くにさくロゴ
1948/12/11 第4回国会 参議院 参議院会議録情報 第004回国会 議院運営委員会 第6号
姉妹サイト
 
1948/12/11 第4回国会 参議院

参議院会議録情報 第004回国会 議院運営委員会 第6号

#1
第004回国会 議院運営委員会 第6号
昭和二十三年十二月十一日(土曜日)
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○連絡調整事務局の運営状況について
 調査のための議員派遣要求に関する
 件
○行政機構等に関する調査承認要求の
 件
○懲罰権の適用範囲に関する調査承認
 要求の件
○社会保障制度の調査に関する決議案
 に関する件
○一般労働問題に関する調査のための
 議員派遣要求に関する件
○人事院提出の政府職員の対する給與
 改訂に関する勧告書の件
○外務委員会職員の旅費の制限外支出
 に関する件
○未復員者給與法の一部を改正する法
 律案に関する件
○私学振興のための金融機関設立に関
 する決議案に関する件
○國会職員給與規程の一部を改正する
 案
○参議院の閉会中の継続審査等に関す
 る措置に関する件
  ―――――――――――――
   午後一時四十九分開会
#2
○委員長(村上義一君) これより委員会を開きます。
 先ず議員派遣要求に関してお諮りいたします。委員部長から説明いたします。
#3
○参事(河野義克君) 外務委員会から議員派遣要求書が提出されておりますので朗読いたします。
  議員派遣要求書
 一、派遣の目的 連絡調整事務局の運営状況について、一般調査を行い、委員会の審査に資する。
 一、派遣議員 東海、近畿班 徳川頼貞、金子洋文、伊東隆治、岡田宗司、淺井一郎
  中國、四國、九州班 伊達源一郎、野田俊作
 一、派遣期間 十二月十五日より十二月三十一日までの内各七日間
 一、派遣地 東海、近畿班 愛知縣、京都府、大阪府、兵庫縣
  中國、四國、九州班 廣島縣、福岡縣、香川縣、大分縣
 一、費用 概算 五八、〇〇〇円
    内 訳
  議員派遣旅費(一名一日一、二〇〇円、七名七日分)
 右参議院規則第百八十條により要求する
  昭和二十三年十二月十日
      外務委員長 佐藤尚武
 参議院議長 松平恒雄殿
#4
○委員長(村上義一君) 只今説明のありました件について御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(村上義一君) 御異議ないものと認めます。
 次に調査承認要求に関してお諮りいたします。委員部長から説明いたします。
#6
○参事(河野義克君) 内閣委員会及び懲罰委員会から調査承認要求書が提出されておりますので朗読いたします。
  行政機構等に関する調査承認要求書
 一、事件の名称 行政機構等に関する調査
 一、調査の目的 行政機構とその運営状況について一般的調査を行い、本委員会の審議に資する。
 一、利益 行政機構の印新を図るに寄與する。
 一、方法 関係方面よりの意見聽取、資料要求及び実地調査等
 一、期間 今期國会開会中
 右本委員会の決議を経て、参議院規則第三十四條第二項により要求する。
  昭和二十三年十二月十一日
      内閣委員長 河井彌八
 参議院議長 松平恒雄殿
  ―――――――――――――
  懲罰権の適用範囲に関する調査承認要求書
 一、事件の名称 懲罰権の適用範囲に関する調査
 一、調査の目的 懲罰権の適用範囲については、懲罰事犯の内容並びに場所的関係及び懲罰事犯と会期不継続の原則との関係等明確を欠く点が少くない。よつて本委員会としてこれらの点を調査研究し、以つて必要の際に疑義の存しないようにしておくことを目的とす。
 一、利益 今後の本委員会の正しい運営の基準を明かにすることに寄與する。
 一、方法 法規、先例等につき関係者より説明及び意見を聽取し、資料を蒐集する。
 一、期間 今期國会開会中
 右本委員会の決議を経て、参議院規則第三十四條第二項により要求する。
  昭和二十三年十二月十一日
      懲罰委員長 太田敏兄
 参議院議長 松平恒雄殿
  ―――――――――――――
#7
○委員長(村上義一君) 只今説明のありました件についていずれも承認を與えることに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(村上義一君) 御異議ないものと認めます。
 次に社会保障制度の調査に関する決議案の委員会審査省略要求が提出されておりますのでその取扱いについてお諮りいたします。議事部長から説明いたします。
#9
○参事(寺光忠君) 只今議題となりました決議案を朗読いたします。
   社会保障制度の調査に関する決議案
 一、國民の福祉を図ることを目的とする民主主義國家が國民の健康にして文化的な生活を保障することは当然の責務であり、社会保障制度の確立こそその根幹である。戰後、生活保護法、兒童福祉法及び各種保險立法の制定並びに保險衞生諸施策の推進等見るべき努力がなされたが、未だ社会保障制度完成の道は遠く、從つてこれに関する調査の重大にして必要なことはいうまでもない。本院は、右の理由に基き本問題の調査を厚生委員会に付託するものである。
 二、社会保障制度に関する調査は、各國の制度を檢討しつつ日本の乏しい資源財力及び複雜な現行制度等を考慮し、実情に合する社会保障制度を創案し適切な立法を行なつてその運用を強力に推進し、以て國民生活安定の基礎を確立することを目的とする。
 三、議長は、厚生委員会の本調査の費用に充てるために、委員長の請求により、一ケ月二十万円に至るまでの金額を支出することができるものとする。
 四、委員会には、その支出し得る費用の範囲内で調査員、事務補助員等の職員を置くことができる。
 五、本調査は、その不断の継続を確保するために、調査の完了までは、國会の開会中たると閉会中たるとを問わず行うことができるものとし、厚生委員会は、少くとも三ケヶ月に一回議院に対して中間報告書を提出しなければならないものとする。
 右決議する。
 大体以上が本決議案の内容でありますが、先ず本件については常任委員会の調査といういわば内部的な事項を対外的意思表示に通常用いられる決議案の形で出されている点等々にやや疑点が生ずるように考えられますので、むしろ調査承認要求の形で出された方が妥当でないかと考えられますが、この取扱いについてか諮り願いたいと存じます。
#10
○委員外議員(塚本重藏君) 只今の御説明にありましたような疑点が生ずるといたしますれば、私共といたしましては要はこの決議案に盛られている趣旨の仕事ができるような方法なれば必ずしも決議の形式によらずとも他の方法でも結構であります。尚この仕事は差当つては厚生委員会がこれに当りますが將來は特別委員会にまで発展すべきものと考えております。
#11
○中村正雄君 本件については趣旨には誰しも異論はないと思いますが、方法については私は調査承認要求の形を採るべきだと思います。
#12
○門屋盛一君 本件については一應発議者に決議案の撤回を求めることにしては如何ですか。
#13
○委員長(村上義一君) それでは本件につていは只今の門屋君の御発言通り取計らうこととして私から発議者に交渉することにしたいと思いますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(村上義一君) 御異議ないものと認めます。
#15
○委員外議員(塚本重藏君) 御趣旨は承わりましたので他の発議者ともよく相談した上適当な処置を講じたいと存じます。
#16
○委員長(村上義一君) 次に議員派遣要求に関してお諮りいたします。委員部長から説明いたします。
#17
○参事(河野義克君) 勞働委員会から議員派遣要求書が提出されておりますので朗読いたします。
  議員派遣要求書
 一、派遣の目的 一般労働問題に関する調査としては各地の労働官署を視察し、職業安定法並びに失業保險法の運用状況を実地に調査するとともに、労働委員会の調停斡施仲裁等の不当処理等に関する調査として各地の労働委員会を実地調査する。
 一、派遣議員
  (第一班) 山田節男、一松政二、田村文吉
  (第二班) 平野善治郎、早川愼一、原虎一、水橋藤作
  (第三班) 村尾重雄、田口政五郎、門屋盛一
 一、派遣期間
  (第一班) 十二月十五日より一月十五日までの内十四日間
  (第二班) 十二月十五日より一月十五日までの内十二日間
  (第三班) 十二月十五日より一月十五日までの内十四日間
 一、派遣地
  (第一班) 山口縣、大分縣、宮崎縣、鹿兒島縣、長崎縣
  (第二班) 長野縣、新潟縣、富山縣、石川縣、福井縣
  (第三班) 廣島縣、岡山縣、香川縣、愛媛縣、高知縣、
 一、費 用 概算 一五八、四〇〇円
   内 訳
  議院派遣旅費(一名一日 一、二〇〇円、十名一三二日分)
 右参議院規則第百八十條により要求する。
  昭和二十三年十二月十日
      労働委員長 山田節男
 参議院議長 松平恒雄殿
#18
○委員長(村上義一君) 只今説明のありました件について御質疑乃至御意見のある方はお述べ願います。
#19
○佐々木良作君 衆議院の解散を見越して最近議員派遣が多いようですが政局の複雜な折柄かかることは考慮の余地があるのではないでしようか。念のため十二月中旬以降の議員派遣要求の件数等を調べて頂きたい。
#20
○委員長(村上義一君) それでは本件は只今佐々木君の御指摘の点を調査の上更に御審議願うこととして御異議がなければ次に人事委員会から政府職員に対する給與改訂に関する勧告書が送付されましたのでその取扱いについてお諮りいたします。議事部長から説明いたします。
#21
○参事(寺光忠君) 只今問題となりました人事院送付の政府職員に対する給與改訂に関する勧告の法的根拠については、衆議院は國家公務員法第六十七條に基くものと解釈しており、本院事務局としては同法第二十三條に基くものと考えておりますが、人事院としてはこのいずれの解釈でもよいのとの見解を持つているようでありましてかように解釈が一定しておらないのであります。
#22
○門屋盛一君 人事院が自分の出した勧告の法的根拠について、はつきりした見解を持つていないということは甚だ不可解であります。私は同法第六十三條第二項に基くとするのが正しいと思います。
#23
○佐々木良作君 本件は人事院総裁の出席を求めて処理することにしたらよいと思います。
   〔委員長退席、理事梅原眞隆君委員長席に着く〕
#24
○理事(梅原眞隆君) それでは本件については人事院当局の出席を待つて更に審議することとして御異議がなければ次に常任委員会職員の旅費の制限外支出の件についてお諮りいたします。事務次長から説明いたします。
#25
○参事(近藤英明君) 外務委員会の調査員並びに調査主事が先程御決定願いました同委員会の議員派遣の議員に同行するための旅費が割当額では不足いたしますので制限外支出をお諮り願いたいと存じます。尚外務委員会はこれまで出張回数が少いため旅費割当額には余裕があつたのでありますが先般の常任委員会の改廃に伴う旅費の再配分のため額が少くなりこの度の不足を生ずることになつたのであります。
#26
○理事(梅原眞隆君) 只今事務次長から説明のありました件についとは制限外支出を認めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#27
○理事(梅原眞隆君) 御異議ないものと認めます。
#28
○参事(寺光忠君) 先訪の人事院提出の勧告書についてでありますが、只今調べましたところ衆議院はこれを議員に印刷配付しております。
#29
○中村正雄君 本院においても衆議院と同樣勧告書を議員に印刷配付することとしては如何ですか。
#30
○理事(梅原眞隆君) 只今の中村君の御意見に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#31
○理事(梅原眞隆君) 御異議ないものと認めさよう取計らうことにいたします。
 次に近く提出を予想される未復員者給與法の一部を改正する法律案の取扱いについて岡元君から発言を求められておりますのでお聞き取りを願います。
#32
○岡元義人君 未復員者給與法の一部を改正する法律案は近く提出を予想されておりますが、提出の場合は本法案の内容に詳しい在外同胞引揚問題に関する特別委員会にこれを付託されるよう予め御承解を願つて置きたいと存じます。
#33
○中村正雄君 本件については法案が提出された際に改めて審議すべきであると思います。
#34
○理事(梅原眞隆君) それでは御異議がなければ只今の中村君の御意見通り取計らうことなにいたします。
 次に私学振興のための金融機関設立に関する決議案の委員会審査省略要求に関してお諮りいたします。議事部長から説明いたします。
#35
○参事(寺光忠君) 左藤義詮君外十八名提出の私学振興のための金融機関設立に関する決議案について、委員会審査省略要求が提出されておりますのでお諮り願います。
#36
○理事(梅原眞隆君) 只今議事部長から説明のありました件について御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼び者あり〕
#37
○理事(梅原眞隆君) 御異議ないと認めます。
 次に國会職員給與規程の一部を改正する案についてお諮りいたします。事務次長から説明いたします。
#38
○参事(近藤英明君) この度政府の五千三百三十円ベースの給與法案の提出に伴い國会職員給與規程の一部を改正する必要が生じましたので只今御手許に配付いたしましたような改正案を事務局において作成いたしました。
 尚、本案中の級別給料額表については、政府提出の給與法案がその審議過程において修正が加えられる場合は、それに伴つて変動が生ずることがあるかも分りません。その際時間の余裕があれば改めてお諮り願いますが、或いは余裕がないかも存じません。その際はこの点予めお含み置きを願います。
 又本件については、規定上は両院の議院運営委員会の合同審査会の承認を経ることになつておりますが、衆議院もすでに本案と同樣の決定を行なつておりますのでその手続を省略願いたいと存じます。
#39
○理事(梅原眞隆君) それでは本件については只今の事務次長の説明通り原案に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#40
○理事(梅原眞隆君) 御異議ないものと認めます。
 次に参議院の閉会中の継続調査等に関する措置についてお諮りいたします。委員部長から説明いたします。
#41
○参事(河野義克君) 現在各委員会において行なつている調査事件については、衆議院が解散されて参議院が閉会になつた場合そのままではその法的根拠を失うことになり、從つてその調査事件を引続き行うためには打合会等の形式によらねばならないことになります。そういたしますと対外的にも実質的にも調査の効果が少くなる結果となりますので、これを救済するため立法的措置が困難であれば一應便法として参議院規則第五十三條によつて閉会中の継続調査を承認することが考えられますので、この点お諮り願いたいと存じます。
#42
○理事(梅原眞隆君) 只今委員部長から説明のありました件について御意見のある方はお述べ願います。
#43
○佐々木良作君 かような重要な措置は法律の改正によつて行うべきであつて便宜的な方法によることはよくないと思います。
#44
○事務総長(小林次郎君) 事務局を通じて打診しましたところでは、衆議院は解散中に参議院が特別の行動をとることには反対の空氣があり、從つて本件について立法的措置をとることは困難な模樣であります。
#45
○門屋盛一君 立法府がみずから法的措置を捨てて便宜的な方法によることはよくないと思います。これは議院運営委員長が衆議院と交渉して立法的措置をとるよう努力すべきであります。
#46
○中村正雄君 併し現実問題として立法的措置が不可能とあれば便宜的な方法によることも已むを得ないと思います。
#47
○理事(梅原眞隆君) それでは本件については立法的措置を考慮することにいたします。
 次に只今人事院から上野人事官が見えましたので先程の人事院提出の勧告に関する件について、再び審議を進めたいと思います。
 先ず上野人事官に対して今回提出になつた勧告の法的根拠についてお伺いいたします。
#48
○政府委員(上野陽一君) 御質問の点につきましては、遺憾ながら私は法規上の問題は專門でありませんので明確な答弁をいたす資格を欠きますが、一應私としては國家公務員法第二十三條によるものかと考えております。
#49
○門屋盛一君 認証官たる人事官がさような不明確な見解しか持つておられないということは甚だ遺憾であります。私は第六十三條第二項によるものだと考えます。
#50
○中村正雄君 人事官がかかる不明確な態度を取つておられる以上、本件については本委員会において解釈を決定すべきであると思います。私も門屋君と同樣第六十三條第二項によるものと考えます。
#51
○佐々木良作君 本件についてかように解釈が決定していないことは甚だ遺憾であります。本件は人事院総裁の出席を待つて改めて討議することとし、尚、先程來の不明確な点については人事院に対して回答方を嚴重に申入れることとしては如何でしようか。
#52
○理事(梅原眞隆君) それでは本件について只今の佐々木君の御意見通り取計らうことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#53
○理事(梅原眞隆君) 御異議ないものと認めます。
#54
○参事(河野義克君) 先程佐々木委員から御質問のありました十二月中旬以降の議員派遣の内訳は在外同胞引揚問題に関する特別委員会、大藏委員会及び外務委員会の三委員会分の合計は人員二十六名、費用二十八万円、これに労働委員会の分を加えますと合計人員三十六名、費用四十三万八千四百円となります。
#55
○門屋盛一君 やはり労働委員会のみならず政局多端の折柄少し出し過ぎる傾向にあることは考慮すべき事柄でありますが、労働委員会の派遣要求については内容の訂正について委員長から労働委員長に御相談することとして一應決定を留保することとしては如何ですか。
#56
○佐々木良作君 門屋君の御意見に同感です。
#57
○理事(梅原眞隆君) それでは御異議がなければ、本件については只今の門屋君の御意見通り取計らうことにいたします。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#58
○理事(梅原眞隆君) 私の手許にある問題は以上でありますが、何か他に御発言はございませんか。
#59
○佐々木良作君 最近の本委員会の運営状況を見ていると、各委員がそれぞれ兼務の常任委員会の利益代表として出席しているかのごとき観があるのは遺憾でありまして、今後かかることのないよう互に自粛したいと思います。
#60
○矢野酉雄君 私も結論的には同感であります。
#61
○理事(梅原眞隆君) 本件について御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#62
○理事(梅原眞隆君) 御異議ないと認めます。他に御発言がなければ本日の委員会はこれを以て散会いたします。
   午後三時二十二分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     村上 義一君
   理事
           大隈 信幸君
           梅原 眞隆君
           高田  寛君
   委員
           中村 正雄君
           松本治一郎君
           左藤 義詮君
           城  義臣君
           門屋 盛一君
           鈴木 順一君
           岡部  常君
           岡元 義人君
           矢野 酉雄君
           佐々木良作君
           小川 久義君
  委員外議員
   厚生委員長   塚本 重藏君
  ―――――――――――――
   議長      松平 恒雄君
  ―――――――――――――
  政府委員
   人  事  官 上野 陽一君
   人事院事務局法
   制部長     岡部 史郎君
  事務局側
   事 務 総 長 小林 次郎君
   参     事
   (事務次長)  近藤 英明君
   参     事
   (議事部長)  寺光  忠君
   参     事
   (委員部長)  河野 義克君
   参     事
   (警務部長)  青木  茂君
  法制局側
   法 制 局 長 奧野 健一君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト