檢討の上、その能率的運営に関する根本的対策を調査研究する。
 一、利   益 國家公務員の企図する公務員の事務能率向上に寄與する。
 一、方   法 関係者より説明を聽取し、資料を要求し、且つ必要に應じ実地に調査する。
 一、期   間 今期國会開会中
 右本委員会の決議を経て、参議院規則第三十四條第二項により要求する。
  昭和二十三年十二月六日
      人事委員長 中井光次
 参議院議長 松平恒雄殿
  ―――――――――――――
 次に、労働委員会から調査承認要求書が二件提出されておりますので、朗読いたします。
  労働委員会の調停斡旋仲裁等の不当処理等に関する調査承認要求書
 一、事件の名称 労働委員会の調停斡旋仲裁等の不当処理等に関する調査
 一、調査の目的 中央労働委員会及び地方労働委員会の調停斡旋仲裁等の不当処理の有無を調査し、不当処理の事実があるときは、國の最高機関としての國会の立場からこれを指摘し、当該委員会等に対し勧告を行う等必要な処置をなすことを目的とする。
 一、利   益 労働産合法、労働関係令整法その他の関係法令の完全な施行を促し、併せて労働委員会の適法なる民主的運営と能率的処理を図り以て労働委員会の調停斡旋仲裁等の処理を適正に導くことに寄與する。
 一、方   法 労働委員会関係者を証人として喚問し、併せて実地につき調査する。
 一、期   間 今期國会開会中
 右本委員会の決議を経て、参議院規則第三十四條第二項により要求する。
  昭和二十三年十二月六日
      労働委員長 山田節男
 参議院議長 松平恒雄殿
  ―――――――――――――
  一般労働問題に関する調査承認要求書
 一、事件の名称 一般労働問題に関する調査
 一、調査の目的 労働基準の、労働者災害補償保險法の施行状況、職業安定法、失業保險法の施行状況、労働委員会の運営状況、各種労働施設の運営状況、失業対策その他現下の一般労働問題を調査研究する。
 一、利   益 政府及び労働者、雇用者各代表者より一般労働問題に関する説明及び意見を聽取し、並びに各種の労働施設を実地調査して労働法の完全なる施行に寄與する
 一、方   法 関係者から意見を聽取し、且つ必要に應じ労働施設を実地調査する
 一、期   間 今期國会開会中
 右本委員会の決議を経て、参議院規則第三十四條第二項により要求する。
  昭和二十三年十二月六日
      労働委員長 山田節男
 参議院議長 松平恒雄殿
 尚、以上朗読いたしました四件は、いずれも第三回國会において調査をされていたものでありまして、今会期においても、これを引続き調査を行う趣旨の下に提出されたものであります。
#4
○理事(梅原眞隆君) 只今説明のありました四件については、いずれも承認を與えることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○理事(梅原眞隆君) 御異議ないものと認めます。
 次に、議員派遣要求に関してお諮りいたします。委員部長より説明願います。
#6
○参事(河野義克君) 建設委員会から議員派遣要求書が提出されておりますので、朗読いたします。
  議員派遣要求書
 一、派遣の目的 東京都内庶民住宅建設状況及び区画整理事業を実地調査し、今後の審議に資する
 一、派遣議員 石坂豊一、原口忠次郎、仲子隆、島津忠彦、岩崎正三郎、島田千壽、堀末治、水久保甚作、石川一衞、田方進、赤木正雄、安部定、久松定武、兼岩傳一
 一、派遣期間 十二月十一日、一日間
 一、派遣地  東京都内
 一、費  用 概算 一六、八〇〇円
         内訳
         議員派遣旅費(一名一日一、二〇〇円、十四名分)
 右参議院規則第本八十條により要求する。
  昭和二十三年十二月七日
      建設委員長 石坂豊一
 参議院議長 松平恒雄殿
#7
○石坂豊一君 建設委員長として申上げますが、本要求書中の派遣議員のうち、赤木正雄君が誤まつて記載されておりますので御訂正願います。尚本件は、昭和二十四年より東京都への轉入制限が解除されるので、それに対應する庶民住宅建設の状況を調査するわけでありまして、是非御承認をお願いいたします。
#8
○門屋盛一君 会期切迫の折柄、議事の運営に支障のないよう十分御留意願いたいと存じます。
#9
○石坂豊一君 承了いたしました。
#10
○理事(梅原眞隆君) それでは本件については御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○理事(梅原眞隆君) 御異議ないと認めます。
 次に、議長から先日の本委員会の決定に基き、衆議院議長に対して申入れをされましたので、その経過について伺うことにいたします。
#12
○議長(松平恒雄君) 先日の本委員会の決定に基き、事務総長を伴つて松岡衆議院議長に会い、追加予算等について、本院において仮に最後の日に修正があつたような場合でも、衆議院として両院協議会等の処置を取り得る態勢を整えておいて貰いたい、又衆議院先議の議案は、なるべく時日の余裕を残して本院に送付されたい旨の申入れをいたしましたところ、了承した旨の回答がありました。以上御報告申上げて置きます。
#13
○門屋盛一君 予算と限定されたのならば、本委員会の決定と多少相違することになりますが……。
#14
○議長(松平恒雄君) 言葉の表現については確実に記憶しておりませんが、決してさように限定したつもりではございません。
#15
○理事(梅原眞隆君) 本件について他に御発言がなければ、次に、追加予算の審議に関して政府より発言を求められておりますので、これよりお聽取りを願います。
#16
○國務大臣(小澤佐重喜君) 政府は、最初國家公務員法の一部を改正する法律案並びに関係五法案が、國会を通過すれば解散のつもりでおりましたところ、先般関係方面の斡旋により民主党、社会党及び國民協同党の野党三派と政府との間に、予算の審議期間をその提出の日から二週間とし、二週間を経過すれば、野党は政府不信任案を提出し、これが可決された後、政府は衆議院を解散するという協定が成立したのでありますが、この点につきまして正式に参議院に対し御協力をお願いすることを怠つておりましたことは誠に申訳ない次第でありまして、ここに改めて御了承をお願いいたす次第でございます。
#17
○佐々木良作君 この協定は、野党と與党との申合せではないですか。
#18
○國務大臣(小澤佐重喜君) これは政府と衆議院の野党との申合せでありますから、参議院にも別途申入れをすべきものと考えました。
#19
○門屋盛一君 追加予算提出後二週間を経過すれば、追加予算の成立如何に拘わらず解散するということですか。又追加予算に伴う給與法案の提出が遅れたことは、その審議期日が予算の審議期日より遅れてよいということになりますか。又参議評に追加予算等の審議の余裕を與えるよう、政府からも衆議院に働きかけて頂きたい。
#20
○國務大臣(小澤佐重喜君) 第一の御質問の点につきましては、協定の際にも念を押したところでありますが、只今仰せの通り、追加予算の成立、不成立に拘わらず、提出後二週間を経過すれば解散する約束になつております。第二の御質問の点については、給與法案については、実質的には追加予算提出の時以後、これに関連して説明をいたして参りましたので、これも追加予算の審議期日内に審議を終了して頂けるものと考えております。尚政府は、追加予算の成立を切望していることを念のために申上げて置きます。
#21
○中村正雄君 これまでの政府の答弁を顧ると、第三回國会当時は解散を考えていないと当時言明されておりながら、先程の小澤國務大臣の答弁では、國家公務員法の一部を改正する法律案が通れば解散するつもりであつたと言われるなど、その無責任な態度に対して私は甚だ不満でありますが、政府の所見如何。
#22
○國務大臣(小澤佐重喜君) 只今御指摘の点につきましては、その都度の客観状勢によつてさような結果になつてのでありまして、決して無責任な態度を取つているわけではございません。
#23
○門屋盛一君 國民のため、國会という点から考えるならば、やはり追加予算は今期國会で成立させるべきであつて、それを参議院の緊急集会に提出するなどということはよくないと思います。
#24
○中村正雄君 本件については、政府に申入れはこれを聽き置くこととし、尚衆議院先議の議案について、参議院に審議の余裕を與えることについては、政府からも衆議院に対して働きかけて貰うということにしてはどうでしようか。
#25
○理事(梅原眞隆君) それでは本件については、只今の中村君の御発言通り御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#26
○理事(梅原眞隆君) 御異議ないと認めます。
#27
○中村正雄君 追加予算が成立して、新給與の差額が支給されても、所得税の年末調等のため、ベース改訂の効果が少くなると考えられますが、政府は如何なる公務員給與の年末緊急対策を考えておられるかを伺いたい。
#28
○政府委員(佐藤榮作君) 給與の概算拂乃至勤労所得税の年末調整に対する措置等、種々考慮しておりますが、法規の制約を受けるためなかなか困難でございます。
#29
○中村正雄君 仮に追加予算が國会を通過すれば、その後給與が公務員の手に渡るまでに、どのくらいの時日を要しますか。
#30
○政府委員(佐藤榮作君) 仮に十二月十二日に追加予算が通過しても、号俸調整等に相当の時日を要すると考えられますが、遅くとも年末までには支給が可能かと考えられます。但し概算拂いであれば一週間くらいでできるかと存じます。
#31
○中村正雄君 見透しはどうですか。
#32
○政府委員(佐藤榮作君) 何とかしようという点で、各閣僚とも意見は一致しておりますが、まだはつきりしたことは申上げられません。
#33
○理事(梅原眞隆君) 他に御発言がなければ、本日の委員会はこれを以て散会いたします。
   午後三時二十九分散会
 出席者は左の通り。
   理事
           梅津 錦一君
           川村 松助君
           大隈 信幸君
           梅原 眞隆君
           高田  寛君
   委員
           中村 正雄君
           松本治一郎君
           石坂 豊一君
           左藤 義詮君
           城  義臣君
           門屋 盛一君
           岡元 義人君
           河野 正夫君
           佐々木良作君
  ―――――――――――――
   議長      松平 恒雄君
  ―――――――――――――
  國務大臣
   厚 生 大 臣 林  讓治君
   運 輸 大 臣 小澤佐重喜君
  政府委員
   内閣官房長官  佐藤 榮作君
  事務局側
   事 務 総 長 小林 次郎君
   参     事
   (事務次長)  近藤 英明君
   参     事
   (議事部長)  寺光  忠君
   参     事
   (委員部長)  河野 義克君
   参     事
   (警務部長)  青木  茂君
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト